062 スマホ2ヶ月、通信料は [Jun 8, 2021]

誕生日前にそそくさとスマホに切り替えてから、2ヶ月が経過した。とりあえず通信料が通常ベースに乗ったので、これまでの携帯料金と比べてみた。

切り替え1ヶ月目は日割りで計算される上に割引対象外なので、いきなり高くなる。3月の通信料が2,098円に対し、4月は4,020円、この他に地図アプリ購入費用750円がかかっているが、そもそもスマホでナビするのが目的だからこれは仕方がない。

差し引き2ヶ月分余計にかかっている計算になるが、5月から1年間の通信料は割引で1,000円ちょっとになる。つまり、2ヶ月で元がとれる計算になる。1年経過後も2,000円だから、ガラケーの携帯料金とほとんど変わらない。

これでスマホを無料支給してくれるのだから気前のいい話である。逆に言うと、10年でサービス終了するのだからそのくらいしてもらわなければ困るし、それでも携帯会社は儲かっているということである。

通信料1ギガの見当があまりつかなくて不安だったが、4月の実績は0.2ギガほど。日割りだったにせよ半分も使っていない。SNSもしないし動画も見ないし、家の中にいるときはWifiで通信しているからこの程度で済むのだろう。

前に書いたようにキャリアメールを設定しなかったので、auからのセールスも来ない。自動的にGMailを受信してしまうのがちょっとうるさいが、ほとんどのメールはGMailでないアドレスを使っているのでさほど多くはない。

5月の通信料は1,081円。Cメールの料金が別にかかるので見積りどおりにはいかないが、ガラケーからほぼ半減となった。解約してしまえばもっと節約できるが、利便性とのトレードオフなので仕方がない。未来社会で暮らすための必要経費と思っている。

旧携帯は、アンテナこそ立っているけれども通話・通信に使えない。スマホに切り替えたとたん、差込口とかいろいろなところが壊れてきた。きっとケータイとして使っている時は、機械も無理していたんだろう。時計・万歩計・カメラとして引き続き携帯している。

スマホは携帯に比べるとかさばるし重いので、ずっとポケットに入れておくのは大儀である。外出するときはともかく、家にいるときに常時携帯するには難しいものがある。いまのところは旧ガラケーを身に着けている。

下表は、一昨年・昨年の通信費(電話・インターネット)と、うち携帯費用の推移。今年の見込みとしては、昨年比-1,140円の月平均2,300円、来年はさらに-500円で月平均1,800円となりそうである。

スマホをタダでいただいた上に毎月の負担が減るのだから、かなりのお得感がある。そんなにうまい話があるのだろうかと思うくらいである。これも、ギリギリまで使い続けたご褒美かもしれない。

[Jun 8, 2021]


一昨年からの通信費支出と、スマホ切り替え後の見込み。スマホをタダでいただいた上に負担が減ったのだから、かなりのお得感がある。