066 ロマンの森から市界尾根(Dec 23, 2017)


この図表はカシミール3Dにより作成しています。

伊予ヶ岳を無事歩いた後は、前回道を間違えたロマンの森である。平群天神社を11時前に出て20kmほど走り、ロマンの森の駐車場まで。支度が済んで11時半にはスタートできたから、時間には十分余裕がある。前回はバスの時刻に間に合わせようとあせったのがミスの一つの原因だったが、今回はそういうことはない。 “066 ロマンの森から市界尾根(Dec 23, 2017)” の続きを読む

065 伊予ヶ岳 [Dec 23, 2017]


この図表はカシミール3Dにより作成しています。

昨年末は寒くなるのが早く、ほとんど秋らしい日がないうちに冬になった。歳とったせいで夫婦そろって寒さは体に響くので、朝晩はエアコンなしではいられないくらいである。山歩きも、本仁田山で寒気がしたのが気になって、今年は12月から房総となった。 “065 伊予ヶ岳 [Dec 23, 2017]” の続きを読む

061 大岳山 [May 28, 2017]


この図表はカシミール3Dにより作成しています。

 

ゴールデンウィークに高原山を歩いたが、標高差がそれほどなかったので足も痛くならなかった。そろそろ本格的に歩かなければならないと思って考えてみたら、しばらく奥多摩に行っていないことに気がついた。奥多摩では、以前登った鋸山に再挑戦するつもりでいたのに、あれからかなり経つ。という訳で、大岳山から鋸山のコースを歩いてみることにした。 “061 大岳山 [May 28, 2017]” の続きを読む

060 高原山(ミツモチ) [May 2, 2017]


この図表はカシミール3Dにより作成しています。

2017年のゴールデンウィークはリタイア後初の大型連休であった。リタイアしているからといって毎日が休みということはなく、学校と同じように毎日職業訓練所ポリテクセンターに通っているので、平日は自由にはならない。幸い、5月の1日2日だけは訓練もお休みになったので、奥さんと山に行くことにした。場所は、昨年の秋痛い目に遭った高原山である。

平日とはいえゴールデンウィーク中であるので、早めに予約をとらなくてはならない。以前から気になっていた小滝鉱泉を5月1日泊で予約して、天気次第で1日ないし2日に登る計画を立てた。 “060 高原山(ミツモチ) [May 2, 2017]” の続きを読む

058 笹子塚 [Feb 12, 2017]


この図表はカシミール3Dにより作成しています。

木更津駅西口発鴨川亀田病院行きのバスは、中高年のグループで朝からたいへんに騒々しかった。少し離れたベンチでバスを待っている間は何とかなったけれど、バスに乗ってしまうとそういう訳にはいかない。回数券を買ったので運賃分取ってくれとか一人いくらかだとか幹事の人が大声を出す一方で、メンバーはおのおの勝手にしゃべっている。 “058 笹子塚 [Feb 12, 2017]” の続きを読む

054 高原山(釈迦ヶ岳) [Nov 13, 2016]


この図表はカシミール3Dにより作成しています。

久しぶりの山は、2年前に登ったのに霧の中で何も見えなかった高原山である。紅葉狩りを兼ねて奥さんも一緒なので、あまりきつくない山ということで選んだつもりであった。行く前には、2時間半で登って2時間で下りて、鬼怒川に回ってかご岩温泉に入って、まつたかでゆばを買って帰ろうと話していたのである。 “054 高原山(釈迦ヶ岳) [Nov 13, 2016]” の続きを読む

050 鹿野山 [Feb 6, 2016]


この図表はカシミール3Dにより作成しています。

冬の間は、引き続き房総である。2016年1月はあまり天気に恵まれなくて、週末になると天気が崩れて首都圏でも雪が積もったりした。そうこうしているうちに2月に入り、第1週の土曜日は風もなく暖かになりそうな予報だったので、今年初の山歩きに向かうことにした。

そして、今回はもう一つミッションがあった。近々予定しているお遍路歩きに備えて、これまでは登山靴やトレーニングシューズで歩いていたのだけれど、奮発してウォーキングシューズを新調したのである。私の足ではあまりサイズがなくて、八重洲のミズノで唯一履きやすかったLD40ⅢαSW、19,000円+税を買ったのであるが、その足慣らしをしなければならない。 “050 鹿野山 [Feb 6, 2016]” の続きを読む

049 関豊愛宕山・木之根峠 [Dec 30, 2015]


この図表はカシミール3Dにより作成しています。

塔ノ岳を登るのに大分と苦労したので、もう一度標高差のあるところに挑戦しようと思っているうちに年末となってしまった。冬から春にかけては房総の山歩きである。

房総の山は標高はないものの、結構アップダウンがあって歩くときつい。丹沢・奥多摩のように登山道が整備されていないので、道標もあまりないし踏み跡も微かである。地図に載っていない道もあるし、短時間で距離を歩いてしまうし、他の登山客と会うこともまれなので、迷うと大変である。 “049 関豊愛宕山・木之根峠 [Dec 30, 2015]” の続きを読む

047 尾瀬2015(小淵沢田代・尾瀬沼) [Sep 27-28, 2015]


この図表はカシミール3Dにより作成しています。

例によって夏の間は山に行かなかった。夏の低山は蜂とか虫がいるし藪もうるさいし、大量に汗をかいてしまうのであまり快くないということもある。秋のスタートは9月の最終週、そろそろ山は防寒着が必要になる時期である。久しぶりでもあり奥さんを連れてゆるいところということで選んだのは尾瀬。これで9月最終週は3年連続で尾瀬となる。 “047 尾瀬2015(小淵沢田代・尾瀬沼) [Sep 27-28, 2015]” の続きを読む

041 石尊山再挑戦 [Feb 21, 2015]


この図表はカシミール3Dにより作成しています。今回は赤線往復。前回間違えたのが紫線

さて、前回は見事に失敗してしまった石尊山(せきそんさん)、早めに行かないと春の房総はヒルの出るのも早い。2月後半の晴れた休日に、再挑戦することにした。

前回は電車だったが、今回は奥さんも来るというので車を使う。車が使えれば小回りが利く。もっとも紛れの少なそうなコースを検討した結果、石尊山頂上直下の電波塔の下まで車で入ってしまい、歩いてすぐの頂上から麻綿原に向かって稜線を南下していくことにした。 “041 石尊山再挑戦 [Feb 21, 2015]” の続きを読む