カテゴリー
千葉ニュータウンの四季

031 オリンピック閉幕。東横イン日医大はどうなる? [Aug 10, 2021]

1年以上にわたり、やるのやらないのと大騒ぎしていたオリンピックが閉幕した。これからパラリンピックはあるけれども、何はともあれ一段落。これ以上大騒ぎが続かないのは、何よりのことである。

一昨年のラグビーワールドカップで羽田空港が大混雑しているのに遭遇して、オリンピックはこれ以上の騒ぎになるのかとうんざりした。コロナ感染爆発で2020年の開催が延期になり、2021年もフルスペックではやらなかった(海外観客は入れなかった)ので、その点では恵まれた。

マラソンのテスト大会後の北海道のようにならないかと心配した首都圏のコロナ感染状況だが、案の定たいへんなことになっている。東京都で4千人、神奈川千葉埼玉も千人超えで、死者・重症者が増えていないことを勘案しても感染爆発である。

例によってマスコミはきちんと報道しないけれど、入院したくてもできない人や、ワクチンの副作用で苦しんでいる人は相当出ているはずである。さすがに、オリ・パラが一段落すれば検証せざるを得ないだろう。これからである。

オリ・パラを機に一儲けをたくらんでいた人達にとっては散々な2年間であっただろうが、静かな日々を送っている年金生活者にとって、騒ぎの種は少ないほどいい。外国人観光客も減って、場所を選べば静かに過ごすことができる。

オリンピックを誘致した人達は、外国から観光客が山ほど来て、カシノも作って、バブルの再来をもくろんでいただろう。官民あげた大騒ぎで、統合型リゾート法まで大急ぎで作ったのに、まさにご愁傷様である。

わが印西市でも、カシノまでは計画されなかったが東横インが新築された。建物ができたのは昨年だが、オリ・パラが今年にずれ込んで内装工事は行われず、そのまま放置プレイである。

駐車場は舗装までされているのにチェーンを張られて立入禁止。内装未完成の建物内は使う前から廃墟のようである。近くに救命救急の日本医大があるのだから、いくらでも使いようはあるような気がするが。

その昔、オイルショック後もバブルの後も、新規需要を見込んで建てられたショッピングセンターやファミレスが林立したけれども、その少なくない数が使われないまま放棄された。時代は繰り返すのである。

普通に考えれば、資本主義は終わらなくても経済成長が終わることは確実で、移民などで人口が増加に転じない限り成長の可能性はない。人の口が少なくなれば、食糧も住居も衣料品もいらなくなる。経済が拡大する訳がない。

拡大しないことは常識で分かるはずなのに、自分だけは儲かると思うからムダな投資になる。100人のうち1人くらいは孫だか柳井だかになるかもしれないが残り99人は身ぐるみ剥がされることになる。

[Aug 10, 2021]

昨年にはほぼ出来上がっていた東横イン日医大駅前。内装工事をしないままオリンピックも終わり、駐車場にはむなしく立入禁止チェーンが張られているのでした。