009 高血圧?~せいうち日記9 [Jan 11, 2007]

さる1月5日は年に一度の人間ドックである。なんでこんな新年早々に設定するかというと、この日は健診センターもすいていることに加え、年末年始の深酒に対する心理的な抑制効果を期待するためである。そして、ほとんど受診者がいなくて短時間で終ったのは予想通りだったのだが、肝心の健診の方で引っかかってしまった。

この正月は、我中忘年会でGさんからいただいた「森以蔵」をはじめ、長男が勤め先からいただいてきた泡盛古酒、それにふぐのひれ酒、ワイン、シャンパンなどを飲みまくって、12月に検査した時より2~3kgはウェイトオーバーであった。加えてたまったNFLの録画を見ることが多くて運動不足。それでも体調は悪くなかったので少し油断していたことは確かである。

自動血圧測定器で測ると、上が148、下が98。普段はだいたい130-80、昨年の人間ドックは118-68だからだいぶ違う。「ちょっと高いですね。後で内科検診があるので、もう一度測ってみてください。」と看護婦さんに言われる。しばらく他の項目を検査してから内科検診になり、お医者さんが測ると、なんと155-102くらいに上がっている。

「あー、これはそろそろ本格的に減量しないといけないですね。糖尿もありますしね。」と言われてしまう。ちょっとショックである。肥満、糖尿、高脂血症と生活習慣病の三色を揃えているのだが、血圧だけは正常なのがひそかな自慢だったのだ(このレベルにとどまっていれば、2000点スタートの25-50くらいのもので、そんなに急には命にかかわらないはず・・だが)。

20代で急激に太った時(3年余りで30~40kg)、やはり会社の健診で「このままいくと10年かからないで高血圧になりますよ」と言われたのだが、それ以来20年たったがなんともない。高血圧から動脈硬化になると、首のあたりの動脈がX線でみて分かるほど太くなるらしい(?)のだが、そういうことも今のところない。

ところが、この数値である。血圧は変動幅が大きいので、たまたまこういう結果になることもあるらしいのだが、何にせよ再び節制しなくてはならないようである。ふつう高血圧には自覚症状がないのだが、そういえばこのところいらいらすることが多い。高血圧だからいらいらするのか、いらいらするから高血圧になるのかは微妙なところだが、仕事はなかなか前に進まないし、最近通勤経路で「女性専用車」などというものを始めたので、毎朝しゃくにさわって仕方がないのである。

早速、次の日にはスポーツクラブへ行って、今年のトレーニング始めをしてきたのでありました。

[Jan 11, 2007]