061 ユニクロ~せいうち日記61 [Aug 9, 2012]

新しい職場も5ヵ月目に入り、ようやく生活のリズムが整ってきた。徐々にではあるが、休みの予定も立てられるようになってきたし、ゆっくり眠れるようになった。

こうなってみると、24時間365日緊急連絡が入る可能性がある、しかも、しょっちゅう連絡がある前の職場は、異常に心身をすり減らしていたことがよく分かる。一時飲み始めた血圧の薬も量が減り、いま測ると低いときは90-60とかになってしまうので、このまま順調なら近い将来飲まなくていいことになりそうだ。

1年前と比べて15kgくらい減量したせいか、食べる量は同じように減らしているにもかかわらず最近はほとんど体重が変わらない。ちょっと悲しい。それでもお腹のあたりがへこんできて、最近ではユニクロのXLが入るようになった。これは個人的には、かなり気に入っていることなのである。

というのは、ユニクロが多店舗展開するようになった十数年前、私自身すでにピークの太り方となってしまっていて、ユニクロに私が着れるようなサイズは売ってなかったのである。そのため、スーツはオーダー、私服はサカゼンとかキングサイズの店にするしかなく、選択範囲が狭いうえに財布には非常にやさしくない結果となってしまっていた。

それが、最近では、ユニクロのXLが入るのである。私服からトレーニングウェアからパジャマ代わりの部屋着から、この夏は全てユニクロである。種類がたくさんある上に安い。これまで1着買う値段で3着買えたりするので、もう3、4回ユニクロに行った。

何と言っても15kg減らしているので、去年一昨年の服がだぶだぶなのである。奥さんに言わせると、だらしない上に余計太って見えるというので、この際普段着を新しくユニクロで統一してしまったのである。実はこれまで何でユニクロがこんなに騒がれているかよく理解できなかったのだが、そうしてみると身に染みてよく分かるようになった。

なにしろ着やすいのである。正直、これまで襟のあるものばかり着ていたのだけれど、襟がなくて肩が窮屈でなく、ウェストもゆったりしている。外に着ていくものがそのまま部屋着になり、その気になれば寝巻きにもなる。外を歩けばみんなユニクロを着て歩いている。見方によっては、寝巻きを着て歩いている。あえてその風潮に逆らうことはない。

そんな訳で、今年は秋冬物もユニクロのお世話になりそうである。家の奥さんによると、1380円のものが突然780円になったりするので、注意して広告を見る必要があるそうである。ちなみに奥さんは、数シーズン前からずっとユニクロで、最近は無印に出世したそうである。


今日の宿からの写真です。(はっちゃん級でちょっと難しいはずですが、皆さんにも楽しんでいただけばと思います。Google Mapにホテル名が載っていないような・・・)

[Aug 9, 2012]