001 パッキャオvsモラレス第一戦 [Mar 19,2005]

スーパーフェザー級12回戦展望(2005/3/19、ラスベガスMGMグランド)
O エリック・モラレス(メキシコ、47勝34KO2敗)2.0倍
マニー・パッキャオ(フィリピン、39勝30KO2敗2分)1.8倍

米国系ブックメーカーでは先週まで両者-115で推移してきたが、ここへきてパッキャオへの投票が集中している模様で、パッキャオがfavoriteとなった。MGMではモラレスのオッズがさらに+110(2.0倍→2.1倍)に上がったとのことである。英国系のブックメーカーは依然モラレスfavoriteで8/11(1.7倍)、パッキャオがeven(2.0倍)である。

実はこの試合を見に行きたくて、1ヵ月くらい前にいろいろ探してみたのだが、ラスベガスで大きなコンベンションがあるとかで、エアーも満席、ホテルもとてつもない値段になっていてあきらめた。ボクシング界ではタイトル(名誉)とマネー(お金)の乖離が進んでいて、何のタイトルもかかっていないこの試合が今年前半最大のビッグファイトである(あと、実現すればガッティvsメイウェザー)。

モラレスは宿敵マルコ・アントニオ・バレラ(メキシコ)に僅差の判定でタイトルを奪われた。キャリアの2敗はいずれもバレラ(通算1勝2敗)であるが、それ以外の相手には接戦すらなくいずれも圧勝している。かたやパッキャオはそのバレラにKO勝ちし、現フェザー級統一王者のファン・マヌエル・マルケスには3度ダウンを与えて引分け、東洋の神秘としていまや日の出の勢いである。

ただし、私の予想は自信を持ってモラレス有利である。理由は2つある。第1は、体格的な問題。モラレスはスーパーバンタム級(122lbs、55.4kg)からスタートして、フェザー(126lbs、57.2kg)、スーパーフェザー(130lbs、59.0kg)と3階級目。長身でリーチも長く、この階級においても体格的に恵まれている。一方、パッキャオはフライ級(112lbs、50.8kg)スタートである。人間いくらでも太ることはできるが、骨格は変えられないのでスポーツ選手として適正体重があるはずだ。だから、ここ30~40年をみても、複数階級を制覇したボクサーはいるが、フライ級スタートはフェザー級まで、フェザー級スタートはライト級まで、ライト級からはミドル級、ウェルター級からはライトヘビー級、ミドル級に至ってはじめてヘビー級まで活躍することが可能となっている。もしパッキャオが勝てば、空前の大記録ということになる。

もう一つは相性の問題である。モラレスはバレラに負け越し、パッキャオはバレラにKO勝ち、だからパッキャオの方が強いと単純に言えないところがボクシングの面白いところである。何しろモラレスはバレラ以外にはすべて圧勝しているのである。バレラと、モラレスがややてこずったチ・インジン、ヘスス・チャベスを並べてみると、モラレスの苦手なタイプはしつこく手数を出すスタミナ型だということが分かる。パッキャオは決してそういうタイプではない。

モラレスはタイプとしては天才型のボクサーなのである。パッキャオは例によって左右ストレートをすごい踏み込みとともに放ってくるだろうが、モラレスの懐の深さと距離を考えるとマルケス以上に当てることは難しそうだ。スタミナにやや難のあるパッキャオは後半にはペースを取られるとみる。

モラレスの死角があるとすれば、「顔が腫れやすい」ので、負傷によるTKOや不利な状況での負傷判定がありうることと、先週鉄板のはずのグリーンが負けている私が賭けていることだろう。有り金勝負と行きたいが、ブラック($100)一枚で。

WBOウェルター級タイトルマッチ(11/14、米ラスベガス)
エリック・モラレス O 判定(3-0) X マニー・パッキャオ

モラレスは前回バレラ戦から4ヵ月、試合が決まってから2ヵ月(当初はマルケスvsパッキャオ再戦の予定だった)と短期間だったことで、コンディション作り(減量)に失敗したようだ。リングインの時に見たら、顔は激ヤセ体は余裕含みで、1Rにはパッキャオの予想外のボディ攻撃を受けてこれが効いてしまった。

自分でも調子が悪いことは分かっていたのだろう。2R以降とにかく負けないボクシングをした。ディフェンスを固めて後ろ足にウェイトを置いて動きながらパッキャオを迎え撃つ。深追いはしない。体が大きく懐の深いモラレスにこれをやられてはパッキャオには厳しい。また前半はポイントを取られてもいいと開き直り、手数を減らしてコンパクトな左ジャブ、右ストレート、左フックを叩き込んだ。パッキャオは攻勢はとるもののモラレスに強打で返され、4回終了後にはすでに口の中を切っていたし、5回には右目の上をカットした。

中盤以降は予想通りモラレスのペース。だが、モラレスも調整に失敗したためか終盤にきて息切れ。パッキャオの反撃にたじたじとなる場面もあった。ポイントは3ジャッジとも115-113の2ポイント差でモラレス。モラレスのコンディションの悪さを考えると「負けない、倒れない」作戦もやむを得なかったが、もう少し打ち合いを見たかった。

モラレスは今回は減量で苦労したようだが、もう1階級上げると今度は体格的なアドバンテージがなくなる。ライト級(Sフェザー級より約2.3kg上)ではWBC王者のホセ・ルイス・カスティージョが最強だが、カスティージョはウェルター級(ライト級より2階級、約4.5kg上)でノンタイトル戦をやっているくらいで体が違う。モラレスとしてはきつくても現階級で戦うのがベストだと思う。

パッキャオはモラレスより肩一つ分小さく、やはり体格的にこの階級では厳しいことが分かった。今回はたまたまボディが効いたが、得意の左ストレートはほとんどダメージを与えることはできなかった(あの腫れやすいモラレスの顔が腫れてなかった)。バレラは彼と同様にフェザー級の体格だからいい勝負になるだろうが、ナチュラルなこの階級の強豪、例えばホエル・カサマヨルなどと対戦した場合、限界があるのではないか。

最後にスポーツブックの結果。evenではいくらなんでもつけ過ぎ。先週やられた分を利息をつけて取り戻した。一応カシノとスポーツブックのサイトと名乗っているからには、たまにはきっちり当てないとね(唄)。