200 二十番鶴林寺 [Feb 25, 2016]


この図表はカシミール3Dにより作成しています。

立江寺の次はいよいよ阿波第二の遍路ころがし・鶴林寺である。この間の距離は13.1km。JR徳島駅からの累計では約27kmになる。無理すれば1日で歩けないことはないが、寺には宿坊がなく近くに宿泊施設もない(昔はあったらしい)。だからその日のうちに参拝できたとしても山を下って勝浦町に戻るか、先に進んで大井小学校跡あたりで野宿することになる。

とはいえ次の日に平等寺まで行ったとして、それより先に進むと次の薬王寺まで19.7kmもあってしかも途中に宿がない。それこれ考え合わせると、朝に鶴林寺、昼に太龍寺、夕方に平等寺というのがこのあたりを歩く際の常識的なスケジュールとなる。であれば、無理して鶴林寺まで登らなくても麓の勝浦町で泊まり、翌朝に鶴林寺というのが望ましいように思われた。 “200 二十番鶴林寺 [Feb 25, 2016]” の続きを読む

190 十九番立江寺 [Feb 25, 2016]


この図表はカシミール3Dにより作成しています。

恩山寺から立江寺までは、これまで歩いて来た国道55号線ともJR牟岐線とも離れた内陸部を歩く。

まず分からなかったのは、恩山寺の本堂から次の立江寺に向かうへんろ道である。「弘法大師御母公ゆかりの地」の石碑のあたりで道案内を探したのだが、見つからない。行きに通ったへんろ道にはそうした道案内はなかったので、舗装道路の車道を下ることにした。 “190 十九番立江寺 [Feb 25, 2016]” の続きを読む

180 十八番恩山寺 [Feb 25, 2016]


この図表はカシミール3Dにより作成しています。

2016年が明け、お遍路も2年目に入った。サラリーマン生活も延べ36年に及び、この先何をするにしても禊(みそぎ)はしなければならないとお遍路を思い立ったのは2015年夏。その後2015年に3回のお四国で十七番札所までお参りした。今年はいよいよ新たな出発の年、より本格的に歩くつもりである。 “180 十八番恩山寺 [Feb 25, 2016]” の続きを読む

170 十七番井戸寺 [Nov 2, 2015]


この図表はカシミール3Dにより作成しています。

十六番観音寺を出た時点で、すでに時刻は3時近い。予定ではすでに井戸寺を出ていなければならない時間であり、ちょっとあせる。徳島駅前の「びざんの湯」で汗を流して着替えるためには、少なくとも4時には井戸寺を出発したいところである。

十六番観音寺から十七番井戸寺までは市街地を通る。方向としてはJRの線路を南から北へ渡るので、そんなに大きく間違いようがないけれども、それでも道間違いは避けたい。山野袋に入れておいた遍路地図のコピーを取り出し、手に持ちながら歩く。

しかしながら困ったことに、このあたりの遍路地図は南北逆さなのである。私にとっては、北が上の方がずっと分かりやすい。というよりも、そうでないと間違える。カーナビでさえ、進行方向を上にしていると訳が分からなくなるのである。 “170 十七番井戸寺 [Nov 2, 2015]” の続きを読む

160 十六番観音寺 [Nov 2, 2015]


この図表はカシミール3Dにより作成しています。

十五番阿波国分寺を出ると、周囲は建て込んだ住宅地である。十三番大日寺から鮎喰川を渡ってから、方向がよく分からない状態がずっと続いていて、国分寺を出たところでもちょっと迷った。遍路シールを頼りに住宅街を右左と進むと、一ノ宮の先、国府町延命からJR徳島線に向けて南北に通っている太い幹線道路に出た。

ここでようやく、方向感覚がしっくりきた。遠くに見える山も、どのあたりの稜線なのかようやく見当が付く。幹線道路だけあって信号待ちが長かったが、もう大丈夫である。十六番観音寺へは、幹線道路から斜めに北へ向かう遍路道に入って、2km弱歩くと右手に見えてくるはずである。 “160 十六番観音寺 [Nov 2, 2015]” の続きを読む

150 十五番国分寺 [Nov 2, 2015]


この図表はカシミール3Dにより作成しています。

常楽寺ではネコに阻まれてチョコクロワッサンを食べ損ねたので、お行儀は悪いが十五番国分寺までの道すがら食べながら歩く。午前中悩まされた雨はすっかり上がって、食べながら歩くのに何の支障もない。常楽寺の敷地を囲んでいる石垣を回り込むような形で、来た方向とは反対側に坂を下りて行くと両側に住宅が立ち並ぶ道に出た。

すでに時刻は1時半近く、予定した札所はあと3つ。歩きに1時間参拝に1時間とみると、井戸寺を打ち終わるのは早くて3時半。それから1時間半で徳島に着けば5時だから風呂には入れるが、それより遅いと6時過ぎの空港バスにギリギリである。 “150 十五番国分寺 [Nov 2, 2015]” の続きを読む

