007 パッキャオvsモラレス Ⅲ [Nov 18, 2006]

スーパーフェザー級12回戦展望(2006/11/18、ラスベガス トーマス&マック・センター)
O マニー・パッキャオ(フィリピン、42勝33KO3敗2引分け) -275(1.35倍)
エリック・モラレス(メキシコ、48勝34KO4敗) +215(3.15倍)

今年のボクシング界で最後のビッグマッチ。一応、WBCインターナショナルのスーパーフェザー級タイトルが懸かっているが、両者にとってタイトルが懸かっているかどうかよりも、1勝1敗を受けた決着戦ということにこそ意味がある。なにしる、モラレスはWBC・WBOスーパーバンタム、WBCフェザー、WBC・IBFスーパーフェザーの5メジャータイトル、パッキャオはWBCフライ、IBF・WBOスーパーバンタムの3メジャータイトルを制覇したビッグネームであり、タイトルなどなくても十分に集客できるボクサーだからである。

しかし、ここ最近の勢いは大分違う。モラレスがフェザー級超で試合をしている2003年10月以降の試合は4勝1KO3敗で、世界クラスの相手だったことをさし引いても平凡な成績と言わざるを得ない。一方のパッキャオはフェザー級超では3勝2KO1敗。KOできなかったオスカー・ラリオスからも2度のダウンを奪っているので、モラレスよりも実績の点では上だ。

展開としては、第二戦と同様にパッキャオが思い切った左ストレートでモラレスを追い回すことになるだろう。いまのモラレスでは、まともに打ち合っては馬力負けする可能性が大きく、もともとアウトボクシングもできるので足を使ってヒット・アンド・アウェイ策をとるのではないか。そうなった場合でも、試合が長引けばパッキャオが捕まえることになりそうで、モラレスとしては、序盤でうまくカウンターを決めてパッキャオの追い足を止めたいところだ。

オッズもこうした見方を裏付けていて、パッキャオがかなり優勢と出ている。私の予想もパッキャオの判定勝ちで、モラレスは引退に追い込まれることになりそうだ。さて、予想通りパッキャオが勝ったとして、次の試合が難しい。WBAのエドウィン・バレロは米国で試合ができない(脳出血の所見があるため)。WBCのバレラはパッキャオとはやらないだろう。すると、フェザーから上げてくるはずのファン・マヌエル・マルケスとの決着戦になるのだろうか。

前から書いているがもともとこの二人とも下のクラスの選手であり、数年前のスーパーフェザー級で同時期にチャンピオンだったメイウェザー(WBC)、カサマヨル(WBA)、コラレス(IBF)、フレイタス(WBO)達と戦ったらおそらく体力負けしたのではないかと思う。しかし、現時点ではそうしたハイクラスの選手はこの階級にはいないのが残念である。

 

スーパーフェザー級12回戦(11/18、ラスベガス)
マニー・パッキャオ O KO3R X エリック・モラレス

現在の調子がそのまま出た試合で、パッキャオがモラレスをKOした。1Rは様子見で2Rから早速打ち合いとなったが、モラレスのパンチがパッキャオを捕らえてもパッキャオは委細構わず前に出て、結局左ストレートから連打をまとめて2R1度、2Rに2度、計3度のダウンを奪ってモラレスがギブアップした。

勝敗は全く予想通りだったが、3Rというのは全く予想外で、モラレスがパッキャオの望む短期決戦に応じたのは打ち合いに自信があったからではなく、逆に体調に不安があり長期戦になった場合スタミナ切れの不安があったからだと思う。

というのは、まだ序盤の1R2Rなのに、パッキャオのボディ打ちに過敏に反応し、ガードが下がったところを右のショートフック、左ストレートを被弾していたからだ。全盛期のモラレスならば少々ボディを打たれたとしても、その間に空いている敵の顔面にハードパンチを入れていたはずで、それができなかったというのはすでに往年のモラレスではなかったということであろう。

どうもモラレスの普段のウェイトはスーパーフェザー級リミット(130ポンド)より20ポンド近く重いらしく、パッキャオもそれに合わせて計量後140ポンドに上げて試合に臨んだらしい。

いまや「OK牧場」のお笑いタレントとなってしまったガッツ石松が、現役当時約30ポンド(15kg)減量してふらふらになって試合をしていたことがあったが、そんな状態ではボディが効くのは当たり前である。プロモーターのボブ・アラムもモラレスに引退勧告したようだし、約10年にわたったモラレスのトップボクサーとしてのキャリアもこれで終止符を打つことになる。

一方のパッキャオ、「次はマルコ・アントニオ・バレラ」と言っていたが、バレラはおそらくやらないだろう。ラスベガスでメインを張れる唯一の東洋人ボクサーであり来年もビッグファイトを期待したいのだが、このクラスに面白い相手はあとバレラとファン・マヌエル・マルケスくらいしかいない。クラスを上げるとも言っていたが、カサマヨルはともかくファン・ディアスとやったら体の違いで圧倒されるので、やめた方がいいと思う。