611 中山競馬場 [May 26, 2006]

わがギャンブル人生の出発点である。船橋市には、中山の他に、公営の船橋競馬場、船橋オートレースと3つのレース場があるのだが、中山は別格といっていい。なにしろ、当時船橋市立の小学校では、現場学習(まじめな遠足のようなもの)のお昼は中山競馬場のスタンドでというのが定番だったくらいである。

そんな環境だから、高校の時にはすでに競馬愛好会のようなものがあって、大レースの時にはレース予想をみんなで回していた。日曜日にも模試などで学校に行くことが多かったが、5科目終ると大抵メインレースの時間で、テストが終るやいなやラジオで実況を聞いたものである(当然ラジオは学校に持ってきてはいけないのだが、日曜なので大目にみてもらったようだ)。

そういうわけで、ギャンブルデビューも中山である(さすがに高校生の時は行ってませんが)。当時の中山はいまより2世代前のスタンドで、全館冷暖房なんてことはなくて上の方まで吹きっさらしだった。その分入場券だけでスタンドの5階くらいまで上ることができ、そのくらいまで上ると、おむすび型になっている向こう正面の奥(1200mのスタート地点)や、障害コースのバンケットの低いところまで見渡すことができた。ガラスを通さずに見るそうした光景は実に雄大で、時間を忘れて見入ってしまったことを思い出す。

その辺まで上がっても指定席でないくらい、当時は競馬がそれほどメジャーではなかったのだが、遮るものが何もないものだから風が吹いたり冬だったりするとひどく冷える。まして椅子はプラスチックである。新聞紙を敷くという方法はその頃からあったのだが、なつかしいのは1枚100円で座布団のレンタルをしていたことである。寒いときには重宝したものである。

食事時には、5階スタンド奥のラーメン屋に並んだ。椅子も何もない立ち食いで、メニューもラーメンとチャーシューメンとワンタンしかなかったと思う。そこで1杯400円だか500円だか(今思うとちょっと高い?)のラーメンを買って、スタンドの空いているところで立ったまま食べる。そして次のレースのパドックへと向かうのである。

スタンド全体も今よりかなり小さくて、道路の西側は厩舎だった(なんたって美浦トレセンのできる前である)。出入り口は今の4コーナーあたりで、負けるとそこから京成かJRまで「おけら街道」を歩く。いまファミレスのあるあたりにはビニール屋根のどでかい屋台の集合体みたいなのがあってヤケ酒を飲む人達でにぎわっていた。さらに得体の知れない出店や、デン助賭博などもあって、まだまだ戦後の雰囲気を残していたものである。

 

 

コース自体は昔も現在もほとんど変わらない。1周する1800m、2000m(皐月賞コース)、1周半の2500m(有馬記念コース)、1コーナーポケットの1600m(朝日杯など)、向正面からの1200m(スプリンターズステークスなど)が昔からの主流の距離である。向正面はだ円形の内回りと、おむすび型の外回りコースがあるが、外回りを使うのは昔は1200と1600だけだった。

外回りは3コーナーからスピードに乗ってまくって来ることができるので追い込みに有利であり、内回りはスピードに乗ったところがコーナーで、かつ4コーナー回ってゴールまで300m足らずと比較的短いため逃げ馬有利というのが定石である。中でも内回り1800mというのはそうした傾向が顕著であり、幾多の穴馬券を輩出してきたコースである。

有馬記念もその内回りコースで行われるため、以前は結構逃げ馬が穴を開けた。中でも記憶に残るのが昭和48年のレース。ハイセイコーとタニノチカラに人気がかぶったのだが、なんと逃げ-逃げのストロングエイト-ニットウチドリで決まり枠連万馬券となったのである。その後、ダイユウサクの単勝万馬券というのがあったので有馬記念最大の大穴とはいえないが、当時は衝撃の結果だった。

あと、中山で見た最高の名馬というと、やはりマルゼンスキーの名前が一番に上がる。今では、「参議院議員の橋本聖子の実家は牧場だったんだって」ということになるのだが、当時は、「マルゼンスキーの生産者の娘は、スケートが強いらしいよ」だったのである。1970年の、というより最後の英国の三冠馬ニジンスキーを父に持つマルゼンスキーは、持込馬(母馬が受胎して来日し、日本で生まれた馬。今なら日本産馬である)として当時は外国産馬と同様に扱われ、クラシックへの出走権利がなかった。

しかし、出走制限がある中で3連勝して、3歳チャンピオン決定戦である朝日杯3歳ステークスに出走するや、前走府中の道悪でハナ差の勝負をしたヒシスピード(同名の馬がその後もいたが、それとは別の馬)を大差に千切って圧勝したのである。当時の勝ち時計が確か1分34秒台のレコード。2着ヒシスピードの1分36秒台が普段の勝ちタイムだったので、まさに次元の違う走りだったわけである。

そのマルゼンスキーは結局8戦8勝で引退した。無敗の生涯レコードとして8連勝はいまだに破られていないはずだが、その7勝目が、やはり中山の短波賞だった。4歳限定のレースだったのだが、マルゼンスキーが出ると聞くと出走回避が続出し、結局6頭立てとなった。快調に逃げたマルゼンスキーは、3コーナーで後に菊花賞を勝ったプレストウコウに並ばれて場内が大きくどよめいたが、直線ではあっという間に突き放し、結局6馬身か7馬身離して連勝を伸ばした。

上の世代にトウショウボーイやテンポイントといった名馬がいたので直接対決が期待されたが、脚部不安で早くに引退してしまった。30年も違うので能力の絶対値ではやはりディープインパクトの方が上だろうが、衝撃度という点ではマルゼンスキーの方が上ではなかったかと思えるくらい強かった馬である。

[May 26, 2006]