カテゴリー
BOXING

103 激動の2020年末決戦、井岡が田中をTKO [Dec 31, 2020]

WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ(2020/12/31、大田区総合体育館)
チャンピオン 井岡一翔 O TKO8R X 挑戦者 田中恒成

コロナに揺れた2020年、ボクシングの興行自体ほとんどできなかった上に、感染防止の観点からジムワークにも制限が加えられた。この対戦も何とか開催にこぎつけたものの、両者とも今年はじめての試合であり、十分な調整ができたとは思えなかった。

正直なところ、両者ともあまり好きなボクサーではないので、予想記事を書くほどの関心はなかった。世間一般の見方と同様、若さとスピードでまさる田中が押し切る可能性が大きいものの、経験とディフェンスでは井岡が上回り、どっちが勝ったか分からないような展開もあるとみていた。

ただ、世界最速四階級などというほとんど意味のない階級の上げ方をしている田中にとって、スーパーフライが本当にフィットするのかという不安はあった。井岡が約10年かかってミニマムからスーパーフライまで上げているのに、田中は半分の5年である。

そして、下の階級でもパンチをまともにもらって眼窩底骨折をしているのに、相手が重く大きくなって大丈夫かという不安があった。これまでは力任せに倒してきたけれども、体力差は相対的に小さくなる。

試合の序盤は、田中のハンドスピードが井岡を翻弄しているようだった。しかしよく見ると、井岡はほとんどのパンチをガードしてまともにもらっていないのに対し、田中は井岡のジャブをガードしないで受けていた。序盤4Rまでの私の採点は、38-38のイーブンである。

5R、打ち合いの中で井岡の左フックがまともに入り田中ダウン。スーパーフライではとてもハードパンチャーとはいえない井岡のパンチをもらって倒れるということは、ディフェンスができていないか、階級に合っていないかどちらかである。

続く6Rにも同じようなパンチでダウンを追加され、8Rにまともにもらってグロッギーになったところをレフェリーに止められた。調整過程の問題があったのかもしれないが、それ以上に力の差があったとしか言いようがない。

井岡の鮮やかなKO勝利で、年末特番が盛り上がったのはボクシング界としてはよかった。ただ、最高の日本人対決といえるかどうかはかなり疑問。辰吉・薬師寺とか、畑山・坂本の方がもっとスリリングで、白熱したと記憶している。

井岡は自分自身を伝説などと称して、若い頃から弱い相手とばかり戦ってきた印象があるが、アムナットやニエテスなど強豪チャンピオンと戦い、八重樫やレベコ、アロヨといった一流選手を退けてきた。31歳の年齢に見合う経験は積んでいるのである。

加えて、高校時代からのジムメイトであった中谷正義が、ラスベガスでベルデホをKOして世界に名を売ったのもかなりの刺激になった。年齢的により厳しい軽量級ではあるが、中谷があれだけやるなら自分もと思ったに違いないのである。

いつの間にかタトゥーを大っぴらに見せるようになったのはどうなのかと思わないでもないが、世界的には驚くには当たらない。TBSが視聴者からの問い合わせにどう答えるかだけが課題であろう。

一方の田中。木村翔や田口と戦ってはいるものの、複数階級の一流選手と拳を交えてきたとはいえない。ディフェンスの課題も、ほとんど改善されていなかった。世界最速四階級などという意味がないことに挑戦したツケが、回ってきたように感じられてならない。

今をときめく井上尚弥は、ハードパンチャーの側面ばかり強調されるが、ドネアの右フックまでまともにパンチをもらったことがなかった。世界何階級より先に、磨くべきはボクシングのテクニックである。

階級は一度上げてしまうと、下げるのは至難の技である。田中がシーサケットやエストラーダ、強い時のロマゴンとまともに渡り合えるような気がしないのである。

[Jan 1, 2021]

この世界戦はESPNラティーノで放送されたようです。BUEはブエノスアイレス、SCLはサンティアゴ、BOGはボゴタ、CDMXはメキシコシティ。en vivoは生中継。早朝の放送ですが、きっと楽しんでもらえたでしょう。