026 今年は寒い?~せいうち日記26 [Dec 4, 2008]

なんだか今年は、いつもの年より寒いように感じる。今週から12月だから普通はこれから冬になるはずなのに、11月からすでに冬服・コートつきである。なぜこんなに寒いのか、原因を考えてみた。

① 本当に寒い?
11月はたいそう寒いように感じたが、調べてみると東京の月間平均気温は13.1度で平年と比べて+0.1度。普段の年と変わらなかった。

② 皮下脂肪が落ちている
9月から始めたバナナダイエットが、もう2ヵ月以上続いている。その効果で、皮下脂肪が落ちており、そのため寒く感じるのではないかと考えたが、体重的には3kg落ちた後は1ヵ月以上横ばいだし、体脂肪率もほとんど変化なし。

ということは、筋肉は落ちても皮下脂肪は落ちていないという結論に達する。そういえば、マカオで足を傷めた影響で、先月はトレーニングジムへ行っていない。だから筋肉だけが落ちてしまったのかもしれない。

いずれにせよ、寒く感じる理由にはならないようだ。

③ 服がすり切れている
もう何年も服を新調していないせいで、服がすりきれてしまい防寒の役割を果たしていないのではないか、と思って服をチェックしてみた。見たところ、特にすりへったり薄くなったりはしていないようだ。

若い頃は服がすぐに傷んで買い換えていたものだが、このところそういうことが少ないのはうれしいことである。そういえば、今の家に越してから服が傷まなくなったから、通勤ラッシュのない現在の環境が服にとっていいのかもしれない。

そんな訳で、寒く感じる理由は特に思い当たらない。やっぱり年のせいなのかなあとあきらめていたら、気象庁のホームページにこんなことが書いてあった。

2008年(平成20年)11月の天候の特徴は以下のとおりです。
「寒暖の変動が大きい」

全国的に寒暖の変動が大きく、特に中旬は、中頃にかけて暖かな高気圧に覆われたことや気圧の谷に向かう暖気の影響で、気温が平年を大きく上回ったが、気圧の谷が通過した後は、強い寒気が南下し、大きく気温が下がった。

なーんだ。暖かかったり急に冷えたりしたから寒く感じたんだ、とようやく納得したのでした。そのせいか今年は、身の周りの紅葉がけっこう鮮やかに色づいているように思います。


わが家のもみじが、今年は結構きれいに紅葉しました。

[Dec 4, 2008]