184 SUPERBOWL LIII 展望&回顧 [Feb 3, 2018]

SUPERBOWL LIII(2019/2/3、アトランタ・メルセデスベンツスタジアム)
ニューイングランド・ペイトリオッツ(AFC) -2.5
Oロサンゼルス・ラムズ(NFC)

2002年以来ペイトリオッツが5連勝中のカードであるが、2016年が最後の顔合わせ、ということはマクベイになってから初めてのカードということになる。HCもQBも、百戦錬磨の大ベテランと新進気鋭の天才の対決となるが、勝負のカギとなるのはディフェンス。特にブレイディvsラムズDLの対決が結果を左右することになるだろう。

戦力を冷静に分析すると、ラムズの方に傾く。なんといってもドナルドとスーのディフェンスラインは強力だし、RBもガーリーとC.J.ウィリアムスの2枚看板となった。チーフスのように、ブレイディに40分もボールを持たせるようなことはさすがにしないだろう。

そして、試合が行われるのはインドアである。これがジレット・スタジアムとかメットライフ・スタジアムであればともかく、風とか気温の影響を受けにくく、クラウドノイズもさほどでないとなれば、戦力に勝るラムズのペースになるという予測は成り立ちそうだ。

問題は、Superbowlということである。フットボールの試合に変わりはないといっても、さすがにこの舞台となると選手もコーチも平常心でいることは難しい。となると、ここ20年間で9回目のSuperbowlというベリチック&ブレイディの経験が物を言う場面は十分にあると考えられる。

とはいえ、ラムズのHCは天才ショーン・マクベイである。祖父の代からNFL一家で、Superbowlで緊張してコールに差し支えることもなさそうだ。そして、ウェイド・フィリップスも百戦錬磨。Superbowlもつい最近ブロンコスで経験している。

にもかかわらず、オッズはペイトリオッツに傾いている。プレイオフに入ってからの戦い振りが、ペイトリオッツに余裕があり、ラムズはセインツに疑惑のOT勝ちということもあるのかもしれない。確かに、あのパスインターフェアでSuperbowlを勝たれるのはあまり気分はよくない。

戦力的にラムズ、経験を加味して五分五分という現状に対して、ペイトリオッツのFavoriteというのは買われ過ぎだと思う。だから推すのはラムズで、意外に差が開く可能性もあると予想している。

というのは、いつ引退してもおかしくないブレイディに加え、グロンコウスキー、マコーティーなどこれが最後という主力選手が多いのが気になるのである。これが最後と言われたマニングが、ウィルソンとシーホークスディフェンスに完敗を喫した2013年シーズンをなぜか連想してしまうのである。

ラムズ+2.5と、20倍つけるMVPアーロン・ドナルドに1票。

[Comment from Saitohさん]

TAIPAさん、こんにちは。

チャンピョンシップは2戦とも当てたものの
読みはあまり当たっていないので予想は難しいと
思っている今日この頃です。

セインツ対ラムズではガーリーのミス以降全然
走れなかったのが大誤算。正直セインツに出てきて欲しかったです。
(でも3点差の決着ですよね)

チーフス対ペイトリオッツはマホームズの若さが暴露
されると思いましたが4Qになっても強かったです。
マホームズのスーパーボールは見たかったなあ。

ただペイトリオッツの対チーフス対策が
ブリッツ&ヒルをダブルカバーしてくるとは考えませんでした。
対ラムズ戦では何をしてくるのだろう?

で、スーパーボールの予想ですが私はペイトリオッツに-4~-5
のハンデを予想していたのでペイトリオッツ乗りです。

ラムズの攻撃
 ランは強いのは間違いない、でもガーリーがどうなるか?
レギュラーシーズンほどゴフのパスに信用度がない

ペイトリオッツの攻撃
 ランはドナルドとスーがいる以上あまり計算できない。
パスラッシュはあるけどクイックパス&スクリーンプレイを多用
して凌ぎそう。

ラムズの守備 ランは防げるから対エデルマン対策をどうするのか?

ペイトリオッツの守備 対チーフス戦を見ればパスは抑えられそう、
ラン守備をどうするのか?

