カテゴリー
年金生活編

098 今月も資金繰りがきつかった。いつまで続くのか [Oct 17, 2022]

先週末に10月の年金が入ってようやく一息ついたけれど、今月も資金繰りがきつかった。いつまでこういうことが続くのだろう。

9月末に銀行残高が危険水域に達したことは分かっていた。生活費が足りなくなったり税・保険料の請求が来たりして出金していたら、最後に引き落としになる電気・ガス代が落ちないことが分かった。

まず、クレジットの引き落としを「個別リボ」から「全リボ」に変えた。カード会社の思う壷であるが、背に腹は代えられない。自動車保険など分割にする言い訳がきくものだけでなく、携帯電話代とか細かい支払いもひっくるめてリボ払いである。

先月、マイナポイントの2万円のうち1万5千円分が入ってきたけれど、右から左である。あと5千円が入る前に、最初にチャージした2万円も含めて残高がなくなってしまった。

後悔したのは、介護保険料1万数千円をペイジーで払ってしまったことである。延滞料をとられても期限後に払えばよかった。こういうことを考える奴がいるから、年金から強制引き落としになるのである。

資金繰りがきついことは分かっていたので、車検も税金以外はカード払いにしたし、山への遠出もできなかった。幸か不幸か9月は天気がよくなかったので、行きたくても行けなかったが。

6月からは加給年金が増えて楽になるとずっと楽しみにしていたけれど、実際そうなってみると全く楽にならないのはどうしたことだろう。

iPADのバッテリー交換もできないままだし、他にもいろいろ手当てできないものがある。その上、最近ではメガネがおかしくなってきた。

メガネはなしですますことができないので、「メガネ買い替え資金」を別にとっておいた。ところが、このおカネさえも資金繰りで流用してしまったので、(「自分で自分に貸す」スキーム)すぐに買い替えることができない。

すでにレンズはキズだらけである。プラスチックレンズは軽くていいけれど、一度キズがつくとどんどん増えて視界がぼやけてくる。締め日の11日が過ぎたので、カード払いでようやく買い替えた。

クレジットで買えばリボ払いになるので、いま現金がなくても大丈夫といえば大丈夫だが、際限なく借金(リボ払いは借金である)が増えるのは精神衛生上よくないし、利息が増えるという実害がある。

繰り返しになるが、いつまでこういう心配をしなくてはならないのだろう。一生かと思うと、ちょっとうんざりする。ボケてしまえば心配することもなくなるという説もあるが、それはまたそれで問題である。

[Oct 17, 2022]

先週末に10月の年金が入ってようやく一息ついたけれど、今月も資金繰りがきつかった。いつまでこういうことが続くのだろう。一生?