カテゴリー
poker

051 10月2勝目でWPJ決勝権利獲得(ポーカーの奥深い世界第51話) [Nov 6, 2007]

今年もあと残すところ2ヵ月あまりとなって、ようやく今年2勝目である。次の目標はWPJ(世界選手権日本代表決定戦シリーズ)の決勝権利である。

前にも紹介したけれど、このシリーズは年間のHOPS、STEPS、JUMPS及びWPJスペシャルなどの予選大会のポイントにより決勝進出者を決め、決勝で勝つとWSOP等のメインイベント出場権が手に入るという大会である。この決勝に無条件で進出できるのが60点以上で、先週火曜日のSTEPS前までの私のポイントが58点なのであった。

STEPSで入賞すると最低2点。つまり、ここで入賞すれば3月まで5ヵ月残して決勝権利が獲得できる。決勝のチップ量は基本的にポイント×100点だから、これから5ヵ月をかなり気楽に、ポイント積み上げのために使うことができるのである。ちなみに、去年のシリーズで60点に達したのは12月の終わりで、3月まで集めたポイントは77ポイントだった。

試合開始の7時を少し回ってから上野ルームのドアを開けると、まだ1テーブルである。ちなみに、私は少人数の方が比較的成績がいい。一方で、STEPSはリバイトーナメントである。前にSTEPSに出た時には、なんと7連続オールイン負けを喫して、リバイラウンドが終わる前に退散する破目に陥ってしまった。それ以来のSTEPSなので、できればオールイン合戦には巻き込まれたくないというのも本音で、1テーブルだとそれを避けるのは難しいのであった。

さて、序盤1Rの25-50から、早くもみんなオールイン体制である。中途半端なハンドでリンプインしたら、絶対にかぶせられる(レイズされる)。ポジションの悪い時のAJ未満、99未満はノータイム下り、BB、SB、ボタン、カットオフで行けそうな時だけ参加する。フロップが思い通りに出なかったらやはり速攻下りというスタンスで臨んだのだけれど、幸いにというか手が来ない。

途中一度だけ来たAKでオールインしたらが落ちてトリプルアップして6000点を超えたのだが、その他は下りてばかりで結局リバイラウンドが終わって3500点ほど。結局参加者は1テーブル10人だったが、リバイチップが乱れ飛んでチップリーダーは50000点近く持っている。一方の私はというとアドオン8000点を加えても12000点にならない状況で、もちろん10人中10位。ただ、一度も飛んでいないのはちょっとうれしいぞという状況で第7ラウンド400-800に突入した。

そういうわけで、アドオンはしたもののノーリバイ、つまり1度も飛んでいない状況で後半戦へ。その2、3手目にKK様到着である。リンプインがいたので、手堅くオールインしてポット獲得。これで14000点。しばらくしてAK到着。Nさんのオールインが入っていたのでコールすると、あちらから出てきたのはAQ。ここもターンでが出てダブルアップ。このラウンドでチップは30000点になり、入賞争いに絡むところまで伸びてきた。

10人参加なので、入賞は4位からである。もう一度AKが入ってチップは45000点。現時点で2位、残りは5人というところまで来た。ブラインドはすでに2500-5000。目標は入賞点だから、トップ狙いに出る必要はない。ともかくショートスタックが飛び込んでくれるのを待つだけである。ここでチップリのBさんがレイズ。こちらのハンドはQTs。60点持ってりゃ行くんだけどなーと思いつつフォールド。

2手後のSBでAsQcが来た。UTGからボタンまで下り。BBのSさんは油断ならない人だが、チップはこちらの方が持っている。でも打ちすぎて命がけになり、負けてショートスタックになるのが怖い。ひとまずコール、Sさんチェック。フロップもチェックチェック、ターンで私のチェックに対し、Sさんベット10000点。ボードはというと、スペードが3枚でしかもJTが落ちている。ナッツフラッシュドロー&ストレートドロー。12アウツである。

おそらく敵の手は、JorTヒットでストレートドロー。引けなければ負けである。コールはしたくないしオールインして降りてもらえず、かつ引けなければ一気にショートスタックである。Asがあるとはいえ、ナッツフラッシュができていたらこんなところでオールインはおかしいし(コールで十分)・・・、と思っていたら手が止まってしまった。

オールインするならすぐにやらなければダメだったなとあきらめて、Asを見せてダウン。ここで無理しなかったことが、結果的にはいい方向に向かったような気がする。その周でショートスタックが飛んで入賞確定、その後AJATでレイズして食いつなぎ、残り3者の全員オールインでこの日4回目のAKが到着、リバーAでまくり、とうとうチップリーダーとなったのである。

あとは勢いというかなんというか、ATsからフラッシュを引いたり、23コールでフロップA45のストレートをキャッチしたり、最後はBさんのフロップオールインを5ヒット&ストレートドローで気楽にコール、そのまま逃げ切って10月2勝目、今年3勝目をあげたのであった。ポイントも一気に10点獲得して68点となり、目標のWPJ決勝出場権も獲得することができた。

珍しくAKオールインで4戦4勝しただけでなく、約3時間でAQ・AJ2回ずつ、ATも3回。ハイペアもAA、KK、QQ、JJ、99とほぼオールスターキャストが来てくれたので、カード偏差値は相当高かった。だから今回はほとんど運だけで勝ったようなものけれど、ともかくうれしいことでありました。あとの5ヵ月はアグレッシブにトップを取りに行こうと決心しましたので、みなさんよろしくお願いします。

[Nov 6, 2007]