521 はとのす荘(鶴の湯温泉) [Oct 4, 2017]

今回の山行は鳩ノ巣発着となった。休日パスなので奥多摩まで行っておくたま号に乗るつもりだったのだが、あいにく下り電車が出たばかりだったので、そのまま線路を越えて川沿いに出た。日帰り入浴のできる「はとのす荘」までも歩いて5分と看板に書いてある。

集落の名前が棚沢なのに、なぜ鳩ノ巣というのかというと、江戸時代、振袖火事として有名な明暦の大火(1657)の際、建て直しのため材木が必要となり、ここ多摩川上流から多くの木々が伐り出された。

それだけ人手も必要だったことから、このあたりに人足の飯場が置かれ、神社も作られたのだが、その神社に鳩が巣を作り、それを見た人足たちが鳩ノ巣と呼んだのが始まりという。地名由来としては比較的新しく、それで集落の名前(当然江戸時代よりずっと前からある)と地名が違うのであった。

現代こそ小河内ダムがあり白丸ダムがあるのでここまで材木は流れてこないが、江戸時代のことであるから遮るものは何もなく、水量もいまよりずっと多く、それこそ鷹ノ巣山の麓のあたりから丸太をたくさん流してきたのだろう。想像するだけで雄大な景色である。

その鳩ノ巣渓谷に面して、つい最近、2015年にリニューアルオープンしたのが「はとのす荘」である。確かに、建物も駐車場周りもたいへん新しい。この宿はもともと国民宿舎として営業されていて、数年前から建て替えのためクローズとなっていたが、こうして新築されたのである。古い1/25000図には「国民宿舎」と記載されている。

雨除けになっているエントランスから入ると、まるでホテルのようなフロントがある。「日帰り入浴はできますか?」とお伺いすると、

「時間は3時までとなりますが、それでよろしいですか」

おっと、時間制限があるとなると登山帰りには気を付けなければならない。幸い、この日はまだ2時15分なのでまだ十分時間がある。1130円の入浴料を払って入場。

「正面を進んで左側になります。いまさっき10人ほど学生さんが入れられたので、ちょっと混んでいるかもしれません」

ということだったが、中には露天風呂と内湯があり、スペースにはまだ余裕があった。さすが奥多摩。日帰り入浴のできる施設は必ず客足が伸びる。時間限定だとそれほど収入はないかもしれないが、長く続けてほしいものである。

さて、こちらの温泉は「鶴の湯温泉」である。「鶴の湯温泉」といえば、小河内ダムの湖底に沈んだ源泉であり、ポンプで引き上げて奥多摩町の旅館・民宿にタンクローリーで配湯している温泉として有名である。泉質はアルカリ性単純硫黄泉、硫黄の匂いはほとんど感じられないが、奥多摩の他の温泉と同様にすべすべ感がある。

まだ新しいので、施設は清潔で手入れが行き届いている。先客の学生さんたちも大騒ぎするでもなく常識的で、早い人達はすでに洗面所を使って身支度を整えている。一安心して、空いていたカランを使って体を洗い、湯船で手足を伸ばす。この日は久しぶりの山歩きで結構しんどかったので、太ももやふくらはぎをマッサージする。

「もう3時だ。急ごうぜ」と撤退する学生さん達の後、スペースのできた脱衣所で着替える。CW-Xから普通の下着に着替えると、いっぺんに手足が開放的になった。この日の朝は乗り継ぎ不調で奥多摩まで4時間かかったけれど、帰りは順調に3時間で家に着いたのでした。


はとのす荘エントランス。鳩ノ巣に下りる場合便利だが、日帰り入浴は午後3時までなので注意。

922 恵山荘 [Jul 21, 2017]

北海道温泉シリーズ、第2弾は恵山温泉である。恵山には岩の間から温泉が湧く水無海浜温泉という有名な温泉もあるのだが、こちらは海岸からちょっと上がった高台にある、恵山荘という国民宿舎があって、ここに計3回泊まった。現在では建て替えられて民営化されている。

