614 鯨肉のから揚げケチャップソース [Nov 13, 2006]

日曜日の昨日、久しぶりにお気に入りの魚屋に行ってみた。木枯らしが吹く季節になったので、刺身というにはちょっと寒い。生きのいいいわしが出ていたら、紫蘇と梅肉をはさみ揚げにしたらおいしいだろうと思ったのだが、お目当てのいわしの他に鯨が安く出ていた。

加熱用と書いてあるが250円である。これまで鯨料理は作ったことがないが、この量と値段なら失敗しても目をつぶって食べてしまえそうだ。という訳で、昨晩の酒のつまみは鯨肉のから揚げケチャップソースあえに挑戦してみることにした。

子供の頃給食でいやというほど食べた料理であるが、あれから40年。舌が味を覚えているかどうか不安である。まだ鯨ベーコンの方が就職したての頃有楽町のガード下で食べたことがあったし、鯨が部分解禁になってさっそく買って食べてみたくらいでなじみ深いが、ケチャップソースとなると子供の料理である。ネットで調べてみても作り方など載っていない。仕方なく、自己流で作ることにした。

鯨肉は一口大に切って、下味をつける。給食で食べた鯨は脂身の部分が多くてぷりぷりしていた記憶があるが、おそらくそうした鯨は獲ってはいけない種類なのだろう。買った鯨肉は赤身だけで脂身がない。

下味はしょうがと長ネギ、しょうゆ。にんにくを入れると鯨の味に勝ってしまうような気がして、にんにくは入れなかった。30分ほど漬けてから、片栗粉をつけてから揚げにする。記憶をたどると、鯨に白く衣が浮いていたような気がするので、小麦粉ではなく片栗粉にしたのである。

から揚げの後はケチャップソースである。いろいろ野菜を入れてもいいのだろうが、あまり野菜が多いと酢豚風になってしまうので、あっさりと鯨中心にした。玉ねぎを強火でいためてから火を弱め、ケチャップ、ウスターソース、酢、レモン汁を合わせてかき混ぜる。そこに先ほどのから揚げを入れて、温めながら全体にソースをからめて、出来上がりである。せっかくからっと揚げたから揚げがちょっとしんなりしてしまったのは気がかりだったが、さっそく味わってみる。

噛みしめると、間違いなく昔給食で食べた鯨の味である。ケチャップソースもとてもほどよく絡まっていて、おいしい。奥さんと「鯨の味だよね」「そうだね」と言いながら、あっという間に完食である。

不思議と、日本酒の冷やにもよく合った。昔、給食当番でアルマイトかなにかで出来た黄色いバケツから、おたまですくって食器に盛ったのを思い出した。鯨には気の毒だけれど、やっぱり鯨はおいしい。鯨ベーコンだって、ほんとは安いから食ってたんだよなあ、などとなつかしくなってしまったのでした。

[Nov 13, 2006]