001 せいうち日記 [Jun 23, 2005]

今年の1月から、スポーツクラブに週2回ペースで通っている。

そもそもの発端は、カシノ絡みである。テニアンのカシノでぼろぼろに負けて、このままでは滞在期間が終わるまで資金が持ちそうにない、という状況になってしまった。日に焼ける性質でビーチなんてとんでもないし、プールも日が陰ってからでないと無理。島内ドライブはもう行ってしまったということで、仕方なくトレーニングジムに行ったのである。

テニアンのジムには、エアロバイクやトレッドミル、ひととおりのエクササイズマシンが揃っており、宿泊客は当然タダである。まずバイクにまたがり、こぎ始めて鏡をふと見ると、そこにいたのは「あしか」か「せいうち」なのであった。男が鏡を見るのなんてせいぜい洗面所だから、全身なんてあまり映したことはない。だから、自分を見て驚いた訳である。

これはいかんと思い、帰国してから早速近場のジムに通い始めた。東京方面に一駅行くと、清掃組合の温水プールがある。ここは会社帰りに行けるので、ウィークデイに1度、早帰りして水中ウォーキングをすることにした。

成田方面に一駅行くと、となり村の村営トレーニングセンターがある。村営といってもバカにしてはいけない。この村には医科大学と体育大学があるので、医者も(ときどき)インストラクターも(いつも)いる、本格的な施設なのである。ここには、土・日のうち1日行くことにした。インストラクターに組んでもらったサーキットトレーニングを一通りやると約2時間、それからシャワーを浴びて3種類のジャグジーを各10分で約35分、おしまいにリラックスルームでマッサージ椅子で身体をほぐすこと30分、合わせて3時間強のメニューをこなすのである。

この間の徹夜明けのような厳しい状況でも、このトレーニングにはいつものように行った。その結果、1月からの約半年で、節酒もダイエットもせずに、5kgの減量に成功したのである。また、生活習慣病の方にはおなじみの数値ヘモグロビンA1cも、8点台から6点台に劇的に改善している(薬を飲んでの数値ではあるが)。

今回のトレーニングは減量よりも体調と体の緩みをリカバリーするのが目的だから、極力食事制限はしないで続けるつもりである。できれば、秋のケアンズ(エコノミーで8時間)までにあと3kg、年末までにあと5kg削って、「せいうち」から脱却したいものである。

[Jun 23, 2005]