054 16年振りの体重~せいうち日記54 [Jan 28, 2012]

1月も終わりに近づいたが、正月休みも満足にとれず、その後も週末出張が続いている。幸い、巷で大流行しているインフルエンザにはお近づきにならないですんでいるが、体調の管理には気を付けなければならない時期である。

さて体調といえば、昨年終わりに受けた人間ドックの結果がようやく送られてきた。このところの節制が効を奏して、体重は一昨年より10kg減。ピーク時と比較すると13kgぐらい絞れている。人間ドックの結果は35歳の時からずっと保存してあるが、この体重は38歳の時以来、かれこれ16年振りのものであった。

併せて、空腹時血糖が102、ヘモグロビンA1cが5.6、総コレステロールが155、中性脂肪が107と糖尿・肝機能関連数値もほとんど正常値になった。16年前の数値と比べてもほとんど変わらない。ということは、体自体はそれほど老化していないということで、ちょっとうれしい。

それにしても、10kg減ということは、普段買っている米袋(5kg)2袋分ということだから、大層な重さである。いま両手に米袋持って行動しろと言われたら難儀するから、相当太りすぎていたということ。ウェストも少なくとも5cmほどはゆるくなったし、靴もぶかぶかだ。去年買った5Lのワイシャツは、まだ4、5回しか袖を通していないけれど、大きすぎて着られなくなった。小さくて着られなくなったのは珍しくないが、大きすぎて着られないのは初めてである。

さて、これだけの効果を上げた最大の要因は、半年前から通っているスポーツクラブである。月に8千円、夫婦で1万6千円の投資は決して楽ではないけれど、健康維持という点からみると高い安いは言っていられない。

また、スポーツクラブに行くのは夜遅くになってからなので、必然的にお風呂に入ってきて、家では入らないことになる。これが結構大きくて、先月は水道代・ガス代が数千円ずつ少なくなってしまった。このまま医者の薬も飲まなくていいくらいに回復すれば、家計的にはプラマイゼロになる。何とかそのあたりを目指したいものである。

[Jan 28, 2012]