017 中近両用メガネ~せいうち日記17 [Jan 28, 2008]

年末に受けた人間ドックの結果が先週送られてきた。

開くと最初に総合評価があり、いきなり「かなり太りすぎです。減量しましょう」「メタボリックシンドロームです」「糖尿病です」「肝機能に異常を認めます」などなど気の滅入るような指摘が続く。なんだ、良かったのは血圧だけで、あとは良くなっていないのかなあ、と検査数値のページを開く。

すると、ヘモグロビンA1c 6.1、GOT 20、GPT 19、γ-GTP 104、コレステロール 247、中性脂肪 159、なんだ全然悪くない、というより去年より良くなっている

健康診断というのは良くなったことを何にも書かないで、異常値が出ているものを指摘しているだけなんだから、気楽な商売だなあと思う。毎年受けてるんだから、例えば過去と比べてどうだとか、数値の変化はいいことなのか体調によってありがちなことなのかとか、そういうことを教えてほしいものである。まあ、結局自分で考える方がいいに決まっている。自分のことなんだから。

さて、健康診断に含まれていないことで最近困っているのは、目である。これまで遠近両用メガネをかけていたのだが、だんだん合わなくなってきた。もう作ってから5年近く経つので、まあ仕方ないだろうと思って眼鏡屋に行った。

さっそく奥に通されて検査である。最近は赤と緑のどちらがよく見えるかとか、何本かの線のうちどれが濃く見えるかというやり方なので、測定器の傾向が判断できない。「右」とか「上」とかで調べるなら、わざと「分かりません」と答えて強めの度にしてもらうのだが。

「右目が合っていないようで、見えづらいんですよね」
「うーん、度は変わってないですよ。遠くと近くと、どちらが見えづらいですか?」
「近くが見えづらいです」
「おそらく、目が“遠”と“近”の切り替えに時間がかかって、うまく調節できてないんでしょう。これも目の老化で、ある程度仕方ないですね。最近は、こういうのもありますよ」

と言って出してきたのが「中近両用メガネ」である。

「通勤や運転をする時は近視用のメガネをかけて、室内では中近両用をかけるようにすれば、目に負担はかからないし、コンピュータやテレビを見るならこの方が見えやすいですよ」

で、試しにそのレンズをかけてみたら、なるほど中距離、50cmから3mの範囲はよく見える。それで作ってしまったのだが、よく考えるとみごとにセールスの罠にはまってしまっている。結局、メガネを一つ増やすことになってしまった。

そして、確かに“中”と“近”を切り替えるときには疲れないのだが、ここで“遠”のメガネにかけかえるとやっぱり右目のピントが合わない。買ってしまった以上、目をメガネに合わせなければならないなあと思っている今日この頃である。

[Jan 28, 2008]