160 2016シーズン & SUPERBOWL LI

さあ、早くも今年のNFLシーズンがやってきました。ほんとにNFLを見ていると、一年の経つのが早いこと早いこと。今シーズンも2月のスーパーボウルまで、よろしくお付き合いをお願いいたします。

SUPERBOWL LI オッズ(2016/7/20現在)

ニューイングランド・ペイトリオッツ 9.0
△キャロライナ・パンサーズ 9.0
Oシアトル・シーホークス 9.0
ピッツバーグ・スティーラーズ 11.0
◎グリーンベイ・パッカーズ 11.0
アリゾナ・カーディナルス 12.0
△シンシナティ・ベンガルズ 17.0
デンバー・ブロンコス 21.0
カンザスシティ・チーフス 23.0
ダラス・カウボーイズ 26.0
▲インディアナポリス・コルツ 26.0
ミネソタ・ヴァイキングス26.0

スーパーボウル・オッズの上位12チームは以上のとおり。この中で昨年のプレイオフに出ていないのはカウボーイズとコルツで、ともに主戦QBをケガで欠いたという事情があった。まさにオッズの示すとおり、この両チームはロモとラックさえ万全なら注目すべきチームであり、カムバック賞はこの両者のいずれかになりそうだ。

本命グリーンベイ。一昨年はシアトル、昨年はアリゾナにプレイオフで紙一重の負け。そうこうしている間に、スーパーボウルからは6年間遠ざかっている。マニング兄が引退し、ブレイディも開幕4試合出場停止のハンデを負っている中、リーグNo.1の司令塔はアーロン・ロジャースを置いて他にいない。昨年はディフェンスにもケガ人が多かったが、それさえなければ。

対抗格は同じNFCのシアトル。昨年はキャロライナの上昇度にしてやられたが、ニュートンはスーパーボウルで弱点があらわになり、今年はそこを狙われるだろう。ディフェンスの堅さではシアトルも引けを取らず、ラッセル・ウィルソンも安定度ではニュートンを上回る。レギュラーシーズンで取りこぼしをせず、第1シードを取れればスーパーボウルも十分。

AFCではコルツを推す。デンバーは主戦QBが定まらず、NEはしばらくブレイディ抜きということになると、コルツが浮上してくる。ただし、何と言ってもアンドリュー・ラックの復調度合いに左右されるので、上にあげた2チームと比べると期待半分、不安半分となるのはやむを得ない。

あとのチームの中では、AFCはシンシナティ、NFCはやはりキャロライナ。シンシナティは昨年終盤でドールトン抜きで戦った。大一番に弱いという定評があるとはいえ、出られなければ仕方がない。今年は期すものがありそうだ。キャロライナはスーパーボウルの負け方がよくなかったので、特に序盤に注目したい。ニュートンはパスがもう少し巧くならないと、今年は厳しいかもしれない。

SUPERBOWL LI オッズ続き(7/20現在)
34.0 ▲ボルティモア・レイヴンス、オークランド・レイダース
41.0 ヒューストン・テキサンズ、ジャクソンビル・ジャガース、▲NYジャイアンツ、NYジェッツ
51.0 △アトランタ・ファルコンズ、バッファロー・ビルズ、デトロイト・ライオンズ、ロサンゼルス・ラムズ、マイアミ・ドルフィンズ、フィラデルフィア・イーグルス、ワシントン・レッドスキンズ
67.0 シカゴ・ベアーズ、△ニューオーリンズ・セインツ、△サンディエゴ・チャージャース、タンパベイ・バッカニアーズ
81.0 テネシー・タイタンズ
101.0 サンフランシスコ・49ナース
151.0 クリーブランド・ブラウンズ

スーパーボウル・オッズの下位20チームがこちら。ここ10年でスーパーボウルを制した上、当時と主戦QBが変わっていないチームが3チーム、昨年地区優勝を果たしたチームが2チーム含まれている。

この中でブレイクがあって全くおかしくないのはNYジャイアンツ。2度のスーパーボウル制覇があるマニング弟がいて、WRにオデル・ベッカムがいる。昨シーズンはジェイソン・ピエールポールの出遅れもあってディフェンスが今一つだったが、今年は一気の台頭があっておかしくない。一方で、HCコフリンが交代したのがよくない結果となる懸念もある。

