090 定年間際に隔地転勤~せいうち日記90 [Mar 21, 2016]

先月末は公私にわたっていろいろなことがあった。

まず「私」の方から。2月25日から28日の3泊4日の日程で、第四回の四国遍路区切り打ちに行ってきた。今回は歩いた3日ともに快晴・微風でコンディションは良好、予定どおりJR徳島駅からスタートして十八番恩山寺から二十三番薬王寺までお参りさせていただき、薬王寺からさらに16km先のJR牟岐駅まで歩いて今回の区切り打ちを終了することができた。

これまで3回の区切り打ちは2日連続までの歩きだったので、3日続けて歩いたのは初めてであった。さすがに3日目の午後は足が上がらなくなったが、それでもタイム的には大きくロスすることもなく牟岐駅まで着いたので、今後の目処が立ったと言えそうである。今回から導入したミズノのウォーキングシューズも快調で、疲れたのは体力が不足していたためである。

牟岐まで来たので、次はいよいよ室戸岬へのロングウォークである。55号線の距離表示が阿波福井あたりでは98kmあったのが、牟岐町に入った頃には60km台まで縮まってきたので、約3分の1は歩いたことになる。残り3分の2にはどんな困難が待ち受けているのだろうか。

さてもうひとつは「公=会社」について。あと定年まで1年余り、その前には辞めるつもりで準備していたところ、なんと隔地転勤の辞令が出た。いったい何を考えて人事配置しているのか首をひねるところではあるが、察するところ嫌がらせであり退職勧奨なんだろう。まあ、それはそれで仕方がない。給料をもらう以上は、どこで働かせるかは会社の裁量である。

隔地転勤はほぼ35年ぶりのことである。奥さんには奥さんの生活があるし、そんなに長くいるつもりもないので単身で行くことにした。三十何年かぶりに一人暮らし、これで家の家族4人全員がそれぞれひとりで住んでいるという大変不経済なことになった。

長くて半年、寒くなる前には戻ってくると話をしたところ、暑い時期なら行ってきていいと言われてしまった。冬には、奥さんの布団を体温で温めるという太閤秀吉の草履とり時代のようなことをしているのだ。よく考えれば、奥さんが出産で里帰りをしていた時期には、何ヵ月か一人暮らしをしていたこともある(その時は枚方市の樟葉にいた)。

先週、新しい拠点となる借上げ社宅を見てきた。2DKのフローリングで、築十数年にしてはきれいに使ってある部屋なのだが、なんと4階建ての4階エレベーターなし。還暦まであと1年という親父にとっては過酷である。

借上げだから仕方ないのだが、4つあるガラス窓のカーテンと、3つある部屋の電灯が付いておらず、住むとなると新らしく買わないといけない。フローリングだけだと寒々しいのでラグぐらいは敷きたいし、結構な物入りになる。ベッドや冷蔵庫などの大物家具は、レンタルで調達する予定ですでに申し込んだ。

まあ、いい方に考えれば、辞めるのにちょうどいいタイミングを会社の方で用意してもらったということだが、その間にもいろいろ入ってくる仕事の段取りを組んでしまうのは、40年近く続けてきたサラリーマンの習性というのかどうか、いずれにせよ因果なものである。

 


徳島市内、55号線からみた眉山。前回はこの山を西から東へ、今回は北から南へ通り過ぎて行きます。

 

さて、先週書いたように定年間際に隔地転勤させられてしまい単身赴任となってしまった。会社の用意した借上げ社宅は2DK、一人暮らしには十分な広さだが、エレベーターなしの4階建て4階なのは年寄りにはきついし、ゴミ当番があるというのも難儀である。

まあ、先が見えているだけに贅沢は言っても仕方がない。問題は、何ヵ月か暮らしていくだけでもそれなりの所帯道具がいるということである。普段から節約生活を心がけているところではあるが、こういう時に節約してもかえってストレスがたまるだけである。おカネがかかる時には、使わなければならないのである。

とはいえ、近々帰って来るのであるから、持って帰って置くところがなければ困ることになる。そこで、冷蔵庫と折り畳みベッド、テーブルセットはレンタルを利用することにした。WEBでいろいろ探したけれど、信頼性の点でクロネコヤマトが安心だと思うのでお願いすることにした。配送料込みで43,000円、帰りの配送料は引っ越しとセットにするとサービスになる。

TVはほとんど使わないけれども、朝の体操とニュース・天気予報くらいは見るから、どうしようか迷った。レンタルすると中古でも1万数千円、新品だとその倍、プラス配送料がかかるので買っても借りても値段は大して変わらない。以前から奥さんが、自分専用に小さいTVが欲しいと言っていたので買うことにした。Amazonでシャープの19型旧式、24,800円を購入。

布団も購入とレンタルが大して変わらないものの一つである。クロネコのレンタルだとシーツ込みで1万数千円かかる。それなりにいいものを貸してくれるのだろうが、同じ値段なら買った方が安心である(クリーニングしてあるとはいえ、他人の使った布団というのもちょっと)。やはりAmazonで、評判の悪くなかったエムールの国産布団セット、シーツ込み11,080円を購入。

掃除機はレンタルの方が安いけれど、奥さんがこの頃2階に掃除機を持って上がるのが難儀だというので、この際だから買うことにした。奥さんの希望するマキタのターボをカタログハウスから購入、13,830円。また、電灯は3部屋付いていないのだが、2部屋分だけ買った。LED8畳用をジョイフル本田で6,980円、6畳用が5,980円。帰ったら古い蛍光灯と付け替える予定である。ここまでですでに10万円オーバーである。

一方でレンタルも購入もしなかった大物は、電子レンジと洗濯機である。電子レンジは普段からあまり使わないし、一人暮らしで冷凍食品というのも味気ないので、積極的に外食を利用するつもりである。また、洗濯は歩いて3分でコインランドリーがある。洗濯・乾燥で1回400円として25回で10,000円。レンタルだと10,000円+配送料である。

カーテンは自分としてはあってもなくても同じだが、他所さまから見て部屋の中が丸見えというのも何だし(実際は4階建ての建物があまりないので、こっちがそう思うだけかもしれない)、防音・防寒効果も考えてひととおり用意することにした。

近くにある家具屋のバーゲンで、左右セットで税込1000円というのを売っていて、奥さんが言うには値段ほど悪くないとのことなので、窓3つ分、カーテン&レースで6組6,000円。ここでなんとダイニング用のラグ、約2畳が2,480円という嘘みたいな値段で置いてあったので併せて購入。

意外と費用がかかったのは生活雑貨である。バスタオル、フェイスタオルと下着、靴下は洗濯の頻度を考えて4セットずつ。それにお勝手と浴室の洗剤とスポンジ、クイックルワイパー、ゴミ袋をセットできるキャスター付きスタッカー、鍋、ざる、ボールなどなど、あっという間に2万円以上飛んで行ってしまったのにはびっくりした。

そんなこんなで、今週には奥さんと2人で引っ越しをする予定である。高速代まで含めると、今回の引っ越しにかかる費用は20万円近くになりそうだ。引っ越し業者を使わないので会社からは出ない(見積り合せをしろとか言われる。時間がないし面倒くさい)。帰る時には辞めているので、やはり会社から引っ越し代は出ない。

 


急きょ買い揃えたお引越しの品々(の一部)。帰ってからのことを考えなければならないので大変。

 

[Mar 21, 2016]