089 完徹明けの東京予選(ポーカーの奥深い世界第89話) [May 14, 2010]

連休が明けたら、AJPCである。ところが連休を朝から晩まで働かされるほどの緊急事態発生で、気がついたら金曜日になっていた。(久しぶりに読まれる方のために補足すると、私の仕事は全国の事業所を回る部署から、先月、システム関連に異動したのである)

金曜日までには、いくつかの連休中のシステム障害については目処が立ちつつあった。従ってこの日何も起こらなければ、土曜日の準備もぎりぎり間に合うのではないかと思って会社に出てきてみたら、朝っぱらから新たなシステム障害発生。この障害は、目処が立ちつつあった以前の障害と関係があったものだから、瞬間的にヒートアップである。

結局この善後策で夜までかかり、さらに対応改修のため夜間立会いということになった。奥さんが持たせてくれた弁当の空箱を持って、マシン室へ。まめな人だと食べ終わった後洗っているようだが、私はそこまでまめではないのである。匂わないか心配である。それより、風呂にもはいってないし着替えてもいない自分の方が心配だが。

この改修工事は予定では午前3時まで。うまくいけばもう少し早く終わる可能性があった。だからこれ以上何も起こらなければサウナに行って少しでも仮眠できる程度の時間はあったのだが、午前1時、さらなるシステム障害が発生。そのままオールナイトで臨戦態勢を余儀なくされてしまった。

気が張っているので眠くはないものの、トイレまで歩いていくのが難儀なほど疲れているのが分かる。このシステム障害の対応で、朝になって交代できる人が来るまでがんばり、それが終わったら前の方の改修の確認作業。某電通の方々の苦労が少しだけ分かったような気がした。時計はどんどん進んですでに午前9時を回っている。

あとは事務所で報告書の原稿を書いたら終わりだとがんばっていたら、そこに上の人間が登場。以前の障害報告のことで追加資料作成をおおせつかってしまう。休日に出てくる意欲は買うけれども、こんなことなら出てこなければいいのにと思うが、そこは宮仕えのつらさである。にっこり笑って追加仕事を黙々とこなす。

そんなこんなで、ぎりぎりの時間に、眠れもせず身支度もできず、昨日会社に出てきたのと同じ格好で大鳥居のセガ本社に向かうのは、非常に心苦しいものがあった。駅からセガに向かう途中に、あけみんやめぇめぇさん、Lupinさん、他の人にも会ったはずだがほとんど覚えてない。ご存知のように、カシノだってしばらく前から真夜中過ぎには上がっているのである。

なんとかエントリーする。G組の3-3テーブル。主催者のリゾカジマスター、ちくわさんにご挨拶。珠海の中薬谷(正しくは"くさかんむり"に約)がつぶれたそうで、びっくりする。ほんとに安くていいマッサージセンターだったのに。

そんなことを言っているうちに時間である。G組には、Saitohさんやsmith?さん、りえぞーさん、あんがーさんといった人達がいる。恥ずかしくない程度にはプレイしたいのであるが、体力はすでに限界を超えているのであった。

G組3番テーブルは会場の一番奥であった。周りでは前の時間の戦いが続いている。主催者ちくわさん、トーナメント・ディレクターHatterさんのご挨拶によりスタート。同じテーブルにSmith?さんと、後からSaitohさんが加わった。恥ずかしいプレイはできないが、体調は最悪である。短期決戦で行くしかなさそうだ。

いつもより早めに参加する。本当にこの体調(すでに30時間以上眠っていない)では、粘る展開だと体力が持たない。慣れないけれどチップをたくさん持って先行する展開に持ち込む必要があると思われた。

とはいえ、25-50くらいで無理はしたくない。一度ポケットペアが来て、定石どおり3倍レイズしたら、2人に付いて来られた。フロップはローカード3枚。チェックで回ってきたのでベット250で振り落としを図ったものの、BBに付いて来られてしまう。ターン、リバーチェック回り。BBが開いたのは57だっただろうか。346とボードに出ていてストレート。引かれてしまっては仕方がない。早くも原点を割り込む。

見ていたら、右隣の人の調子がいい。2度のオールインをいずれもAAでダブルアップして、その後にKKも入った。まだ1時間経っていないのにすごい勢いである。とはいえ、こちらが下家だからそのうち機会があるだろうと思っていたら、75-150でこちらがSB(つまり向こうがボタン)の時、一人コールの後でメイク650くらいのレイズ。

さて、こちらのハンドはと見てみると99。先ほどからAXsとかAJとか手は入っているので、いい波が来ていると見ればここは行き所である。上家も、そんなにAA、KKが入り続けるはずがないし、ここはスチールの気配が濃厚である。AQあたりだったら、コールしきれないだろうと読んで、残り2000点ちょっとをリレイズオールインである。

リンプインの人は下りて、上家の番。あっさりコールである。こちらが99を開くと、なんと出てきたのはKK何で1時間に4回もプレミアムハンドが行くんだぁ、と思ったが後の祭りである。フロップ55Q、ターン、リバーもでQフルKウィンズQフル9で私の負け。ここでゲームセットとなってしまった。

予選落ちは3年ぶりだけれど、ほぼ8分の1を2年続けて通過できたのは出来すぎだったし(だから3年連続の侍さんはやっぱりすごい)、調子が悪いときに負けるのは当り前である。コールしてからフロップオールインでもおそらくコーられるし、フロップAとか落ちたらいよいよジリ貧である。まあ、今回は負けるべくして負けたということで、仕方ない。

それでも、今週のシニアトーナメントを残しているので、まだ私のAJPCは終わった訳ではない。問題は、シニアトーナメント前の5日間がすべて出張ということである。四国日帰り、関東日帰り、九州1泊2日、そして九州日帰りというハードスケジュールである。とはいえ、前の日しっかり眠ってちゃんと着替えて大鳥居に行ければ、先週よりはまともな状態で参加できるはずである。

セガに行かれる方は、私がトレードマークのチャージャースCapとレイバンのサングラスで登場できるかどうか、楽しみにしていてください。今週もまたスーツで現れるようであれば、かわいそうにと思ってやってください(涙)。

[May 14, 2010]