810 大鰐温泉と東北の不思議な名所 [Sep 4, 2007]

東北の中でも北東北は不思議な名所がいくつかある。しばらく前に大騒ぎされ結局偽書(にせもの)であることが明らかとなった「東日流外三郡誌」などという人騒がせなものがあったのも北東北だし、「キリストの墓」「縄文ピラミッド」「日本中央の碑」(注)など眉唾という他ないものが大真面目に信じられている土地柄である。そういえば、インチキ石器発掘で有名になったのも、東北地方の研究所であった。

こうしてみると東北人には「ほらふき」の気があると言わざるを得ないのだが(ちなみに私も東北血統である)、関西や九州のような本物の名所旧跡がないことへの劣等感の裏返しのような気もするし、あるいは昔からお米の出来が悪くなるたびに命がけの苦労をしてきたことで空想的な性格が培われてきたのかもしれない。

さて、その北東北の中でも最北端の青森県で、青森市に次ぐ第二の都市が弘前市である。その弘前市の郊外にあるのが大鰐(おおわに)温泉である。かつて漁業や鉱山景気で大層栄えたところらしいが、いまでは平川沿いに温泉宿が点在するひなびた温泉街である。

なぜこの温泉を知っていたかというと、いまの相撲協会理事長北の湖親方の現役時に若三杉という力士がいて(後の横綱二代目若乃花)、この力士が大鰐町出身だったのである。それで中継のたびに「東方、若三杉、青森県大鰐町出身、二子山部屋」という館内放送を聞いていて、一回は行ってみるものだろうと思っていたのだった。

今から十年ちょっと前に今年以上にひどく暑く長い夏があって、その時この温泉に行った。温泉は食塩泉でお湯自体にそれほど特色はなく、温泉街も旅館の他にはあまり遊ぶところはなかった。そして平川も鬼怒川のような奇岩渓谷が続く展望という訳ではなくただの川なので、5分も歩くとただの川と畑だけの普通の田舎になってしまうのであった。

当時から「東日流外三郡誌」は怪しいと言われていたがまだ証拠は上がっておらず、石器発掘ねつ造事件も起こっていなかった。だからその当時はあまり気にしていなかったのだが、今になってちょっと心配になってきている。この温泉に行く前にわざわざ遠回りして行った大湯ストーンサークルも、もしかしたら後から誰かが石を並べただけの偽物なんてことはないだろうか、なんてね。

(注)「東日流外三郡誌」(つがるそとさんぐんし) 青森県五所川原市在住の某氏が、古代東北の知られざる歴史を伝える秘伝の古文書として発表した偽書。古文書のはずなのに筆跡が本人のもので、当時知られていない事実や用語が満載である。

「キリストの墓」 イエス・キリストが磔にされたあと、遺体が青森県戸来村に葬られたとする説。上記「東日流外三郡誌」の前に大騒ぎされた古文書「竹内文書」(これも偽書)に書かれていたとされる。(そもそもイエス・キリストは復活したので、教義上キリストの墓はない)

「縄文ピラミッド」 青森、秋田、岩手などに三角錐、四角錐の形状の山がいくつかみられることから、これらは縄文人の作ったピラミッドではないかとする説。文中の大湯ストーンサークルの近くにもそういわれる山がある。

「日本中央の碑」 坂上田村麻呂が蝦夷遠征の折「日本中央」と石に刻んだという伝説があり、その石文であると主張しているが、どうも怪しい。ちなみに西行や芭蕉が詠った歌枕の「つぼのいしぶみ」は宮城県の「多賀城碑」。

[Sep 4, 2007]