009 雨天決行!ギリヤーク新宿公演 [Oct 13, 2014]

平成26年10月13日、台風19号は九州から四国に向けてゆっくりと進んでいた。東京の降水確率は80%。台風本体の雨雲は遠いものの、気圧の谷が近づいて雨はほとんど決まりという状況であった。とはいえ、2、3日前にはちょうど台風が来る日にぶつかるという予想だったから、不幸中の幸いだったといえなくもない。

気が付いてみると、もう今年も残り2ヵ月余り。北海道・旭川までギリヤーク師を見に行ったのだけれど空振りに終わり、今年はまだ師匠の演舞を見ていない。今年やるとすれば10月の新宿と冬の川越しかない。新宿公演は、体育の日の振休と決まっている。

これまでギリヤーク師を見に行った時は、ずっと天気に恵まれていた。公演のお知らせには「雨天決行」と書いてあるし、トークでは雨の中で客が2人しかいなかったという話もしていたから、暴風雨でなければおそらくやるだろうと思い、10月13日の午後2時前、三井ビル55広場に向かったのでした。 “009 雨天決行!ギリヤーク新宿公演 [Oct 13, 2014]” の続きを読む

008 ギリヤークのいない旭川 [Jul 11, 2014]

今年の夏休みは、日程的に7月第1週以外は難しい状況であった。7月第1週といえばラスベガスでWSOP(世界ポーカー選手権)メインイベントが開催されるのであるが、残念ながら予選を通過しないと自費では出場が難しい(参加費$10,000)。もう一つの楽しみとして、夏はギリヤーク尼ヶ崎師匠の北海道公演があり、昨年は中止となったが今年はやりそうな雰囲気であった。

ところが、なかなか2014年の北海道公演日程が明らかにならない。ファンサイトgilyakamagasaki.comの更新はここ1年以上なく、やるのかやらないのか、やるとすれば日程はどうなのか、まったく情報がない。北海道各地のイベント情報を調べても出てこない。ようやく見つけた川越のファンクラブサイトでも、札幌・函館のみとか、10会場とか、情報が錯綜している。 “008 ギリヤークのいない旭川 [Jul 11, 2014]” の続きを読む

007 ギリヤーク2013川越公演 [Dec 1, 2013]

10月体育の日の後は、12月第一日曜日の川越公演というのがギリヤーク尼ヶ崎師匠のレギュラースケジュールである。11月はじめは急に冷え込んでびっくりしたけれど、中旬以降は暖かな陽気が続いて何よりである。WEBで検索したら、川越のイベント紹介に「12月1日 ギリヤーク尼ヶ崎公演」とあったので、今年は奥さんと車で出かけてみた。

途中インド料理店でスペシャルセット(カレー2種とナン、ライス。タンドリーチキンと海老、ラッシー)を頼んだらとてもおいしくて、大変に満足して開演40分前に成田山川越別院に到着。例によって「じょんがら一代」ののぼりが立ち、地面にろう石で○印と「青空舞踊公演」と書いてある。その周りには、早くもレジャーシートが何枚か敷かれている。

思わず、「もう集まってるよ」と奥さんを振り向くと、その向こう側、トイレ近くの日陰にギリヤーク師匠本人がいらっしゃる。別にトイレに行きたい訳ではないらしく、顔なじみの人とおしゃべりしている。話好きなものだから、おしゃべりが終わらないらしい。 “007 ギリヤーク2013川越公演 [Dec 1, 2013]” の続きを読む

006 ギリヤーク再起!新宿公演2013 [Oct 14, 2013]

ギリヤーク師の今年の北海道公演が中止となって以降、その後の状況は全く入ってこなかった。ご本人はネット上の配信など論外であろうし、検索しても私のブログが上位に入っている始末である。こうした中、新宿三井ビル55ひろばのサイトを定期的にチェックしていた。昨年の公演で、「来年もまたここでやります。」と話していたからだ。

10月の初めに、「10月14日 ギリヤーク尼崎 東京公演(大道芸)」の記事がupされた。前の週には、掲載されていなかったはずだ。昨年からの予約をupしているのならもっと前から掲載されていたはずで、このタイミングなら本人がやると連絡してきた可能性が大きい。「主催:ギリヤーク尼崎」にはちょっと笑った(「主催者はどちらですか?」と聞かれて、「私が主催です」と答えたのだろうか)。

ファンサイトにも告知が出てこないので、半信半疑で新宿に向かう。天気もいいので、帰りに何か食べさせるからと奥さんを連れて行く。奥さんがギリヤークを見るのは北海道以来である。55ひろばに着いたのは1時半すぎ。近藤正臣寄贈ののぼりがはためいている。思わず奥さんに、「本当に来たよ!」と叫んで、「大声出さないで!」と注意される。 “006 ギリヤーク再起!新宿公演2013 [Oct 14, 2013]” の続きを読む

