070 やっと夏が終わった~せいうち日記70 [Sep 23, 2013]

台風が行ってようやく涼しくなった。

今年の夏はずっと暑い日が続くということはなかったけれど、暑い時はやたらと暑い夏だったので、長い夏だった印象がある。何しろ暑い日には40度近くになってしまうのだから大変だった。ようやく涼しくなって、先週からスーツで通勤している。

雨が少ないというので、貯水率情報のサイトを見ながら祈っていた。利根川水系の貯水率は1時間ごとに更新されているので、夜中でも数字を見ながら一喜一憂できる。一時期40%を割った八木沢ダムの貯水率は今回の台風で60%を超えたし、25%ほどだった下久保ダムも50%に回復した。被害の大きかった地域もあって喜んでばかりもいられないのだが、ちょっと安心している。

それはそうと、7月に入ってからは、全く山に行けなかった。昨年は結構涼しい日もあって(7月で20度そこそことか)、ちょっと行ってみようという気にもなったのだが、朝起きて30度以上あると外を歩く気にもなれなかったというのが一つの要因。ただでさえ汗っかきな上に、登山口まで電車に乗るだけでも暑くてくじけそうだ。

加えて、スズメバチの大量発生が嫌だったからである。スズメバチはここ数年では、平成13年、17年、21年と大量発生していたそうで、周期どおり今年順番が回ってきたということである。人の多い山は好きではないけれども、人が少なくて蜂が多い山というのもうれしくない。特にスズメバチは、見た目からして大きくて獰猛なのである。

芸能人の誰かが刺されたとか、山で誰かが刺されたとか、高校野球が蜂で中止になった(これはミツバチだったが)とか聞くと、何時間も山道を歩くのは全く気が進まない。そうでなくても8月・9月は蜂の被害のピークで、その被害たるや熊の比ではないのだ。

スズメバチに刺されると石で殴られたくらい痛むとかいうし(幸い刺されたことはないが)、アナフィラキー・ショックとかいって、命に関わる重症となることもあるそうだ。山の中で刺されると数時間は手当てができないだろうし、そう考えると恐ろしい。間隔を開けてしまうと次に登る時に辛いのは分かっているのだけれども、涼しくなるまでは自重せざるを得なかった。

そうやってあまり外にも出ずに夏を過ごしていたので、2~3kg体重が増えてしまっている。最近では、週末しか酒を飲まないという、昔では考えられないくらい健康的な生活を送っているので、このウェイトオーバーは運動不足が大きく寄与している。秋には3回くらい山に行って、また華々しく汗をかいてくることにしよう。


出張帰りに、富士山がきれいに見えました。

[Sep 23, 2013]