123 リタイア3年経過、サプリメントの量を減らす [Aug 2, 2019] ~せいうち日記123

早いもので、リタイアしてから丸3年経過した。

いま考えるとリタイアした当時には相当気合いが入っていたように思うけれども、3年過ぎてしまうとこの生活が当り前である。こうやって世間と距離を置くようになって、いつか当り籤を引いておとなしく退場することになる。それでいいのだと思う。

早いリタイアというと、世間一般には経済的なことを心配する声が多い。確かに、65歳にならないと年金が全額出ないし、税金面でもあまり優遇されない。だから生活が予定どおり維持できるか心配はあったのだが、あと残すところ3年、半分過ぎた。

年金の繰上げ支給額に個人年金を含めて月々の生活費は約20万円。65歳になるとプラスして約3万円の加給年金(配偶者手当)があり、さらに3年で奥さんの年金が出るようになる。そこまで行けば、ひと安心である。

基本的に月20万円で生活している。リタイア前の数年間それで暮らせるよう準備していたことが役立っているけれども、奥さんや子供にそれほどおカネがかからないということが大きい。感謝しなければならない。

リタイアした頃は、予想に反して物入りが多く収支償わない場合にはアルバイトしなければならないかと思っていたのだけれど、いまのところそれほど差し迫った状況にはなっていない。そして、カネ儲けのためにストレスをためこむのはまっぴらである。

国民生活全体のことを考えれば、働けるだけの体力と時間があれば働いた方がいいとは思うけれど、世間の流れがそうなっていないのだから仕方がない。震災復興なり災害復興なりに協力したい気持ちはあるけれど、それをおカネでというのは無理だ。それに、そういうことを考えるのは本来、政治家や公務員の仕事である。

幸いに、体調はリタイア前よりいい。何しろストレスを感じる大きな原因がなくなったので、血圧も落ち着いているし血糖値も改善している。ウェイトコントロールがそれほど進まないのが懸念材料だが、まあ、すべてうまくいかないのは仕方がない。

体調といえば、少し前まで盛大に服用していたサプリメントだが、このところ多少控えている。

1ヵ月分で1,500円くらいするサプリメントを何種類も飲むほど余裕がある生活ではないし、サプリメントとはいえ異物には違いないから飲まずに済むものであれば飲まない方がいい。健康食品という名前だけれど、ビタミンだろうがシジミだろうが、普通に食べる以上に摂取し続ければ、悪影響が出ておかしくない。

まず控えたのが、キューピーコーワiである。一時期、パソコン画面を見ると目が痛んで仕方ないので飲んでいたのだけれど、リタイア後はパソコンに向かっている時間が減ったのと、なぜか会社の機械でないと目が痛くならないので、徐々に錠数を減らしていた。春くらいから全く飲まないようにしたのだが、今のところ痛くならない。ありがたいことである。

昨年の今頃から飲んでいたのがオルニチンだが、最近では酒量がどんどん落ちて、昔の半分なんてもんじゃないくらい減っている。春の定期検診でも、GOT18、GPT17、γ-GTP39と肝機能に関しては問題ない数字が出た。念のため、酒を飲んだ翌日に1錠飲むようにしているが、協和発酵の推奨する1日6錠ではなく何日かに1錠である。

歳とってトイレの近さが気になって飲み始めたのがノコギリヤシである。それでも、夜中に2回くらい起きる。奥さんに言わせると「9時間寝てるんだからしょうがないんじゃないの」ということで、自分でも老化現象である程度は仕方ないとあきらめていた。

ところが、先日ネットで調べていたら、「夜間頻尿の原因の一つは水分のとり過ぎ」と書いてあった。水分を摂らないと脱水症状につながるし、私の場合こむら返りをよくやるので意識して多めに飲んでいた。しかし、高齢者の場合、あまりよくないらしいのである。

というのは、膀胱の容量は加齢により間違いなく小さくなるし、それを脳に伝える神経も過敏になる。代謝も若い時よりも悪くなるから、同じように水分補給しても体内で使われずに尿として排出される分量が多くなる。結果、夜間頻尿で悩まされることになる。

これを読んでなるほどと思った。言われてみると、山を歩いて大汗をかいた時にはそれほどトイレに行かない。高齢者は水分を摂れとよく言われるけれども、過ぎたるは及ばざるが如しなのである。

以来、水分の摂取を意識して減らすようにしている。飲む回数はいままでどおりだが、1回に飲む量を少しずつにすることにした。ビールは350ml1缶で止め、コーヒーもおかわりしないように心掛けている。

そのせいか、夜トイレに行く回数は1回という日が増えてきたし、体重も少し減ってきている。1ヵ月分1,800円のノコギリヤシを減らすことができれば、節約にもプラスなのである。

[Aug 2, 2019]


高齢者は水を飲むべきと言うけれど、限度があるようです。(c)pixabay フリー画像