カテゴリー
千葉ニュータウンの四季

031 オリンピック閉幕。東横イン日医大はどうなる? [Aug 10, 2021]

1年以上にわたり、やるのやらないのと大騒ぎしていたオリンピックが閉幕した。これからパラリンピックはあるけれども、何はともあれ一段落。これ以上大騒ぎが続かないのは、何よりのことである。

カテゴリー
千葉ニュータウンの四季

030 夢の国の千葉県知事選 [Mar 25, 2021]

一部で注目を集めていた千葉県知事選挙、終わってみればさきの千葉市長が過去最高得票で当選した。千葉市長→自民党→共産党の3連単でも100円元返し確実な結果で、投票率が高かったのが不思議なくらいである。

カテゴリー
千葉ニュータウンの四季

029 こんなにアンテナを増やして・・・ [Feb 16, 2021]

家の近くの里山を歩いていると、電柱や電線がなくて江戸時代にもこの景色だったんだろうなという場所でも、視線のどこかに携帯のアンテナ塔が入ってくる。千葉ニューの戸建て地域は一種住専か市街化調整区域である。高い建物はほとんどない。

カテゴリー
千葉ニュータウンの四季

028 3密を避けて、年末に地元神社にお参り [Dec 31, 2020]

市の広報車が「年末年始は不要不急の外出はしないでください」と回ってくるし、TVでも初詣は自粛しましょうと言っている。言われなくても人混みは好むところでないので、年内のうちに地元の神様にご挨拶をすませておくことにした。

カテゴリー
千葉ニュータウンの四季

027 コロナウィルス、とうとう千葉ニューに [Jul 22, 2020]

週明けのご近所に激震が走った。印西牧の原地区で一番のスーパーである「ヤオコー」が、従業員が検査陽性とのことで臨時休業してしまったのである。

カテゴリー
千葉ニュータウンの四季

026 大晦日、地元の神様にご挨拶 [Dec 31, 2019]

この図表はカシミール3Dにより作成しています。

年の暮れはあまりいい天気ではなく、山歩きをしたかったのだが適当な日がなかった。大晦日になってようやく晴れて、気温も20℃近くに上がるという予報である。せっかくのいい天気なので、地元の神様に年末のご挨拶をしようと思い立った。

カテゴリー
千葉ニュータウンの四季

025 ひこばえ [Nov 13, 2019]

あの短時間集中豪雨から10日経った。ようやく外を歩ける体調に戻ってきたので、体を慣らしながら家の近くを歩いてみる。

カテゴリー
千葉ニュータウンの四季

024 台風15号直撃、千葉県に被害 [Sep 12, 2019]

9月9日月曜日の朝、真夜中を過ぎて急に風雨が強くなった。木々の揺れる音も外壁に打ち付ける雨音も尋常でなかったので、5時前には起きてコンピュータの部屋に行った。

カテゴリー
千葉ニュータウンの四季

023 アンと花子の木、伐採!! [Apr 17, 2019]

3月は3日置きに雨が降って、まるで1月の水不足を取り返すような勢いだった。晴れた日にも突風が吹いたりして、出歩くには向かない天気が続いた。山歩きもしばらくおあずけである。

カテゴリー
千葉ニュータウンの四季

022 筒井功「サンカ本」に登場する千葉ニュータウン [Mar 21, 2017]

先日、筒井功の「全国の地名」という本をご紹介したが、氏の著作は何冊か読んでいる。氏は、江戸時代以前から最近に至るまで定住せず河原や山中を転々としていた「サンカ」を研究しており(実は「サンカ」というより「箕直し」集団なのだが)、その中の一つ「漂泊の民サンカを追って」を読んでたいへんに驚いた部分があった。

生粋のセブリ者(注.「セブリ」とは彼らが住むところのテント様の仮設住宅のことである)と言われたU氏は、茨城南部から千葉北西部のセブリを転々としていたという。そして、こういう話が載っている。