140 十四番常楽寺 [Nov 2, 2015]


この図表はカシミール3Dにより作成しています。

大日寺までの長丁場をクリアして、十三番から十七番まで5つの札所は比較的近い距離にある。このあたり、「国府」(こう)というJRの駅があり、国府町(こくふちょう)という地名がある。つまり、律令時代にはここに阿波国府があったということである。一ノ宮や国分寺もこの一帯にあることから、人も多く、寺も多かったことから札所も集中しているのだろう。

さて、道草を食っていた訳でもないのに、予定よりも1時間近く遅れてしまっている。神山温泉から大日寺まで思ったより距離が長かったのと、雨の中を登り下りして歩く速度があまり速くなかったためである。徳島に戻るのが遅れると、風呂に入って着替える時間がなくなってしまう。着替えるだけなら空港でもできるが、できれば風呂に入りたい。

十四番常楽寺へは大日寺の先を左に折れ、かどや旅館と名西旅館の前を、大日寺の建物を裏手から見ながら鮎喰(あくい)川に向かって進む。じきに石造りの道案内やお地蔵さんが現れ、この日はじめての遍路道らしい遍路道になった。 “140 十四番常楽寺 [Nov 2, 2015]” の続きを読む

130 十三番大日寺 [Nov 2, 2015]


この図表はカシミール3Dにより作成しています。

十二番焼山寺から十三番大日寺までの経路は、「四国遍路道指南」によると右衛門三郎の塚(杖杉庵)から、さうち村(左右内)、あかは村(阿川)、ひろ野村(広野)と順路が書かれているので(現在はすべて神山町である)、玉ヶ峠を越える山道(上の地図だと、鍋岩から府中、長代、本名を経由して広野で合流するルート)を行ったと思われる。

現在では神山町中心部まで下り、鬼籠野(オロノ)経由で広野に出る道が多くの人に使われている。こちらの方が道路がいいし、宿泊の便もいいからであろう。私もこの経路を選んだのだが、それは翌日歩く距離が短くて済むと思ったのと、神山温泉があるので山で疲れた後ゆっくりできると考えたからである。 “130 十三番大日寺 [Nov 2, 2015]” の続きを読む

120 十二番焼山寺 [Nov 1, 2015]


の図表はカシミール3Dにより作成しています。

さて、四国遍路遠征も三回目。今回は八十八札所中屈指の難所、「遍路ころがし」と呼ばれる十二番焼山寺の登り下りである。

こうして四国札所巡礼の連載記事を書いているが、WEB等に書かれていることを鵜呑みにして書いてもあまり意味がない。八十八札所は空海ゆかりとされているので、空海の開山とか本尊は空海作とかいう伝説があるのは仕方ないけれども、例えば阿波(徳島県)の多くの寺は戦国時代に焼けてしまっていて、江戸時代に蜂須賀の殿様が再興したのは違う場所だったりするのである。

公式ホームページに載っている由来は由来として、少なくとも、 文献が残されている江戸時代初期の資料くらいは目を通す必要がある。私が参考としているのは、真念「四国遍路道指南」、寂本「四国遍礼霊場記」、澄禅「四国辺路日記」の3つである。他にも古典とされる賢明「空性法親王四国礼場御巡幸記」があるものの、書籍・WEBでの入手のしやすさからこの3つを重視している。 “120 十二番焼山寺 [Nov 1, 2015]” の続きを読む

110 十一番藤井寺 [Sep 6, 2015]


この図表はカシミール3Dにより作成しています。

十番切幡寺から十一番藤井寺までは、およそ9.3km。遍路本のコースタイムで2時間40分という長丁場である。この間、吉野川を北から南に渡り、鴨島市内を抜けて山まで歩くと十一番藤井寺となる。名高い遍路ころがし、十二番焼山寺への山道は、藤井寺の境内からスタートする。

計画時点で迷ったのは、切幡寺から藤井寺に向かうか、それとも藤井寺は次回にして鴨島か阿波川島から徳島に戻るかということであったが、こればかりは実際に歩いてみないと分からないので、当日の体調をみて決めるつもりでいた。そういう含みもあって、帰りの時間が気になる夜の飛行機を止めて、この日は徳島泊まりとしたのであった。

切幡寺の坂を下り、再びスモトリ屋の前を通って門前町を抜け、さらに九番から歩いてきた通りを横断して先に進む。通りの南側にも商店があり、こちらの方がスペース的には広く取れているし駐車場完備である。

いまの世の中、駐車場がないと集客は難しいだろう。そんなことを考えながら歩いていると、今度は民家の壁沿いにベンチが置いてあって、マネキンのご遍路さんが長い脚を組んでいる。人形やらマネキンやら、いろんなものが置いてある町である。「ご自由にお休みください」と書いてあるが、十番を出たばかりで休むにはまだ早い。 “110 十一番藤井寺 [Sep 6, 2015]” の続きを読む