140 2014シーズン展望 [Aug 1, 2014]

NFL2014 スーパーボウル優勝オッズ(2014/7/25現在)

◎ シアトル・シーホークス 7.0
デンバー・ブロンコス 8.0
サンフランシスコ・49ナース 8.0
△ ニューイングランド・ペイトリオッツ 11.0
グリーンベイ・パッカーズ 15.0
▲ ニューオーリンズ・セインツ 21.0
フィラデルフィア・イーグルス 21.0
キャロライナ・パンサーズ 26.0
シンシナティ・ベンガルス 26.0
インディアナポリス・コルツ 26.0
O ピッツバーグ・スティーラーズ 26.0

気が付いたら、もうNFL開幕が目前に迫っている。1年の経つのが、本当に早くなった。この勢いで定年まであと3年、すっ飛ばして過ぎてくれれば言うことはないのだけれど。今シーズンもよろしくお付き合いください。

さて、数年前にはAFCチームが上位を占めていたスーパーボウルのオッズが様変わりしている。辛うじてブレイディとマニングの両チームが残ってはいるものの、あとはNFCのチームである。特に西地区のシーホークスと49ナースがトップ2となつている。やはり何年か前には、NFC西地区は全チーム負け越しということさえあったのに。

これまでの情報によると、シーホークス、49ナースともに昨年の出来を維持しているらしい。ただし、シーホークスはRBマショーン・リンチが契約更改未済、49ナースはLBアルドン・スミスが不祥事で少なくとも前半戦は出られない。とはいえ、両者ともチーム全体としての戦術で躍進してきたチームなので、メンバー変更が小規模にとどまるのであればそれほど心配はないのかもしれない。

むしろ心配なのは、ラッセル・ウィルソンにせよキャパニックにせよ、本当のエリートQBというには一歩足りないのではないかと思わせるところである。対戦チームも対策は立ててくるだろうし、ランの比重が大きいだけにケガの不安は隣り合わせである。両チームとも、ディフェンスよりオフェンスに課題があるといえそうだ。

とはいえ本命はシーホークスで動かしがたい。ホームゲームは圧倒的に強いし、昨シーズンスーパーボウルの圧勝も記憶に残る。唯一懸念されたのは冬場の東海岸を苦手としていたことだったのだが、スーパーボウルのメットライフ・スタジアムで強かったのだから心配は半減した。もっともジャイアンツとやったらどうか分からないが、シード順位が下になるとは考えにくい。

対抗はAFCからスティーラーズ。ここ数年主力選手の引退やトレードでプレイオフを逃してきたが、そろそろ復活しそうな気配である。ポラマルもロスリスバーガーもそろそろキャリアの最盛期を過ぎて、再びスーパーボウルに向けて気合は入るだろう。ただし、冬場に調子を上げるチームなので、前半戦で差が付くと厳しいかもしれない。

穴候補はNFCでセインツ、AFCでペイトリオッツ。ともに絶対的なQBがいて、ディフェンスの強化が図られている。ただし、セインツはアウェイに弱いのでシード順位が上がらないと厳しいし、ペイトリオッツはレシーバーの駒不足が足かせとなりそうだ。とはいえ、両チームとも全勝に近い星を上げるだけの底力のあるチームである。

[Aug 1, 2014]

カテゴリーNFL