400 四十番観自在寺 [Oct 14, 2017]


この図表はカシミール3Dにより作成しています。

秋沢ホテルの夜は、あまりよく眠れなかった。ベッドに横になったのが夜の8時半と早すぎたせいか、夜中に目が覚めた。体があちこち痛い。前の晩、コインランドリーが下の階にあって、エレベータが面倒なので階段で上り下りしていたら、膝のあたりがくがくした。パブロンとロキソニンを飲んで何とか眠った。 “400 四十番観自在寺 [Oct 14, 2017]” の続きを読む

390 三十九番延光寺 [Oct 13, 2017]


この図表はカシミール3Dにより作成しています。

2017年10月13日の夜が明けた。夜のうちに降っていた雨は止んで、ベランダから見える入り江の岩壁には白い波がおだやかに打ち寄せている。前日は暑くてたいへん苦しかったが、この日も暑くなりそうな気配である。 “390 三十九番延光寺 [Oct 13, 2017]” の続きを読む

381 番外霊場月山神社 [Oct 12, 2017]


この図表はカシミール3Dにより作成しています。

 

さて、迎えて7回目となる四国札所の区切り打ち、今回は土佐清水からのスタートである。1年ぶりにスケジュールの制約がないので、高知空港に入って松山空港から帰るという長丁場のコースとしたのだが、計画段階で、前半と後半のペースがえらく違うことが気になった。 “381 番外霊場月山神社 [Oct 12, 2017]” の続きを読む

380 三十八番金剛福寺 [Apr 2, 2017]


この図表はカシミール3Dにより作成しています。

真念庵を出て、行きとは逆方向に山道を行く。お堂は荒廃気味だったのだが、参道は道幅こそ狭いけれども整備されている。丁石がいくつかあったので、ドライブイン水車まで4~500mは歩いただろう。 “380 三十八番金剛福寺 [Apr 2, 2017]” の続きを読む

370 三十七番岩本寺 [Mar 30, 2017]


この図表はカシミール3Dにより作成しています。

第六次お遍路2日目の朝になった。移動翌日の朝は、これから一日中歩きになるため、若干の緊張感がある。そして、この日の行程は岩本寺までで、大坂遍路道が工事中で通れないという情報もあったのでそれも気になっていた。 “370 三十七番岩本寺 [Mar 30, 2017]” の続きを読む

361 番外霊場大善寺 [Mar 29, 2017]


この図表はカシミール3Dにより作成しています。

お遍路区切り打ちも、第6次となる。前回は「発心の道場」阿波を抜けて、「修業の道場」土佐に入った。最終日には高知市街を抜けて須崎の手前まで歩いたが、これから次の難関である足摺岬に向かうことになる。 “361 番外霊場大善寺 [Mar 29, 2017]” の続きを読む

360 三十六番青龍寺 [Oct 20, 2016]


この図表はカシミール3Dにより作成しています。

2016年10月20日、今回の区切り打ち最終日である。飛行機は翌21日の昼便を取ってある。

出発前にはどこまで進めるか分からず、あまり細かい計画を立てると楽しくないということもあって、歩き始めてから天候や体調をみて決めようと思っていた。結果的に天気に恵まれ、体調もよかったので、最終日には想定した最も先の札所である三十七番青龍寺に直接向かうことができた。

“360 三十六番青龍寺 [Oct 20, 2016]” の続きを読む

350 三十五番清滝寺 [Oct 19, 2016]


この図表はカシミール3Dにより作成しています。

種間寺から仁淀川大橋までの間も、かつて歩いたことのある道である。記憶では15分ほど歩くと細い道の両側に農協か何かの建物があって、昔は村の中心だったのかと思ったように覚えている。しかし今回は、種間寺を出てすぐ、工事標識で通せんぼされていて、前にガードマンの人がいる。

“350 三十五番清滝寺 [Oct 19, 2016]” の続きを読む

340 三十四番種間寺 [Oct 19, 2016]


この図表はカシミール3Dにより作成しています。

雪蹊寺から歩いた1日が、この区切り打ちでは最もグッドコンディションだった。曇り空で10月らしく涼しく、前日までのように太陽がじりじりと照りつけることもない。スケジュールにも余裕ができたし、歩き方もだんだん分かってきたので、心身ともにリラックスして歩くことができた。

“340 三十四番種間寺 [Oct 19, 2016]” の続きを読む