カテゴリー
なんとなく思うこと

139 auガラケーとうとう終わる [Apr 5, 2022]

auの3Gサービス、いわゆるガラケーが3月末まででとうとう終了となった。

4月1日の朝、ガラケーの表示画面を見ると、これまでアンテナ3本立っていたところに、「圏外」という非情な文字。住宅地の真ん中でも山の奥深くと同じになってしまった。

1年前にスマホに機種変更していたけれどガラケーはそのまま持っていて、3G契約はないはずなのに律儀にアンテナは立っており、緊急地震速報だけは受信して呼び出し音が鳴っていた。これからは、それもなくなるのである。

今回の3G終了はauだけで、ドコモとソフトバンクはまだ1年以上続けるという。契約台数の問題もあるけれど、auがサービス終了して特に問題はないかどうか見ているということでもあるのだろう。

まあ、かつてあったところのポケベルもピッチ(PHS)もいつの間にかなくなったから、ガラケーがなくなっても特に問題はないのだろう。10年前に買った電気製品が使えなくなるのは釈然としないが。

個人的には、ガラケーが携帯電話として使えなくなった後も、アラームと携帯カメラ、万歩計としては使っていた。万歩計は最近小さなものを買ってそちらに移行したけれども、アラームとカメラとしてはまだ現役である。

もちろん、1年前に買い替えたスマホにそれらの機能は付いているのだが、いかんせんガタイが大きいのが使いにくいのである。カメラも画質はよさそうなのだが、時々ピントが合ってなかったり手ブレがひどかったりするので、まだガラケーと並行して使っている。アラームも夜中に手探りで時刻を見るのに、ガラケーの方が慣れている。

4月に入って強制圏外になってからバッテリーの減りが著しく、夜中に「電池がありません」とアラームが鳴ったのには驚いた。3月までとの違いはそこなのであろう。携帯の設定を「送受信停止」にして様子をみているところである。

とはいえ、基地局からの電波が受信できなければ、次第に正確な時刻が分からなくなって、表示と正確な時刻に齟齬をきたすのだろう。そうなると、時刻の微修正という機能がないので、アラームとしても使えないことになるのかもしれない。

それまでの間は、枕元に置いて夜中に時間を見るのと、お散歩の時に気軽に写真を撮る目的で引き続き使うことになる。替えのバッテリーも3本あるので、全く使わないのはもったいない。10年前に買ったTVもパソコンも、まだ現役ばりばりなのである。

[Apr 5, 2022]

10年使ったガラケーSH001も、とうとう3G停波。すでにスマホに代えていましたが、3月の東北地震までけなげに緊急地震速報を流してました。お疲れさまでした。