“922 恵山荘 [Jul 21, 2017]” の続きを読む

921 見市温泉 [Jul 14, 2017]

いまホームページをWordpressに移行する作業をしていて、この間「温泉」の記事をひととおり移し終わったところである。作業をしていて、北海道で入った温泉はもっとたくさんあるなあと思った。しかし、昔行った温泉はデジタル画像が残っておらず、画像なしでは迫力がないので記事にしないまま今日に至っている。 “921 見市温泉 [Jul 14, 2017]” の続きを読む

520 七沢温泉 [May 9, 2017]

鐘ヶ嶽に登った後、クアハウス山小屋に下りる予定が尾根を間違えて広沢寺温泉に下りてきてしまった。そのまま舗装道路を歩いて行くと、七沢荘の看板があったので立ち寄り湯に寄って行くことにした。七沢温泉と書いてあるが、七沢温泉街とは少し離れていて、広沢寺温泉入口バス停から歩いて5分である。

“520 七沢温泉 [May 9, 2017]” の続きを読む

719 小滝鉱泉 [Jun 2, 2017]

八方ヶ原林道の途中から左に入る道があって、その奥に赤滝鉱泉、小滝鉱泉という二つの鉱泉があることは以前からチェックしていた。いつか泊まってみたいものだと思っていて、今年のゴールデンウィークにたまたま空いていたので、小滝鉱泉の予約を押さえることができた。5月1日の1泊で、空模様をみて当日か翌日かに高原山に登ろうという計画である。 “719 小滝鉱泉 [Jun 2, 2017]” の続きを読む

920 函館山の手温泉 [Aug 21, 2016]

前日に昭和温泉を制覇したので、谷地頭系列であと残すのは山の手温泉である。この温泉、大体の場所は分かるのだがバスでどう行くのかがはっきりしない。路線図に「山の手団地」という停留所があるので、そのあたりだろうと見当をつける(実際は違った)。

この日の昼間には千代台公園に用事があったので、行きがけにバスの時刻表を見る。山の手方面行きは60番系統で、2、3時間に1本しかない。時間的に都合がよさそうなのは3時20分というバスだが、それでもイベントが終わる1時半から2時間近くある。そこで、前に出張の時に来たことがある千代台公園のプールで泳ぐことにした。 “920 函館山の手温泉 [Aug 21, 2016]” の続きを読む

919 函館富岡温泉 [Aug 20, 2016]

この温泉に来たのは、本当にたまたまであった。

つい1時間前に、昭和温泉に行って汗を流してきたばかりなのである。再びバス通りに出て、五稜郭方面行きのバスに乗った。ところが、この日もう一つ片づけなくてはならない用事があった。洗濯である。 “919 函館富岡温泉 [Aug 20, 2016]” の続きを読む

918 函館昭和温泉 [Aug 20, 2016]

五稜郭から四稜郭まで歩いて、かなりバテてしまった。幸い、台風の影響での雨風はみられないものの、雲の合間からのぞく日差しは強烈で、Tシャツもズボンもびしょびしょである。幸い、帰りは下り坂なので行きよりは全然楽である。彼方に函館山と函館市街を望みながら、幹線道路まで下って行った。 “918 函館昭和温泉 [Aug 20, 2016]” の続きを読む

917 谷地頭温泉 [Sep 28, 2015]

函館出張の合間に、谷地頭(やちがしら)温泉に足を伸ばしてみた。函館市内の温泉といえば、競馬場の近く、旅館街の立ち並ぶ湯の川温泉が非常に有名だが、こちら谷地頭温泉も前からガイドブックに載っている。数十年前には小さな地元のお風呂屋さんのようだったが、近年施設を整備して、近代的な建物となっている。 “917 谷地頭温泉 [Sep 28, 2015]” の続きを読む