110 二日市温泉 [Oct 10,2006]

二日市温泉は九州の歴史の町筑紫野市にある。JRの二日市駅から少し線路沿いに歩き、そこからありふれた田舎町の景色を見ながらしばらく行くと、突然という感じで温泉街が現れる。関東に住んでいて温泉地というと、どうしても山あいとか大きな川の近くにあるような印象があるのだが、ほんとに突然現れるのである。いわば「スーパー銭湯」的な立地にあるのだが、ここは万葉の昔から千数百年の歴史を誇る名湯なのである。

歴史や寺社に興味のある方なら、大宰府政庁跡とか観世音寺、大宰府天満宮といった史跡があるすぐ近くと言えば、見当がつくのではないかと思う。西鉄の大宰府駅は、西鉄二日市からすぐである。ご存じのように太宰府天満宮は菅原道真公をお祭りしている神社であり、道真公は平安時代中頃に京から大宰府に左遷させられたことから怨霊(天神)になったとされている。

それよりかなり前の奈良時代初め、ここ大宰府で大伴家持が長官、部下に山上憶良とかがいて、集まっては酒を飲み、酒を飲んでは和歌を作っていて、その歌が万葉集に多く収められている。

山上憶良は貧窮問答歌や「まされる宝子にしかめやも」などシリアスな歌が代表作として知られているけれども、妻子を口実に酒宴を抜ける歌(「憶良らは今はまからむ子泣くらむそれその母も我を待つらむぞ」)などもあって、万葉集も時々面白いところもあるのだが、そんな歴史に思いをはせながら温泉街を行くと、いかにも由緒ありそうな「御前湯」という温泉施設がある。調べてみたところでは、江戸時代、福岡藩黒田の殿様専用の温泉であったらしく、その名前を引き継いでいるらしい。

入ってみると、みやげ物屋とかと並びで入口があり、なんだか庶民っぽい。脱衣所も浴槽も普通の町の銭湯と一緒で、違うところといえばまっ昼間から満員であることぐらいだろう。泉質は単純泉で、特にくせはない。逆に言うと温泉に来ているんだか銭湯に来ているんだか分からんということでもある。ただ温泉から上がると、とても大きな畳敷きの休憩所があって、ここは一日いてもいいらしい。もちろん足を伸ばそうが寝ようが自由である。これで200円だから、お得だとはいえそうだ。

ここに行ったのは2年くらい前のことなのだが、御前湯の向かいにある「アイビーホテル筑紫野」で野菜料理のバイキングをやっていて、あれはすごくおいしかった。まだ続いているのかなあ。また、大宰府天満宮から15分くらい歩いたところに九州国立博物館の新築工事中でその後オープンしたはずなので、近いうちにまた一度行ってみたいと思っている。


二日市温泉、御前湯前で。

[Oct 10,2006]