095 日本の憂鬱な未来 [Dec 6, 2020]

先週、兵庫の中学校で全校合唱コンクールを開いてクラスタになったというニュースに関連して。

学校が強制休校にならないからといって、合唱コンクールまでやってしまう教師や教育委員会と同じようなバカはいっぱいいる。プールでしゃべるのをやめないばあさま達もそうだし、Go Toしなければ損と囃し立てるマスコミもそうである。

みんな、自分の頭で考えない。誰かが強権的に命令しなければ、やりたいことをせずにはおかない。ところが、誰かが命令すると自分だけでなく、他人のことまで口出しして巻き添えにする。

そういう人達が組織上位に来ると、イエスマンを回りに置いてお山の大将になりたがるので、日本全国どこの組織も、下に行けば行くほどバカばっかしになっている。

そういうバカが組織の上に来ると、知恵とか知識に敬意を払わず、カネばかり大切にする。安倍とか菅とか二階とか、みんなそんな連中である。でも、他の人もほとんど知恵や知識ではなくカネなので、誰も何も言えなくなっている。

そのくせ、ゴーンのように日本語が通じないのが上に来ると、無条件にぺこぺこして何十億何百億とむしり取られる。代表から外されるのが嫌でセクハラを甘受したり、弱い者いじめをして自分が優位にあることを示したり、そんな奴らばっかしである。

おそらく日本人の性根というのは、そんなもんだと思う。第二次大戦の前は一億火の玉で本土決戦だと悲壮感をかき立てておいて、負ければ一億総懺悔。気が付くと戦犯の係累が十年近く総理大臣だったりする。

戦争の時だって、こんなことをしちゃいけないと言った人はいたけれども、その多くは非国民と罵倒されてひどい目にあった。先見性があって自分で考える頭のある人をみんなでつぶすのが、日本の社会なのである。

そういうことばかり見て来て、日本の未来がなんとなく想像できるようになった。現在こんなにバカが世の中を仕切っているのだから、数世代後はますますバカが仕切っているだろう。それを止める手立てはおそらくない。

いま現在、そしてこれから先に政治経済の中枢を占めるのは、カネ勘定と自分の都合だけ考える連中である。彼らの頭の中にあるのは、日本列島に住む全員がどうやって平和に暮らせるかではなく、どうすれば自分の得になるかである。

だから、日本という国があって、そこに済む人達の面倒をみるのが自分の不利になるなら、そんな国などいらないと考えるのは間違いない。自前の法律も自前の言語習慣も、カネの前には平気で捨てるだろう。

そして、より大きなマーケットで、より大きなビジネスチャンスを手にするために、超大国の一部となる決断など何の苦もなくするに違いない。そういうマーケットでそういう連中が生き残れるとは思わないが、彼らは根拠のない自信だけはある。

いまの国際社会でいうと、アメリカの一つの州になるか、中国の自治区になるかである。私にとってはNFLが見られるアメリカになる方がいいが、その頃はとっくにあの世である。

いまの日本人の動き方をみると、残念ながら中国との親和性が非常に強いと思わざるを得ない。コンピュータに個人情報をすべて把握され、中央政府の方針に反する意見を持つことは許されない。いま現在のシンガポールがそうだし、香港もそうなりつつある。

現在は言語の障壁があるけれども、何世代か後はAIが意思疎通を代替することができるだろう。日本人の多くは自分の頭で考えないでカネのことばかりだから、政治的な意見を持つなといわれても気にしないだろう。

個人情報だって、いま時点ですでに筒抜けである。大多数の人間は、資産内容が政府に知られても痛くもかゆくもない。一握りの大金持ちは、アメリカでもECでも居住地を移して結構ということである。

個人的にはたいへん憂鬱な未来だが、日本人なんて残念ながらそんな程度の代物である。せめて、私の生きている間には、そうならないことを祈るしかない。

[Dec 6, 2020]


バカばっかしの日本の現状をみていると、数世代後は中国の一部になると予測せざるを得ない。2000年前は「漢委奴国」だったのだから、先祖返りである。