後、楽しみなのはヘッドコーチ対決ですね。
マクベイが奇襲をかける気がするのでベリチックがどのような
対応策を見せるのか?逆もまた然り。

私が見る限りラムズよりもチーフスの方が強そうに思えます。
とにかく月曜日を楽しみにします。
(会社で速報を見ようか悩んでいます。)

以上、勝手に予想させていただきました。

[Comment from ビートルさん]

プロボウルも終わり、今期も残すはスーパーボウルだけとなりました。3年連続11回目のAFC優勝のペイトリオッツと、17年ぶり4回目のNFC制覇を果たしたラムズとの、2002年以来の対決です。

 戦力的にはほぼ拮抗しており、ラスベガスのオッズもペイトリオッツ1点リードでほぼ互角だそうです。しかし、メディアや有識者の大半はペイトリオッツ有利とみており、ラムズを推す者はあまりいないようです。確かに戦いなれているペイトリオッツに対して、ラムズは経験においては大幅に劣っており、下馬評がペイトリオッツに傾くのも当然と言えます。私もペイトリオッツやや有利と見ています。
 しかし、17年前の対決では立場が逆どころかペイトリオッツの勝ち目はほとんどないと言われていたことを思い出せば、今年のラムズ程度の劣勢は十二分に挽回できるものと思います。「圧倒的不利」の下馬評を覆した昨年のイーグルスと同じ結果を出したいところですね。

 ペイトリオッツとはいえ無敵ではありません。最近は脆さも目立ってきていますし(チーフスのディフェンスがもう少しまともなら負けていただろう)、付け入るスキはあります。カギを握るのはやはりラムズの守備。ブレイディの攻撃時間をどれだけ減らせるかが重要でしょう。攻撃もどれだけランでボールをコントロールできるか注目です。

 ラムズが勝てばNFL全体の世代交代が加速すると思います。苦しい戦いになるでしょうが、頑張ってほしいですね。

————————————————————-

SUPERBOWL LIII(2019/2/3、アトランタ・メルセデスベンツスタジアム)
ニューイングランド・ペイトリオッツ O 13-3 X ロサンゼルス・ラムズ

オフェンス全盛のNFLで、その中でも高い得点力を有する両チームが、スーパーボウル史上最少得点のロースコアゲームをするとは、全く予想できなかった。ラムズのディフェンスが13失点というのは考えられたけれども、ペイトリオッツのディフェンスがラムズに3点しか与えなかったのは今シーズン最大の予想外れであった。

実際、ペイトリオッツが対戦相手を7点以下に押さえたのはレギュラーシーズン16試合中3試合しかなく、それも同地区の3チームだけである。ペイトリオッツディフェンスは今シーズン最高の出来でSuperbowlに臨んだということである。

昨日のゴフが、サードダウンを成功させたのは13回中3回だけである。サードダウンロングでパスを失敗するのは仕方ないとしても、サードダウンショートでパスにヤマを張られていたことが3回ほどあった。それだけ、マクベイ&ゴフのオフェンスが研究されていた。

スカウティングということで言えば、ガーリーが本調子にないということをペイトリオッツは見抜いていて、それもあってここ一番でランはないとヤマを張っていたようである。2週間も試合間隔が開いてどうしてそこまで分かったのか、空おそろしいことである。

ブレイディの調子もよくなくて、サードダウンの成功率はゴフとほとんど変わらない。それでもオフェンスを進めることができたのは、これまでのようにホワイトを使わず、バークヘッドでラムズの裏をかいたことが大きい。MVPエデルマンがあのコースに走るのはいつものことだが、ほとんど唯一のロングパスをグロンコウスキーに通したのもTDに結びついた。

結果だけみると、ラムズの若いHC、QBが百戦錬磨のペイトリオッツにしてやられたということになるが、この試合への事前準備や戦略の機微は、それだけで片付けられないと思う。

ほとんどすべての人がハイスコアゲームを予想している中で(トニー・ロモは28-24と予想していた)、もちろんラムズもそのつもりで準備しているのに、ベリチックはロースコアゲームにすることができると考えていて、ブレイディもそのつもりでプレイしていたということである。

最初のプレイがINTで攻守交代した時には大味な試合になるかと思ったが、引き締まったいい試合で緊張感をもった攻防で終盤まで楽しく見ることができた。インターセプトもディフェンスをほめるべきであり、つまらないファンブルやミスもなく、欲を言えばFGミス1本ずつが余計だったけれども、いい試合だったと思う。

