811 久しぶりの東北道走破 [Sep 19, 2005]

3連休で、奥さんと二人で北海道は函館まで行ってきた。というと、大方の人は飛行機か東北新幹線を使ったと思われるだろうが、ところがどっこい、青森まで車で行ったきたのである。

子供が小学生くらいまではよく家族で北海道までドライブ旅行をしたが、最近はそういうこともなく、東北道を走破したのは7、8年ぶりのことである。当時は私しか免許を持っていなかったので大変厳しいドライブだったが、いまは家族全員に免許があり、当然奥さんも運転するから、交代交代で楽ちんである。

土曜日は午前2時に出発して、昼前には盛岡到着。本場の盛岡冷麺を味わってから、十和田湖、奥入瀬、八甲田山を経て青森へ。青森駅に車をとめて、JRで函館まで。青函トンネルをくぐるのは初めてである。ドライブ旅行ではフェリーを使うし、学生の頃はまだ青函連絡船だった。当時、青森と函館と札幌は寝てもいい駅だったが、もちろん今は駅で寝ている人はいない。

函館はしばらく行かない間に駅も駅前もすごくきれいになっていた。あいにくの雨模様で函館山はあまり見えず、仲秋の名月を楽しむことはできなかったが、ホテル近くの店でうにやいくら、ホタテ、エビ、カニ、いかなどなど海の幸を堪能した。名物の朝市も、駅側の建物はすごくきれいに建て直されていた。ここで、海の幸の三色丼や五色丼を朝食にするのが定番である。

そして朝のうちに青森にとって返す。途中、山形の知り合いの家に寄って、ここでも蔵王地鶏やいも煮など名物をごちそうになる。結局、帰ってきたのは今朝方になってしまった。

今回、そんなわけでいろいろ美味しいものを食べたのだが、予想外においしかったのが、2日目の昼に東北道津軽SAのレストランで食べた「津軽おとめ」というランチである。ネーミングのとおり女性向けのヘルシーメニューなのだが、チラシ寿司、おこげの親子(鮭といくら)あんかけ、パスタのマリネ風、サラダがそれぞれ四角いお皿に盛られ、それが4つで重箱に入れられている。これにお吸い物とデザート(林檎のババロア+いちごソース。これがまた逸品)がついて確か860円。機会がある方はぜひ味わっていただきたいと思う。


2005年当時の函館朝市。水揚げも多く、まだ活気がありました。


朝市食堂には海の幸がいっぱい。

[Sep 19,2005]