005 ギリヤーク、道新記事を調査 [Aug 12, 2013]

さて、今回北海道に行くにあたり、ぜひとも調べたいと思っていたのがギリヤーク尼ヶ崎師匠の北海道公演中止に関する詳しい情報であった。WEB情報によると、6月26日の道新(北海道新聞)に載っていたらしいのだが、検索しても出てこない。北海道新聞のWEB記事検索は会員制で有料である。となると、地元の図書館に行って現物を探すのが一番早い。

8月5日午後3時。札幌市内に着いて場外市場「北のグルメ亭」で海鮮丼のお昼をとって道内モードに入った私と奥さんは、二十四軒で地下鉄に乗り西十一丁目で下りて、札幌市中央区役所の図書室を訪れた。あいにく開架してあったのは7月分だけだったので、係りの人に「道新の6月分はないでしょうか?」と尋ねた。 “005 ギリヤーク、道新記事を調査 [Aug 12, 2013]” の続きを読む

004 ギリヤーク、2013北海道公演中止 [Jul 9, 2013]

さて、夏になるとギリヤーク尼ヶ崎師匠の北海道公演である。昨年は釧路に遠征したのだけれど、今年の予定はどうしようとファンサイトの告知を待っていたのにお知らせが出てこない。例年、公演が始まる7月に入っても、音沙汰なしのままである。おかしいなとWEB上をいろいろ探していたところ、最新情報を入手することができた。

そのサイトは苫小牧のLIVE HOUSE アミダ様というお店。1977年開店で、ロック、ジャズなど音楽だけでなく、芝居、落語、パフォーマンスなど幅広くライヴを提供しているということである。ここのサイトの2013年6月29日の更新で「ギリヤーク尼ヶ崎公演中止のお知らせ」が掲示されている。内容は以下のとおりである。 “004 ギリヤーク、2013北海道公演中止 [Jul 9, 2013]” の続きを読む

003 ギリヤーク2012川越公演 [Dec 2, 2012]

ギリヤーク尼ヶ崎の年末最終公演は、このところ小江戸・川越で行われるようである。ところが、11月に予定されていた名古屋での公演予定を体調不良でキャンセルしており、ファンサイトにもいつまで待っても告知されない。

実はこの日(12/2)は、出張から朝一番の飛行機で帰って、速攻で着替えて川越に向かう予定であったので、空振りとなると大変つらい。念のため、新宿公演で配られたチラシの裏に書いてあった川越の電話番号に掛けてみた。最初に女性が出たので、

「ギリヤーク尼ヶ崎の公演予定について聞きたいのですが・・・」

と尋ねたところ、 “003 ギリヤーク2012川越公演 [Dec 2, 2012]” の続きを読む

002 ギリヤーク2012新宿公演 [Oct 8, 2012]

釧路公演を見て、個人的に注目度が赤丸急上昇中のギリヤーク尼ヶ崎。秋は恒例となっている(模様の)新宿公演。体育の日の午後、西口・三井ビルまで出かけてみた。

ファンサイトには2時半からと書いてあったのだが、2時過ぎに到着してみるとすでにギリヤークは着替え中であった。この人の場合は踊り始めるまでがすでにパフォーマンスなので、見逃す訳にはいかない。釧路よりも人が多いのは、さすが新宿新都心。前の方のビニールシートが敷いてある所は満席。いす席も前の方は埋まっている。すでに200人近い観客である。 “002 ギリヤーク2012新宿公演 [Oct 8, 2012]” の続きを読む

001 ギリヤークを見に行く(2012釧路公演)

ギリヤーク尼ヶ崎、1930年生まれだから今年82歳。最後の大道芸人と呼ばれる舞踏家である。「マルサの女」宝くじの男を見てそのインパクトある存在を知ってはいたものの、実際に見たことはなかった。しかし80歳を超えていまだ現役、そろそろ実物を見ておかないと後悔することになりかねないと思って、今年の春あたりから機会を探っていた。

ところが、ファンサイト”gilyakamagasaki.com”に2012年の北海道公演のスケジュールが掲載されたのが7月に入ってから。公演日程は7月1日から8月5日までなのであまり日にちがない。どうやら行けそうなのが7月28日の釧路なので、急きょ調整して土・日で釧路往復のエアを確保した。カシノではないので奥さんも一緒の北海道一泊二日の遠征である。 “001 ギリヤークを見に行く(2012釧路公演)” の続きを読む