141 糖質制限3ヵ月 [Mar 2, 2021] ~せいうち日記141

11月半ばに糖質制限を始めてから、早いもので3ヵ月が経過した。糖質制限に関する記事は別に連載しているのでそちらをご覧いただくとして、自分でも長続きするものだなと驚いている。

正直なところ、主食を抜くのは相当きついことで、ある程度のところであきらめると思っていた。なのに、ハードではなくゆるゆるの糖質制限なのがよかったのか、いまのところ禁断症状的なものはない。

糖質制限の提唱者の一人である江部先生によると、糖質制限食とは厳密には1日60g、マイルドな糖質制限でも1日130g未満に摂取を抑えるものであるが、おそらく私の場合マイルドな糖質制限にも達していない。それでも、白飯・食パン・うどんを食べず、甘いものも極力控えているので、1日当り少なくとも150gは減らせているだろう。

それだけ糖質の摂り過ぎだったということだが、1日150gとして100日で15kg糖質を体内に入れなかったということだから、考えてみればすごいことである。

減量が主目的ではないので体重に一喜一憂しないようにしているが、いまのところ過去15年間で最も軽いウェイトである。ベルト穴が3つ4つ小さくなって、きつかった暖パンが楽々入るようになった。

肝心かなめの体調だが、胃腸の調子はずいぶんとよくなった。肌の具合は一進一退といったところだが、徐々に改善に向かっているように感じられる。

これは改めて書くことになると思うが、糖質制限の影響には個人差が大きく、本に(WEBに)載っているからそのまま通用する訳ではない。だから、自分自身の体調と相談しながらやり方を取捨選択しなければならない。

江部先生によれば、精製小麦でなければ何を摂っても構わない、肉やチーズ、ナッツ類は問題ないというのだが、私の場合ナッツがあまりよくない。それに、糖質の有無にかかわらずチョコレートは肌の調子を悪くする。

逆に意外と影響ないのが和菓子で、少々であればいまのところ問題は少ないようだ。もしかすると、和菓子はご近所の和菓子店のものなので悪いものが入っておらず、市販のものは何か入っているということだろうか(保存料?バター?異性化糖?)。

いずれにしても、体に気をつけるのに年齢はあまり関係ない。体にいいことはいくつになっても試すべきだし、その効果を感じられればそれだけ健康な方向に向かったということだろう。

ともかくも3ヵ月経って、まだまだ続けられそうなのはうれしいことである。半年、一年と続けられれば、体質も腸内環境もさらに改善されるものと期待している。

[Mar 2, 2021]


砂糖を使わずにクッキーを手作りしてみました。オートミール、アーモンドプードル、ZAVASプロテイン、オリーブオイルとラカントが材料です。