カテゴリー
せいうち日記

154 コロナよりも差し迫ったのは花粉症 ~せいうち日記154 [Feb 8, 2022]

2022年もあっという間に1ヶ月が過ぎた。

年明け早々、コロナ陽性者が桁違いに増え出した。各都県数十人から、あっという間に数千人規模である。病床使用率も50%に迫り、まん延防止措置では足りない、緊急事態だという話にもなってきているこの頃である。

昨年の今頃は、ワクチンさえ打てば大丈夫、オリンピックだって予定どおり(一年遅れで)やると言っていた。だから、ワクチンを9割方打ったにもかかわらずこの状況というのは、専門家の皆さんも政治家も役人も、みんな頼りにならないということである。

マスコミの論調では、ワクチンを打っていれば重症化は防げるというのだが、じゃあ何で3回目を急がなければいけないんですかということである。普通に考えれば2回で足りないから3回なので、感染すれば一定割合は必ず重症化するのである。

まあそんな訳で、コロナに関しては一進一退を続けるんだろう。ヨーロッパでは感染自体はピークアウトしたと言われているし、中国は冬季オリンピックでまた増えるだろうけれども、治療薬もできてきたから2年前ほどの騒ぎにはならないと思われる。

さて、ひるがえって私についてだが、1月半ばに妙に喉ががらがらして咳も出た。奥さん以外とは5m以内に近づくことがないにもかかわらずコロナになるのかと思っていたら、どうやら空気が乾燥しすぎていたせいらしく、のど飴をなめていたら治った。

そして2月に入り、今度はやたらと鼻が出る。そして次に、目もかゆくなってきた。ベランダの手すりをみると、すでに黄色い粉がまんべんなく積もっている。そう、花粉の季節がやってきたのである。

今年は花粉は少ないという予想だったけれど、やっぱり花粉は来るのであった。昨年それほどでもなかったので、糖質制限が花粉症にも効いたのかと思っていたのだが、そんなことはなかったようである。

これまでの例からすると、花粉症が治まるのはゴールデンウィークが開けてからなので、まだこれから3ヶ月以上ある。集中治療室に入って酸素吸入をすることはないけれども、味覚や嗅覚がなくなり、頭がぼんやりして使い物にならないのは同じである。

年金生活者だからいいようなものの、いまのご時世、人前で鼻をかむだけでも顰蹙ものだろう。コロナになる前にリタイアしてよかったと思う一方で、それでもやっぱりつらいんだよなあと思う。コロナよりはいいけれど、花粉症も勘弁してほしいものである。

[Feb 8, 2022]

コロナで呼吸困難も嫌だけれど、とりあえず差し迫っているのは花粉症。今年もティッシュと予防薬、目薬鼻薬が欠かせない季節になりました。