711 ケアンズ雑感2 [Nov 8, 2005]

リゾカジやWEBで親しくさせていただいている生独さん・クラクラさんのご結婚式に出席させていただくため、9月に続きオーストラリアに行ってきた。

燦燦とふりそそぐ陽光の下、コーラル・シーに望む素敵なチャペルで、ダンディーな新郎生独さん、かわいらしい花嫁のクラクラさんのお二人は本当に輝いていらっしゃいました。そして、リーフに戻ってMITさん・ちくわさんの司会で行われた披露パーティーの楽しかったこと!初めて参加させていただいた家の奥さんもとても楽しかったと感謝していました。 “711 ケアンズ雑感2 [Nov 8, 2005]” の続きを読む

710 ケアンズ雑感 [Sep 28, 2005]

一昨日まで行って来たオーストラリアであるが、これまでの私がかの地に抱いていたイメージといえば、ゴルゴ13の「シンプソン走路」によるところが大きい。もう20年も前の作品であるので、ご存じの方はあまりいないかもしれないが、アポリジナル反乱軍(解放戦線)の鎮圧のため首謀者の暗殺を依頼されたゴルゴが、砂漠を越えて反乱軍の本拠に近づき、首謀者であるコリアー・マスグレーブ少尉を狙撃するというストーリーである。 “710 ケアンズ雑感 [Sep 28, 2005]” の続きを読む

515 テニアン2007年 [Mar 3, 2007]

#1 もう後がない

今回のテニアンはかなり追い詰められた状況での遠征であった。というのは、昨年1年間の遠征成績は1勝6敗、今年もすでにマカオで1敗している。1回1回の負けは致命傷というわけではないが、6つも負け越すとあまりしゃれにはならない金額の負けになる。もし今回負けることになると、おそらく今年前半はもう資金的にどこにも行けないだろうと思われた。マイルと宿代はあっても原資が底をついているのである。 “515 テニアン2007年 [Mar 3, 2007]” の続きを読む

514 やってくれたぜノースウェスト(2006年秋のテニアン) [Sep 11, 2006]

#1 NW076離陸せず

今回の記事は、先週末に行われたテニアンポーカートーナメントの結果をお伝えする予定であったが、なんということでしょう。トーナメント開始時刻の現地時間9月2日土曜日の午後8時には、私はまだ成田空港近くのエクセルホテル東急にいたのである。なぜ午前8時には成田空港に着いていたのにこういうことになったのかというと、そう、ノースウェストがやってくれたのです。この日のNW076便がなんと11時間遅れというとんでもないことを。 “514 やってくれたぜノースウェスト(2006年秋のテニアン) [Sep 11, 2006]” の続きを読む

513 1$=¥130!?(テニアン2006年春) [Feb 27, 2006]

さて、今回のテニアンは私にとって06年の打ち初めであった。リゾカジメンバー限定の5Kプログラムを使って、3泊ルーム&食事コンプをもらおうと計画して、邦貨と現地通貨(比貨ではない)を持ってテニアン入りしたのだが、レートを見て驚いた。「1$=¥130」と書いてある。確かに最近の円安により110円台後半で推移してはいるが、130円である。400K邦貨が4K近くになる予定が、3Kにしかならないのだ。 “513 1$=¥130!?(テニアン2006年春) [Feb 27, 2006]” の続きを読む

512 テニアン2005年7月 [Jul 9, 2005]

#1 フリーダムエアで危機一髪

昨日まで3日間、今年3回目となるテニアンに行って来ました。今回は本当にいろいろなことがあって濃い3日間となったのですが、返す返すも残念なのは前の週ずっと忙しくて体調が万全でなかったことでした。 “512 テニアン2005年7月 [Jul 9, 2005]” の続きを読む

511 JALサイパン便撤収 [May 31,2005]

JALの成田・サイパン便が10月以降撤収だそうである。7~9月はオンシーズンでエアーも高くなるし、台風の来る時期でもあるので、その前の6月下旬にテニアンに行こうと思っていたのだが、なぜか2、3週続けてJALもNWAも満席である。こんなに混むならなんで止めるんだ、と頭に来ていたのだが、ようやくその原因が分かった。天皇皇后両陛下のサイパンご訪問である。 “511 JALサイパン便撤収 [May 31,2005]” の続きを読む

510 テニアン・ダイナスティ [Apr 2, 2005]

注.この記事は2005年4月に作成し、当時の記事をそのまま掲載してあります。サービス内容その他は最新情報をご確認ください。

1.アクセス

日本から近いカシノというと、まず韓国、そしてマカオがあるが、テニアンも全く引けをとるものではない。サイパンまで約3時間半、そこからセスナで10分。朝成田を出れば、マイナス1時間の時差をカバーして、夕飯前にひと勝負が可能である。 “510 テニアン・ダイナスティ [Apr 2, 2005]” の続きを読む

310 For here or to go? [Dec 19, 2007]

今回の遠征(もう、ひと月近く前になるが)は短かった割にいろいろ新しい経験があって楽しかったのだけれど、その一つに、つい最近覚えた慣用句をが使えるシチュエーションがあったことがある。

その言葉とは、“For here or to go?”。エクスカリバーのファーストフード、Manchu Wokで言われたのだけれど、迷わず”For here!”と答えられたのはうれしかった。この言葉の意味は、想像できるように「お召し上がりですか?お持ち帰りですか?」で、その場で食べていく場合は”For here.”持ち帰りは”To Go.”となるのであった。 “310 For here or to go? [Dec 19, 2007]” の続きを読む