860 柳沢きみお「俺にはオレの唄がある」 [Oct 5,2006]

昭和62年アクション・キャラクター連載。少年マガジンに「翔んだカップル」を描いていた頃はこれほど息の長いマンガ家になるとは想像できなかったが、いまだに「特命係長 只野仁」(週刊現代)などで活躍中。

人気作品もかなりの数に上るが、本人もどこかで言っていたように昭和の終わりごろに発表した「愛人」「未望人」とこの作品「俺には俺の唄がある」あたりが転機になったようだ。なお、この時代の作品は今ほどデッサンが杜撰ではなく、ストーリーも練れていて読み応えがある。

主人公の瀬上年男は35歳を契機にこれまでの優等生生活を止めることを決意した。「他人のためにだけ唄を歌うような人生はまっぴらさ」ということである。彼は給与振込の中から月々2万円、ボーナスから20万円を妻に内緒で横取りし、その資金をもとにアパートを借りて二重生活を始める。そこで出会う謎の男、野島や美人の人妻、中学生の家出娘、不倫相手のOL、出世から下りたはずの勤務先での派閥争いなどが絡みながらストーリーが進んでいく。全体を貫くテーマは「男のやすらぎとは何か?」である。

柳沢きみおの作品は青年誌に載ることが多いので、読者サービスのためか主人公は女にモテるという設定であることが多いが、この作品も例外ではない。六畳一間の風呂なしトイレ共同のアパートに住んでいるにもかかわらず、次から次へと女性が現れるのはうらやましい話である。

この作品では、遂に家に帰らなくなって奥さんに会社に電話をかけられてしまったときの台詞「俺が悪いんだ。家に帰りたくないんだ。しばらく放っておいてくれ」、とうとう会社前で待ち伏せられてしまったときの台詞「オマエや家庭にあきちまったんだよ」は当時気に入ってさかんに言っていた(もちろん家に帰ってから奥さんに)。

実は家では私が家計をやっているのだが、月2万なんてそうそう抜けるもんじゃないです。


この作者は、「愛人」「未望人」「俺にはオレ」の3連作が白眉でした。その後特命係長でまたひと稼ぎ。

[Oct 5,2006]