006 ワルーエフとタイソン、どっちが強い? [Oct 7,2006]

WBA世界ヘビー級タイトルマッチ(2006/10/7、イリノイ州ローズモント)
ニコライ・ワルーエフ O KO11R X モンテ・バレット

210cm150kgの大巨人ワルーエフが、善戦健闘したバレットを押し切って11Rでストップした。とはいえ、ワルーエフの欠点であるナックルで正確にパンチを決められないという癖は克服できた訳ではなく、適確に強打を決めていたのはむしろバレットの方だった。もっともあの巨体でナイスショットしてしまえば、相手が誰であれ11回まで立っていられないのではあるが。

じりじりと前進してワンツー主体に攻めるワルーエフに対し、バレットはいきなりの左右フックをスイング気味に振るう。中にはみごとに決まったパンチもあったのだが、脂肪の厚いワルーエフは全くひるまない。ラウンドが進むごとに、芯ではないにせよ食らっているパンチのダメージと、自らの大振りによる疲れで、バレットは肩で息をするようになる。最後は、倒れたいのだがいいのを決めてもらえないという感じで立ち上がっているうちに、セコンドがリング内に入ってレフェリーストップとなった。

ワルーエフの強みは、あの巨体にもかかわらず12ラウンド戦うことのできるスタミナである。以前にも150kgクラスのヘビー級ボクサーはいたが、自らの体を支えるだけでスタミナを食いつぶしてしまい、世界ランク上位に進む例はほとんどなかった。ワルーエフは過去に何度もフルラウンド戦っているし、この日の後半戦も動きは鈍っていなかった。

現在、世界の主要4団体のヘビー級チャンピオンはWBAワルーエフ、WBCマスカエフ、IBFクリチコ弟、WBOリャコビッチとすべて旧ソ連圏のボクサーであるが、この中でもワルーエフはクリチコ弟と双璧といえそうだ。また、私が試合を見た中でオールタイムベストボクサーを選ぶとすれば、ヘビー級では80年代のマイク・タイソンなのだが(90年2月に東京ドームでダグラスに負けた)、さて、その最盛期のタイソンでいまのワルーエフを倒せるだろうか?

2000年に195cmのルー・サバリースの頭頂部にタイソンのフックがかすっただけで倒れたことがあり、位置的にはワルーエフだとちょうどアゴの先端になるだろうから、タイソンならやりそうな気がするが、そう思いたくなるほど、タイソンというのは本当に不世出のボクサーだったということだろう。

p.s.この日のWOWOWの勝者当て懸賞で、正解者のうち10名の中に私の名前があった。WOWOWの画面に自分の名前が出るのは、うれしいけれどなんだか妙な気分である。