072 御前山 [Jun 3, 2018]


この図表はカシミール3Dにより作成しています。

 
鷹ノ巣山に登った後、前々回に途中で挫折した檜洞丸を目指そうと思っていた。ところが、WEBでいろいろ見ていると、もう虫やらヒルやらが出始めたらしい。5月に行った七ツ石小屋では冬かと思うくらい寒かったのに、一転して夏日・真夏日だと言うし、梅雨入り間近で湿度も高い。 “072 御前山 [Jun 3, 2018]” の続きを読む

071 鷹ノ巣山・石尾根 [May 10-11, 2018]


この図表はカシミール3Dにより作成しています。

丹沢・蛭ヶ岳から帰って、いまひとつ「やり残した感」があった。当初は蛭ヶ岳から桧洞丸へ縦走して西丹沢に下山する計画だったにもかかわらず、前日に足を攣ってしまいペースが上がらなかったこともあり、予定変更して姫次から東海自然歩道を下りてきてしまったからである。 “071 鷹ノ巣山・石尾根 [May 10-11, 2018]” の続きを読む

064 リベンジ!!本仁田山 [Nov 26, 2017]


この図表はカシミール3Dにより作成しています。

10月は長いことお遍路歩きに出ていて、その間右足親指の爪を痛めてしまったので、剥がれるまでの間は山歩きを控えていた。ようやく爪の状態が落ち着いたら11月の下旬。今年は長雨の後、急に寒くなって12月下旬とか1月上旬の気温と言っている。 “064 リベンジ!!本仁田山 [Nov 26, 2017]” の続きを読む

063 浅間嶺 [Oct 1, 2017]


この図表はカシミール3Dにより作成しています。

さて、この秋2度目の山である。お遍路の13泊14日が控えているので日帰り圏で考えたいところだが、前回の本仁田山で朝の電車乗り継ぎが難航するのには懲りた。前泊することも考えたが、それよりも最短経路で現地入りした方が安いし手間もかからないし、荷物も少なくて済む。天気がよくなりそうな週末だったけれども、休日パスは使わずに北総線と武蔵野線で西に向かう。 “063 浅間嶺 [Oct 1, 2017]” の続きを読む

062 本仁田山(撤退) [Sep 9, 2017]


この図表はカシミール3Dにより作成しています。

例年通り虫と蜂の多い夏の期間は山歩きはお休みで、9月の声を聞いていよいよ再開の機運が高まってきた。2017年の夏は暑い日が比較的少なくて、8月終盤から30℃を超える日があまりなくなった。加えて朝晩が涼しいので、山に行くにはなかなか良好なコンディションである。唯一気になるのは、ウィークデイが雨模様で土日が好天という天気予報である。 “062 本仁田山(撤退) [Sep 9, 2017]” の続きを読む

061 大岳山 [May 28, 2017]


この図表はカシミール3Dにより作成しています。

 

ゴールデンウィークに高原山を歩いたが、標高差がそれほどなかったので足も痛くならなかった。そろそろ本格的に歩かなければならないと思って考えてみたら、しばらく奥多摩に行っていないことに気がついた。奥多摩では、以前登った鋸山に再挑戦するつもりでいたのに、あれからかなり経つ。という訳で、大岳山から鋸山のコースを歩いてみることにした。 “061 大岳山 [May 28, 2017]” の続きを読む

056 醍醐丸・臼杵山 [Dec 21, 2016]


この図表はカシミール3Dにより作成しています。

2016年の12月下旬はことのほか暖かく、最高気温が20 ℃近くに上がる日もあるくらいであった。例年だとこの時期には房総に出かけるのだが、まだ雪も積もっていないし寒くもないようなので奥多摩に行くことにした。 いろいろ考えて、前回臼杵山を残した戸倉三山を完結しようという計画を立てたのである。

前回は、今熊山登山口から今熊山、刈寄山、市道山と経由して笹平に下った。そのコースでも下山が予定より1時間遅れてしまったので、私の脚力では1日に3山というのは無理である。そこで、直接市道山に登って臼杵山というコースがないか調べると、陣馬高原下から和田峠を経由するコースがある。主要登山道ではないもののトレランにも使われているので、ここを登ってみることにした。 “056 醍醐丸・臼杵山 [Dec 21, 2016]” の続きを読む

055 刈寄山・市道山 [Dec 3, 2016]


この図表はカシミール3Dにより作成しています。

前回の釈迦ヶ岳では、1/25000図では2、3時間で行って帰って来られる距離のはずなのに、大バテしたあげく予備の水がなくてひどい目にあった(自業自得だが)。しばらく山に行っていなかったので、準備も体力も不足していたのではないかとたいへんに反省したところである。

できるだけ早くもう一度行こうと思っていたのに、なんと11月に積雪という50年に一度の異常事態となり、天気を待っているうちに12月になってしまった。計画するにあたって、できるだけアップダウンのある稜線を歩いてみようと思った。そして、1000mを越えると雪が残っているおそれがあるので、その心配がない低山を探していたところ、戸倉三山という山が見つかった。 “055 刈寄山・市道山 [Dec 3, 2016]” の続きを読む

046 棒ノ折山 [Jun 25, 2015]


この図表はカシミール3Dにより作成しています。

気が付くともう梅雨である。今年の春山は丹沢梅の木尾根からスタートして、奥多摩登り尾根、雁峠から白沢峠、甲武信ヶ岳と3回の泊りがけで随分がんばった。春の締めくくりにもう1日と思っていたら、梅雨の合間の平日に1日休みが取れた。あまり計画に時間をかけられなかったものだから、以前から計画表だけは作っていた棒ノ折山に行くことにした。 “046 棒ノ折山 [Jun 25, 2015]” の続きを読む

043 奥多摩小屋(爆) [Mar 27-28, 2015]


この図表はカシミール3Dにより作成しています。

※ 奥多摩町・雲取山荘のHPによりますと、奥多摩小屋は平成30年度一杯で閉鎖することが決まり、2018年4月からすでに管理人は常駐していないそうです。この記事の小屋番氏も、雲取山荘の関係者なんだろうな。

昨年は雪が多いなんてもんじゃないくらい多くて、この時期奥多摩に行くことはできなかった。だから2年振りの登り尾根である。一昨年と同じく3月最終週の金曜日から土曜日、多少雪は残っているもしれないので軽アイゼンを持って行く。今回は雲取山までは行かずに奥多摩小屋で一泊、翌日は七ツ石山から鷹ノ巣山まで縦走しようという計画である。 “043 奥多摩小屋(爆) [Mar 27-28, 2015]” の続きを読む