とはいえ、レイヴンスとベアーズが戦った訳ではなく、ペイトリオッツとラムズが戦ったのだから、全く予想外の試合展開であった。この日一番うれしかったのはベリチックで、次にブレイディとマクダニエルズ、悔しいけどまあがんばったのはウェイド・フィリップスで、悔しくて眠れないのはマクベイとゴフだろう。

[Comment from ビートルさん]

第53回スーパーボウルは13対3という史上1位のロースコアでペイトリオッツが6度目の優勝を飾りました。ラムズに肩入れしていた私としては残念な結果になりまししが、屈指のディフェンスマッチとして歴史に残る試合だったと思います(昨年と大違いだった)。

 ただ、ラムズのオフェンスが悪すぎて、全く点を取れそうに見えなかったことが、この試合を少々パッとしないものにしてしまったことも否定できません。その大きな理由はオフェンスラインがゴフを守り抜けず、彼に常にプレッシャーがかかっている状態で試合が続いたことにあったと思います。
 一方でラムズのディフェンスとパンターのヘッカーの健闘が試合を接戦に持ち込む大きな要因になりました。特にヘッカーのパントが非常に悪い場所からフィールドポジションを回復し続けたことがディフェンスに守り抜く余裕を与えていたと思います。彼がいなかったら大差でペイトリオッツが勝っていたかもしれません。

 私が予想外だったのは会場の観客の多くがペイトリオッツに味方していたこと。これは「本当ならセインツが出ているべきだった」と思った人が多かったからかもしれませんが、経験の乏しいラムズにはきついことでした。

 なお、今回の大会の人気はどうも今一つだったようです。どうやら「もはや見飽きた」と思われているペイトリオッツと、「ミスジャッジでNFCを制した」ラムズとの組み合わせがまずかったのか、久しぶりに視聴者が1億人に達しなかったのだとか。確かにチーフスとセインツのどちらか一方でも出場していたらもう少し人気を集めたかもしれません。

 いずれにせよ今年もペイトリオッツの覇権は揺るがないということになりました。このままではNFL全体に閉塞感が充満しそうなので、来年度こそは新鮮な組み合わせのスーパーボウルを見たいなと思います(なにせペイトリオッツは2002年から平均すると大体2シーズンに1回スーパーボウルに出ている計算になる。これはいくらなんでも多すぎる)。そのためにはAFCのペイトリオッツ以外のチームに頑張ってもらわねばなりませんが、特にペイトリオッツが楽々と君臨し続けているAFC東地区のチームの奮起が求められます(10年間もペナントを独占されるなど恥でしかない)。ここで確実に地区優勝できることが、ペイトリオッツに「プレーオフを見据えたチーム作り、調整」を行うことを容易にさせていることは明らかですし。

 それではまた。来シーズンはもっと面白いNFLになってくれるといいですね。

[comment from Saitohさん]

仕事中は懸命に試合情報を見ないように頑張ったのですが
うっかり夕方のニュースを目で追ってしまい
点差はわからなかったものの

「ペイトリオッツ勝利」の文字を見てしまい
(やっぱり予想通りだったのかなあ・・・)
と思いました。

この日は遊び(モチロンポーカーです)で遅れて
試合を観始めたのですが第4Qの中盤得点表示の

「10-3」

を見てビックリ!したのはいうまでもありません。

改めて試合を見ての感想ですが予想通ベリチックの作戦勝ちという気がします。
ペイトリオッツ前半のFG外し&4ダウンギャンブルが成功していたら一方的なゲーム展開になっていたかもしれません。

獲得ヤードに大差がついても試合を壊さなかったラムズも大したものですし
クックスが2本中1本でもタッチダウンパスを
キャッチしていればもっと白熱したと思います。

(それでもベリチックが何とかごまかしてペイトリオッツが勝ちそうと思ってしまうのは私だけではないはず)

プレイオフに入ってからのゴフのパスは常に疑問視していたので
予想は当たったのですがペイトリオッツのランが予想よりも出たのは以外でした。
グロンカウスキーのブロックが強かったのでしょう。

さて、半年間のお休みに入る訳ですが
イーグルスのN.フォールズは移籍しないのでしょうか?
来期、マホームズはいくつTDを獲得するのでしょうか?
来年のプレーオフでチーフス対ペイトリオッツ戦を
今から楽しみにしています。

まぐれとは言え私のプレーオフ予想6勝1敗は自慢していいですよね。

[Feb 5, 2019]

カテゴリーNFL