030 最近の薬の威力~せいうち日記30 [Jul 27, 2009]

先々週からくずしていた体調もなんとか回復して、土曜日は朝から家の掃除をしてプールへ。日常生活のペースに戻すのはちょっと苦労するが、歳も歳なのでじっくり行くのがよかろうと思っている。

さて、本来気をつけなければいけないのはむしろ生活習慣病の方なのであるが、海の日3連休を自宅待機したせいもあって血圧が上がり気味で、またもや医者からちくちく言われてしまう。ところが、返ってきた先月の検査数値はというと、かなり劇的に改善しているのである。

ちなみに最近の食生活はというと、朝は昨年来のバナナダイエットと、栄養補給の観点からコーンフレークを少々。昼は奥さん手作りのお弁当またはサンドイッチ、夕食だけが普通の食事というパターン。外飲みはほとんどなく、2、3日に1回発泡酒を1缶くらいと、ごくたまに奥さんと二人でワインを1本。若い頃の1日の量を1ヵ月かけて飲んでいるようなものである。

それでも、体重はほとんど減らない。2、3年前から、ほとんど横ばいのままである。だから人間ドックでも毎月の医者でも、やせろやせろと言われる。最近は、これも診療報酬のうちなんだろうと思っておとなしく聞いているのだけれど、さすが医者だけあって、数ヵ月前から処方されているリピトールという薬は、なかなかの威力である。

今回の検査数値はというと、総コレステロールが157(2年前255)、LDL(悪玉)コレステロールが92(同182)、中性脂肪が136(同351)といずれも正常範囲内。正直なところ、体調が目に見えてよくなったということはないが、血管の壁に堆積する余計な栄養分が減っているというのは、血のめぐりがよくなったようでちょっとうれしい。

問題はお値段で、糖尿病の薬と合わせると月に3千円以上かかる。保険なしでの原価は1万円ということになるから、こんなちっとの薬がねえ、としみじみ見てしまう。医者と薬局で合わせて月6千円。いまだから何とかなるが、年金生活者となった暁には相当きびしいことになりそうだ。

1日分を2日で飲んで節約するか、それとも外国へ行って安く仕入れてくることができればそうするのか、なまじっか効く薬なのでいろいろ悩ましい。ちなみに、調べたところこのリピトールというお薬、2003年の世界売上ナンバーワンなのだそうである。

[Jul 27, 2009]