レイヴンスも、HC・QBがスーパーボウルを勝った時と変わらない。こちらもオッズほどには弱くないだろう。WRスティーブ・スミスが引退を取り消してもう1年やるのは好材料だが、心配なのはRBが誰なのかということと、ディフェンスの世代交代が遅れていること。北地区を勝ち抜いてプレイオフまで進めば、かなり有力。

スーパーボウル当時とHC・QBが変わらないということでは、セインツも同様である。こちらは崩壊したディフェンスをどう立て直すかが大きな懸念材料で、それさえ改善されればオフェンスではパンサーズに引けを取らない。

プレイオフをなかなか勝てないのはチャージャースとファルコンズ。ともに主戦QBが万全なうちにスーパーボウルまでたどり着きたいところだが、シーズンが始まるとなぜかだらしがない。オッズよりも可能性はあると思うので、遊びで1枚といったところ。

意外と人気があるのはレイダースとジャガースで、ともに若手の有望株がオフェンスを引っ張っている。ただ、毎年安定した成績をあげられるQBかと問われれば、まだまだその域には達していないとみるのが妥当。正直なところ、今年は期待ほどには成績は上がらないのではないかとみている。

SUPERBOWL L(2/4、テキサス・ヒューストンNRGスタジアム)
Oニューイングランド・ペイトリオッツ(AFC) -3
アトランタ・ファルコンズ(NFC)

いよいよ今シーズンもスーパーボウル。毎年思うことだが、始まったと思ったらすぐにスーパーボウルになるのがNFLである。今年はファルコンズが勝ち残って、少しだけ目新しい組み合わせ。そして、2002年の4地区分割以降、NFC南が4チームすべてスーパーボウルに進出した最初の地区となった。3チーム進出しているのもあとNFC西だけである。

チャンピオンシップはともに試合中盤で大勢が決し、大差のゲームとなってしまった。スーパーボウルに残った2チームとも1st Round Byeでプレイオフ2試合をともに圧勝し、ここまで勝ち進んできた。このマッチアップは、2000年以降ペイトリオッツが4連勝中である。

ファルコンズのダン・クインHCにとって、2年前のスーパーボウルの雪辱戦となった。あの試合で勝負を決めたのは最後のインターセプトで、DCだったダン・クインには腕の振るい様がなかった訳だけれど、それだけに今回のゲームには期するものがあるはずだ。

そして、コーチングスタッフという点では、カイル・シャナハンvsパトリシアの攻守対決に注目している。このゲームを決めるのは、マット・ライアンのオフェンスがペイトリオッツ相手に大量得点を取れるかどうかにかかっていると思うからである。

チャンピオンシップのペイトリオッツは、ベル、アントニオ・ブラウンがケガで本調子を欠いたという要素があったにせよ、スティーラーズを寄せ付けなかった。ロスリスバーガー同様、ロングパスを多用するマット・ライアンに対し、パトリシアがどういう策をとってくるか注目である。ブリッツを仕掛けるのか、カバレッジを厚くするのか、どちらも厳しいことには変わりはない。

ただ、昨年のニュートンほどではないにせよ、マット・ライアンも好不調の波が大きく、不調の時でも何とかするというQBではない。ここ数試合のように毎シリーズ得点できている間は問題はないが、そうでない場合どうするか。ファルコンズ自体、今シーズン中盤で負けが多く、最終週まで1st Round Byeを決められなかったことを忘れない方がいい。

一方のペイトリオッツ。チャンピオンシップまでほとんど毎年進み、その結果スーパーボウルにも20年間で7回目の登場である。これだけ出ていると、勝利への執念という点でどうなのか懸念があるが、今年に限ってはそういう心配はなさそうだ。というのは、序盤4試合サスペンドによりブレイディが出られなかったからである。

後から考えると、コルツ相手に空気圧で小細工しなくても勝てたことは間違いないのだが、リーグの調査に対する非協力と言われては致し方ない。いずれにしても、ベリチックもブレイディも、制裁を受けても関係ないということを示したいところだ。ブレイディ復帰以来、チームは13勝1敗、負けた相手はシーホークスだけである。

マット・ライアンとブレイディでは踏んでいる大舞台の数が違うので、不調の時でも何とかできるかどうかの差はかなり大きいとみている。一発勝負なので、ライアン絶好調・ブレイデイ絶不調というケースもありえるのだけれど、そうでなければ最後は経験値が生きてくると思う。久々にベリチック得意のサヨナラFGがありそうで、ペイトリオッツのML中心に。

[Feb 3, 2017]

カテゴリーNFL