008 参りました~せいうち日記8 [Dec 4, 2006]

不定期連載のせいうち日記もこれが8回目。実は9月に最後に書いた後ちょっとばたばたしていて、トレーニングに定期的に行けない期間が続いていた。ウェイトが増えているのは間違いないので体重計に乗る勇気もなく、幸い夜はぐっすり眠れるので(この連載に詳しくない方に念のため説明しますと、糖尿病になると夜1時間おきにトイレに起きるのでいくら寝ても寝不足になります)まあ体調は悪くないのだろうと、あまりウェイトコントロールには気を使わない日々が続いていたのである。

ところが、もう1年以上前に固く健闘を誓い合ったライバルであるA嬢から挑戦的なメッセージが届いた。なんと、今年に入ってから○○kg(個人情報に触れますので明記しませんが2桁です)のウェイトコントロールに成功したというのである。おまけに、「最近せいうち日記を見ていませんが、どうなりましたか?」などと痛いところを突いてくる。あんまりくやしいので、昨日の午後はスポーツジムに行った。

他のところにも書いたのだが、私のダイエット最高記録は2回あって、それぞれ20kgの減量に成功している。ともに、転職のとき健康診断で引っかからないように、必死にやせたのだ。そしてそのつど、リバウンドしている。そして約2年前、ついに一念発起してせいうち脱却をめざしたわけである。帰り際に、キーに記録してある今年の記録をみたら、昨日が今年23回目だった。ちょうど月2回のペースである。そして、同じくらいの数プールにも行っている。

それなのに、スポーツジムには入ったけれど1回も行っていないというA嬢と、なぜこんなに差がつくのだろう(私だって、夜中に食べたりはしていない)。それは、基礎代謝の差というものである。基礎代謝、つまり何もしなくても息をしているだけで消費するエネルギーのことであるが、私もA嬢くらいの年代には20kg減らしたけれど、あの頃はちょっと食事を控えることによる効果がすごく大きかった。若い時はほんとに、エネルギーをたくさん消費して生きているのである。ところが年をとってしまうと、それほどエネルギーを使わなくても生きていけるように、体が変わってきてしまうのだ。

だから年をとってからのウェイトコンロールは大変なんだぞ、と負け惜しみを言うだけ言わせていただいて、それでも○○kgのダイエットに敬意を表してA嬢には「参りました」と申し上げなくてはなりません。でも、A嬢からのメッセージに刺激されて何ヶ月かぶりで体重計に乗ったら、増えていたのは3kg、2年前と比べると5kgは落ちている。ひとまず参りましたと言ってはみたものの、1月には人間ドックもあることだし、ちっとがんばってみっかなあ、と思ってしまう私でありました。

[Dec 4, 2006]