910 登別温泉 [Aug 27, 2005]

これまで結構いろいろな温泉に行っているが、温泉として一つの究極の形であると思えるのは北海道の登別温泉、「第一滝本館」である。「一つの究極」というのはいい意味でも悪い意味でもあるのだが、好き嫌いはともかく機会のある方は一度は訪れてみるものだろうと思う。

登別温泉は、地理的には洞爺湖、支笏湖より噴火湾側にある。ここらあたりは至るところ温泉が出ていて、他にもいい温泉はあるのだが、登別温泉の第一の特徴はなにしろ湯量が豊富にあるということだろう。

温泉の裏手に大湯沼という直径数十メートルはあろうかという池があって、ここは水温80度とも90度ともいわれる温泉でできているのである。高台からみると、まさに湯が沸いてきているというあぶくというか気泡も見えて、当然周囲は強い硫黄の匂いがする。源泉はここだけではないはずで、あれだけの湯量があれば、何十軒かの旅館・ホテルに十分温泉をひくことができるだろうと納得できるものである。

登別温泉で出る温泉はいくつかの泉質があると聞くが、それ以上にあるのが第一滝本館の風呂の種類である。とにかく、2フロアに十数個の浴槽とその他に露天風呂があり、それぞれ泉質が違う。硫黄泉、食塩泉、単純泉はもちろん、かなりの種類の異なる泉質が楽しめる。あるいは歩き湯、立ち湯、寝湯とかもあったはずだ。楽しめることは確かだが、それだけ風呂は広いので、あまり落ち着けないことも確かである。

一方、露天風呂はそれほど大きくはない。ここの露天風呂はビールなどの飲み物を出してくれる(もちろん有料、部屋につける)他に、記念写真もとってくれる。ただし、最後に行ったのはもう十年近く前のことだから、今でもあるかどうか定かではない。

子供を連れて行くと非常に喜ぶ宿であるが、大型旅館であるのでおのずと限界がある。例えば料理で、土地のおいしい魚を食べたいといったような場合には別の選択肢を検討する必要があるだろう。もちろん水準以上のお料理なのだが、多くのお客さんにサービスしなければならない以上、ベストという訳にはいかないのは仕方がない。ともあれ、日本の誇るべき温泉文化の行き着く一つの先が、この旅館であることは間違いない。

温泉帰りに立ち寄る観光地も、クマ牧場と白老ポロトコタンと相場が決まっている。クマ牧場は温泉からロープウェイですぐの山の上にあり、芸をするクマが売り物である。あと、クマにエサを投げるというのがあるのだが、あまりうまそうでない団子状のエサなので、私はほとんどやったことはない。あと、白老ポロトコタンはアイヌ集落のテーマパークで、温泉からは車で20~30分苫小牧方面に行ったところにある。アイヌの踊りとか、民族衣装を着て記念撮影とかが定番である。

[Aug 27,2005]