021 リポビタン~せいうち日記21 [Aug 21, 2008]

今日は愚痴である。お聞き苦しいとは思うけれど、お付き合いいただければありがたいです。

4月に勤め先の組織改革があった。不景気の折柄やむを得ない部分が半分あるのだが、少なくとも半分は業務をよく知らないトップ連中の思いつきによって組織をいじくった結果、仕事とマンパワーとの間にかなりの不一致が出てしまったのである。

要するに、人はいるのに仕事がない部署と、仕事はいっぱいあるのに人がいない部署が、同じ会社の中に出てきてしまったのである。ちなみに、私の働いているところはそんなに大きなところではない。全社員の顔が覚えられる程度の規模である。

私の部署は後者である。人は減らされたのに、仕事は倍近くなった。最初は、「まあいいや。出張のついでにいろいろ回れば、ブログのネタにもなるし」と思っていたのだけれど、3ヵ月たち4ヵ月たつうちに事態はそう簡単ではないことに気がついた。体がついてこない!

平均すると月に2回くらい、泊まりがけの出張がある。その他にも、外に出なければならないことが多くなった。会社にいる時間は減ったが、仕事は増えているのでその分密度が濃くなる。3月まではそんなにハードではなかったので、仕事帰りや週末にポーカーに使うHPやMP(ドラクエじゃないんだから・・・)を残しておけたのに、最近は、早く帰って体力の回復に努めなければ体がもたなくなってしまった。

そして、せいうち脱却のために始めたスポーツジムとプールも、こなさなければならない。これは、仕事のストレスを解消するのにかなり役立つので、ちょっと無理をしても行ってしまう。そんなことを続けていたら、先週はとうとう心身の限界近くまで来たようである。

「なんか、ぼーっとした顔してるね。」と奥さんに言われてしまったように、なにごとにも反応が遅れるようになってしまった。暑くてよく眠れないので、夏バテが加わったということもある。「栄養ドリンクでも買ってこようか?」

ドリンクといえば昔、朝早くから夜遅くまで働いていた頃に、「リポビタンゴールド」というのを箱で買ってよく飲んでいたことを思い出した。それで、木曜日プールに行った帰りに、マツモトキヨシに寄ってみる。リポビタンゴールドは売り切れていてなかったので、リポビタンスーパーというのを買ってみる。タウリン2000mg、1箱1890円であった。

ドリンク剤を買ったのは、何年かぶりのことである。それを金曜日の朝飲んでみたところ、予想以上によく効いて、残業含めてなんとか好調な1日を過ごすことができた。そして今週は、お盆前に最後になるはずの2泊3日の出張である。ここをなんとか乗り切れば、一息つくことができる。

いま、どのくらい余裕がないかというと、次の遠征の計画すら立てられないくらいである。せめて、計画だけでも立てられるようになりたいなあと思っているところである。

 

この日記が掲載される頃、予定どおりならば九州にいるはずである。

前回の日記で書いたようにハードな日々が続いており、本当であれば先々週の出張で一区切りつくはずであった。しかし結局予定どおり行かずにもう一度出張ということになり、それが今日になった。

つまりハードな日々が1週間後ろにずれこんだということで、とうとう先週後半にはブログの更新すらできない状態になった。もちろん、リポビタンは飲み続けである。BBSTARさんにご指摘いただいたとおり、ドリンク剤は一時的な効果にすぎず、最後には心身の限界が来てしまう。そうなる前に、なんとかしなければならない。

限界といえば、ここ1~2週間というもの、集中力がぷっつり切れてしまう状態である。もともと人の名前をなかなか覚えられないのだが、「あの人だれだっけ?」と名前が出てこない。忘れ物はしょっちゅうする。立ち上がった瞬間なにをするつもりだったか忘れてしまう

やっぱり年なんだという思いがある半面、冗談じゃない体調さえ戻ればこんなもんじゃないんだという気合もある。だんだん効き目は弱くなりつつあるが、リポビタンを飲めばまだまだ大丈夫。

幸い、嵐のような仕事もようやく暴風域を抜けつつあるように思える(単に、相手先がお盆休みに入っただけかもしれない)。あとは、いつものように睡眠時間を十分にとり、土・日はゆっくり休養し、プールやトレーニングセンターで体調を整えて、いつものペースに早く戻すことである。

忙しすぎて休みの予定を立てないから余計疲れてしまうのではないかと思って、予定を立てた。今週末は上野ストラドル杯、来週は岡山BBBから大阪ポーカーオフ、さ来週は家族で温泉である。これで快方に向かうのか、それともさらにドツボにはまるのかはやってみなければ分からない。

8月17日日曜日

目が覚めたのは午前6時。前の晩ストラドル杯であっさり負けて早く帰ってきたため、睡眠時間は約7時間。あまり疲れが残っていないのは、だんだんと体力が回復してきているからであろう。

このシリーズを書き始めた7月末は最悪の体調であった。なんとかリポビタンで元気を出すようにしていたものの、精神的にも肉体的にも限界に近づいていたようだ。

そして先週はお盆前最後の出張。行く前からずっと胃と腸が痛くて仕方なかった。あまりに痛むのと、移動時間が長いのが気になって、食事はおにぎり1個ですましたくらい。出張というと土地のお酒やおいしいものを食べてしまい、毎回出張旅費では足が出るはずの私がである。この出張が終わって、ようやく先が見えた。

この日は朝早くからテンションが高く、朝食をはさんで前日やられたポーカーのブログを書く。8時半には女子マラソンがスタート。しばらく見るが、途中から期待できない展開になりテレビを消す。また1時間ほどブログを書く。11時前から女子レスリングである。伊調妹と浜口娘が勝ち進む。お昼を食べながら観戦。準決勝で伊調はなんとか勝つが浜口はフォール負け。チャンスはあったのだが逆関節の反則をとられたのが痛かった。

準決勝が終わると1時。ちょうど雨も小降りになったので、久しぶりに奥さんと散歩に出る。トレーニングでエアロバイクやグライデックスを使うのもいいけれど、実際に距離を歩くと体を動かしているという実感がある。連日30度を超えていたのにこの日は27度くらいまでしか気温が上がらず、まずまずのお散歩日和である。

傘をさしながら約1時間歩いたら、右腕が張ってしまった。お散歩の後は、車で近くのスーパーまでお買い物。給料日前なので、経費節減のため夕飯はチキンカレーである。帰って野菜と鶏肉を刻んで、カレーを作り終えたらちょうど4時。ここまでハイペースで来たので、ひどく眠くなってしまう。1時間ほどお昼寝をする。

起きると5時過ぎ。ちょうどレスリングの決勝戦が始まる。カレーライスを食べながら応援。エアコンがいらないほど涼しい。このまま秋になってくれればいいのにと思う。

[Aug 21, 2008]