カテゴリー
せいうち日記

145 毎日が早く過ぎる ~せいうち日記145 [Jul 8, 2021]

最近、奥さんが「もう1週間過ぎた。やることが多過ぎて時間が足りない」と言っている。確かに、月日の経つのが異常に早くなったような気がする。

朝ご飯の後、毎朝日替わりで掃除をしているが、あっという間に1週間経ってトイレ掃除の順番になる。月に1度の山歩きも天気がよくなる平日を待っているとすぐに1ヶ月以上開いてしまうし、この間誕生日だと思ったのにもう3ヶ月たつ。

現役時代、会社にいると1日過ぎるのがやけに長く感じた。毎日が早く終わるのは夏休みだったが、リタイアすると毎日が夏休みなのでそう感じるのだろうか。いずれにしても、ありがたいことは確かである。

昔、ビッグコミックスピリッツという雑誌に「じみへん」という作品が載っていて、その中に年をとると1日が過ぎるのが遅くなる。さんざんやることをやった頃に朝刊が来るという内容があった。実際にはそういうことはなくて、あっという間に1日が過ぎる。私だけだろうか。

きっと作者は若かったから(私と同じような歳で連載当時30代)、歳をとったらやることがないので1日が長いだろうと想像で描いたと思う。実際には、やりたいことをしていると早く時間が過ぎるし、やりたくないことをしなくてはならない時間は長い。相対性理論である。

1週間が過ぎるのも早ければ、1ヶ月が過ぎるのも早い。この間カレンダーを新調したと思ったらもう半分使った。これから暑くなって、早く涼しくならないかと思っているうちに秋になり、そのうち年末になるのである。

そういえば、今月末でリタイアしてちょうど5年になる。リタイアした時には、5年というと相当先のことに思えたものだが、過ぎてみるとあっという間である。幸い、体調的にも経済的にも困ったことにはなっていない。たいへんありがたい。

おカネとか地位とか名誉とか、誇るべき成果は何もないけれど、毎日健康で特に不安なく暮らしているならそれ以上を求めるのは贅沢だと思う。平和で安全で、家族そろって健康であればそれ以上は望まない。

[Jul 8, 2021]

この間正月だったと思ったら、もう7月である。歳をとると時間が過ぎるのが早いというのが実感である。