004 ギリヤーク、2013北海道公演中止 [Jul 9, 2013]

さて、夏になるとギリヤーク尼ヶ崎師匠の北海道公演である。昨年は釧路に遠征したのだけれど、今年の予定はどうしようとファンサイトの告知を待っていたのにお知らせが出てこない。例年、公演が始まる7月に入っても、音沙汰なしのままである。おかしいなとWEB上をいろいろ探していたところ、最新情報を入手することができた。

そのサイトは苫小牧のLIVE HOUSE アミダ様というお店。1977年開店で、ロック、ジャズなど音楽だけでなく、芝居、落語、パフォーマンスなど幅広くライヴを提供しているということである。ここのサイトの2013年6月29日の更新で「ギリヤーク尼ヶ崎公演中止のお知らせ」が掲示されている。内容は以下のとおりである。

—————————————————————-

7月1日に予定しておりました公演は、本人の半月板損傷、椎間板ヘルニアなど諸々の症状の悪化などで中止となりました。完治には一年ほどの入院やリハビリも必要とのことです。

手術、入院への為にカンパ口座を作る準備が進んでおります。万全の治療で完治してもらいましたら、再度苫小牧でも踊ってもらうつもりです。

—————————————————————-

注.アミダ様のマスターだった田中ツルさんは、2016年4月に亡くなられました。合掌。

この夏の終わりには83歳となるギリヤーク。半月板や椎間板はいわば古傷で、こうした故障を抱えたまま活動を続けて来たのであるが、とうとう入院・手術ということになってしまったようだ。必然的に、2013年の北海道公演はキャンセルということになる。

「完治には一年ほどの入院やリハビリも必要」とのことであるが、年齢的にも手術で完治するのはかなり難しいような気がする。これまで同様、だましだましやっていく他はないように思うし、長期間動けなくなった場合に、ただでさえ少ない筋肉が落ちてしまうのではないかと心配だ。

長丁場の北海道公演を休んでゆっくりしていただいて、秋の新宿公演あたりでひょっこり登場してほしいのだが。いずれにせよ、楽しみにしていたのに残念である。


昨年冬、川越公演時のギリヤーク。恒例の北海道公演を楽しみにしていたのですが・・・。

[Jul 9, 2013]