213 新・新八百伴 [Nov 5, 2008]

11月1日から4日まで、久し振りに香港・マカオに行ってきた。今回の遠征で最も驚いたことは、フェリー乗り場近くのヤオハン(新八百伴)が閉鎖されていたことである。

これは単に驚いただけでなく、かなり影響があった。というのは、私が最近マカオで滞在するホテルであるカーサリアルやゴールデンドラゴン(今回はこちら)はヤオハンから歩いてすぐの場所にあり、ここでミネラルウォーターであるとか、酒・つまみとか、パンと牛乳・ジュースとかを買うことにしていたからである。

このヤオハンの中にブルドーザーが入って、中はがらんどうになっている。あの壊し方からすると、外装はそのままで内装を全面的に直すのではないかと想像するのだけれど、とにかく現在ヤオハンはやっていないのであった。バスの行き先表示は相変わらず「新八百伴」がそのまま使われているが、そのバス停にヤオハンはない。

おかげで、この一帯は人通りがかなり少なくなっている。今回ゴールデンドラゴンが610HK$と、ウィークデイであるにしても以前よりかなり安くなっていたのは、そのせいだったようだ。こうなってみると、ヤオハンの向かいにある回力の建物も古いし、それに低い。おそらく近い将来に再開発されることになるだろう。

さて昔の場所ではなくなってしまったヤオハンだが、夕食にアリ・カレーハウスに向かう途中で移転先を見つけた。新しい新八百伴はリスボアから南湾、つまりマカオ・タワー方面に少し行ったところ、英皇娯楽場の並びにちゃんとあった。1階には相変わらず化粧品街があり、若い女性で結構にぎわっている。

回力・八百伴界隈は、マカオの中でもかなり雑然としたところで昔の風情が残っていたのだが、ここも変わってしまうというのは少し残念である。それと、次回からは泊まる場所も考えなくてはいけないなあと思った今回の遠征でした。


工事中で閉鎖されてしまった旧「新八百伴」


移転先の新「新八百伴」、ネオンサインのまぶしい向こう側の建物は英皇娯楽場。

[Nov 5, 2008]