016 年末に人間ドック~せいうち日記16 [Dec 21, 2007]

12月19日は人間ドックの日である。前にも書いたように、前回の人間ドックで高血圧を指摘されたため、今回の目標はとにかく血圧をもとに戻すことである。

社会人になってすぐのこと、当時体重が毎年10km単位で増えていた私は、企業検診で来ていた医者に「このままだと(減量しないと)、10年以内に間違いなく高血圧になりますよ」と言われたのであった。それから30年近くが経過し、糖尿病、高脂血症にはなったものの、血圧だけはまともなのがひそかな自慢だったのである。

ところが、前回の測定では160-100という軽度高血圧の水準になってしまった。その後、医者やスポーツジムでいくら測ってもこの数字にはならない。血圧は一定ではないので、何か特別なことがあってたまたま上がってしまった可能性が大きい。

だから、今回の人間ドックに向けて、血圧を高くする要因はすべて避けることを心がけた。これまで1月にやっていたものを12月に繰り上げて年末年始の飲みの影響を回避し、ダイエットもほとんど行わずにストレスをためないようにし、ドック前日の会社帰りにはプールに行って最終調整を行った。もちろん、睡眠時間は十分である。

午前9時にニューオータニにある人間ドックに入り、採血や胸部X線、腹部エコーなどの検査を経て、いよいよ血圧である。お医者さんに測られるとそれだけで影響があるのだが、幸いに昨年から自動測定器である。これなら、スポーツジムと同じ数字が出るはずだ。

右手を差込み、深呼吸していよいよ空気が注入される。目を閉じて、清流の流れる森を思い浮かべる。血圧低下のイメージトレーニングである。空気が抜けて、出てきた数字は107-70

やった。何か低すぎるような気がしないでもないが、ともかく血圧はクリアである。ここ何ヵ月、このことだけが気がかりだったので素直にうれしい。あとの結果が出てくるのは年明けになるので、GOTやGPT、コレステロールや中性脂肪がどうなっていようと、これで年末年始は心おきなく飲めることになった。

そんなわけで、もしかして年明けにはますますせいうちになってしまう可能性があるけれど、たまにはこういう小さいことでも喜ばないと、喜ぶことがなくなってしまう。こうやって1年1年やりすごすうちに、持ち時間を使い切って秒読みに入るのだろうと思う今日この頃である。

スポーツクラブとプールには真面目に通っているのだが、また体重が増えてきた。今年に入って+5kgだから、これはかなり良くない展開である。

[Dec 21, 2007]