080 スランプ~せいうち日記80 [Dec 13, 2014]

秋以降、体調は悪くはないのだけれど、精神的に低調な状態が続いている。おそらくスランプなのだろう。

こういうときの特徴として、先のことを考えられないということがある。毎年、年末のこの時期になると、1年間の収入支出の集計をしたり、何におカネを使い過ぎたのか反省したり、翌年以降の計画を立てたりするのが恒例であった。ところがなぜか、そういうことをしようという前向きな姿勢にならないのである。

最近そんなことがあっただろうかと思って、自分のホームページ(せいうち日記)のバックナンバーを読み返してみた。忙しすぎて落ち込むことはたびたびあったけれど、スランプという状態がうかがえるものはなかった。つらつら思い出すと、そういえば20年近く前にも、こういうことがあった。

実は結婚して以来、月々の生活費(支出)の記録をつけているのだけれど、その時期もそういう気が全くなくなってしまったのである。結果、2~3年の間ぽっかりと記録が残っていないし、通帳や支払記録も処分してしまったから、いまから追跡することもできない。記録が残っていないだけならまだいいのだが、その時期に行った証券投資はほとんどが壊滅的な結果となってしまった。

もっとも、当時はバブル末期なので大損する人は珍しくなく、スランプだからそうなったのか、時代がそうだったのかは何ともいえない。いずれにしても、スランプの時に大きなおカネを動かしたり、重要な意思決定をするとろくなことはないという教訓は今日に残っている。

これから20年後に生きていられるかどうかは微妙なところだから、若い時とは違って、よく考えて行動しなければならないだろう。老子にこんな言葉がある。「為無為、事無事、味無味」(無為をなし、無事をこととし、無味を味わう)。何もないのがラッキー。人生4コーナーを回る時期には、肝に銘じておきたい言葉であろう。

さて、前回のスランプ末期からは盛んに海外遠征するようになり、ブログやホームページも始めて、オフ会などで多くの知己を得ていつの間にか立ち直ったのだった。今回もそうやって新しいステージに立ってスランプを脱出することができるとすれば、たいへんに楽しみなことである。

[Dec 13, 2014]