カテゴリー
年金生活編

063 令和3年度の住民税、100円増えた [Jun 16, 2021]

新年度になると、4月に固定資産税、5月に自動車税の申告書が届く。そして今月は住民税、来月が国民健康保険である。市役所も、業務が集中しないよう気を使っているようである。現役時代には気がつかなかった。

来年の4月になると65歳になるので、所得税も住民税も安くなる(はずである)。ただし、65になった年から安くなるのか、65過ぎて確定申告をしてから安くなるのかは定かでない。おそらく、安くなるのだから遅いタイミングだろう。(そう思った方が精神的打撃を受けずに済む)

60歳になる前にアーリーリタイアして、もうすぐ5年になる。最初の2年は住民税が高かったが、その次の年は失業保険しか収入がなかったので非課税になった。その翌年から年金収入が課税となり、今年で3年目。

昨年、通知が来たのが16日だったので今年もそのくらいかと思っていたら、12日土曜日にポストに入っていた。期待していないと早い。封筒にはさみを入れて中身を見る。あれっ、昨年とあまり変わってない。というより増えている。

昨年は国保保険料が年間通じて高くなったので、住民税は安くなるとばかり思っていた。明細をよく見ると、社会保険料控除額が増えただけ医療費控除が減って、課税標準所得はわずかながら増えているのだった。

結果、昨年の住民税が年間35,000円だったのに対し、今年は35,100円と100円増えた。まあ、この程度は仕方がないともいえる範囲だが、この分でいくと来月請求の国保保険料も昨年並みにかかることになりそうだ。

市の行政サービスにはゴミ収集の他、図書館や公園、道路整備などがある。固定資産税と合計すると年間10万円の負担は年金生活者にとってきついが、これでは市職員の人件費まで回らないだろう。まあ、現役時代に多めに払ったから、勘弁してもらおう。

この時期は国保保険料の引き落としがないので、1年の中で資金繰りが最も楽な時期である。15日にならないと年金が入ってこないけれど、その前に初回の11,100円をペイジーで払った。ベイジーは、土日でも朝早くでも使えるから便利である。

[Jun 16, 2021]

今年の住民税、国保の控除がフルに効いて減ると思ってたら、医療費控除の減で逆に100円増えました(涙