082 再び大阪ポーカーオフ(ポーカーの奥深い世界第82話) [Dec 2, 2008]

先週の日曜日はまたまた大阪ポーカーオフにお邪魔した。これで何度目になるか覚えていないくらいであるが、とにかく今月で55回目となる月例会の優勝者の一人に名前を連ねているのはうれしいことである。

その日、第一回全日本ポーカー選手権(AJPC)チャンピオンの全裸の会会長からお電話をいただいた午前10時過ぎ、私がいたのは奈良市内、それも東大寺の一番奥にある二月堂の休憩所であった。

室内では「お水取りのご声明CD」が流れているので、あわてて屋外に出る。「どうもー、taipaです。いま奈良にいます。」「12時に新大阪まで来れるー?みんないるんで、食事一緒にしない?」「行く行く。」「じゃ、JR改札あたりで待ってるでー。」

しかしよく考えると、12時に着けるかどうか微妙なところである。二月堂の階段を下りて、大仏殿の後ろを通って正倉院の脇を抜け、坂を下りていく。東大寺を出るまででも相当の距離である。早足で住宅街をショートカットして商店街を抜けると、ようやく近鉄奈良駅である。

時刻は10時45分。これからJR奈良に向かっていては間に合わないような気がする。それ以前に、急いで歩いたせいで足がふらふらである(前の日も、かなり歩いたのだ)。近鉄で難波まで行って御堂筋線で新大阪に出ることにした。

会長にはJRから地下鉄までご足労をおかけしてしまったが、なんとか時間に間に合った。新大阪の構内にある和食のお店に、これから大阪ポーカーオフに参加する方々が何人かお集まりである。いちばん奥でアルコールを補給しているのは、おなじみのけせらさん(あんさん)であった。

みなさんにご挨拶して、天ぷら定食をオーダーする。天ぷらの他に刺身や小鉢がついて850円はお値打ちである。もう少し時間があれば、けせらさんのようにお酒をいただきたいところなのだけれど。

「そういえば会長、来月大阪でイベントやるんでしょ。詳細決まったの?」「さっきここで決まった。」SNSで日程が周知されたように、3月15日に大阪ミナミで「なにわポーカーツアーズ」の第一回記念大会が開催される。

この、なにわポーカーツアーズの世話役が、会長、redさん、chikaさんといったこの日お集まりの方々ということである。数ヶ月ごとの開催となるそうだが、ここからWSOPを目指すべく実のあるものにしたいという壮大な構想の大会であるので、ぜひとも成功してほしいものである。

ということで、なにわポーカーツアーズの話題やら、ありちゃんなどなど旧知のメンバーの近況やらお話しているうちに、1時の開始時間が近づいた。会場のKOKO PLAZAまで、新大阪駅を横断してゆるゆると移動した。

 


第55回大阪ポーカーオフ@KOKO PLAZA。

メイントーナメントは3テーブルで開始。以前はこの大阪ポーカーオフといえば、序盤からオールインが乱れ飛ぶ心臓に良くない大会という印象が強かったのだけれど、ここ最近はみなさん比較的落ち着いた打ち回しをされることが多い。一回目の休憩まで、ほとんど誰も飛ばない。

スタートチップが1000点しかないので、アンティが始まるころになるとさすがに忙しくなる。この日のテーマは「コールしてもらうこと」、大きくレイズして下ろすのではなく、小さいベットorレイズでなるべくポットを大きくしようという試みである。

中盤でQQが来る。コールで入るが、フロップで2枚とターンの合計3枚が落ちる。リバーで打って下りてもらったが、こんなボードではなかなかポットは大きくならない。そうこうしている間にチップは700点台に。アンティ10ブラインド50-100なので、もうそろそろである。

UTGでAJ。このポジションではあまり気の進まないハンドだけれど、このままブラインドが過ぎてしまったらほとんど選択肢がなくなる。仕方ないのでメイク350点レイズ。ポットが200点以上あるので、この位打たないと長距離砲は決まりにくい。

ずらずらっとみなさん下りていただくが、BBのにしさんのところで手が止まる。そして「オールイン」の一声。にしさんのチップも私と同じくらい。となると、コールしてフロップ見て下りる選択肢は考えにくいからオールインは致し方ないとして、ハンドはどちらか。

AKだったらオールインだろうが、何となくAKではないような気がした。プリフロリレイズはAA、KKというのが定石だけれど、この場合ブラインドがきついのでそうでない可能性の方が大きい。ミドルかそれ以上のペアとみるが、こちらも下りられないのでコール。

にしさんのハンドはTT、ほぼ予想通りでこれならじゃんけんになる(勝率45%:55%くらい)。しかし・・・フロップ477。これではいけない。ターン、リバーいずれもローカードで、かすりもしない。

おまけにチップ量もにしさんより赤チップ1枚だけ少なくて、あっという間にゲームセットとなってしまった。おそらく2番目か3番目の飛びではなかっただろうか。2回目の休憩近くでこの順位だから、やっぱり大阪オフはみなさん堅く打つようになっているということであろう。

約1時間待って行われたサブトーナメントでも、QQをスロープレイしたところ、とーとーさんのKTに、フロップで、ターンで当てられてここもブラインド50-100で敗退。この日はBB100点が鬼門でした。

まだメインが終わっていなくて、会長、けせらさん、redさんの3人が残っていたけれど、ご挨拶して退散。空港でビールでも飲もうと思って早めに伊丹に着くと、なんとそこで尼僧様ご一行と遭遇したのでありました(まあ、今年はNWやめましたので、来年はラウンジご一緒できると思います)。

[Jan 14, 2009]